飯塚被告に「遺族に真摯に謝って」と裁判長

東京・池袋の暴走事故で、禁錮5年の判決を受けた飯塚幸三被告(90)に、東京地裁の下津健司裁判長は判決の読み上げ後「判決に納得するなら、責任と過失を認め、遺族に真摯に謝っていただきたい」と述べた。