池袋暴走事故 飯塚幸三被告に禁錮5年の実刑判決 東京地裁

東京・池袋で2019年4月、近くの主婦、松永真菜さん(当時31歳)と長女莉子ちゃん(同3歳)が乗用車にはねられて死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)に問われた旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告(90)に対し、東京地裁(下津健司裁判長)は2日、禁錮5年(求刑・禁錮7年)の判決を言い渡した。
「1審で終わりに…恨み続けることはつらい」松永さんの願い
起訴状によると、飯塚被告は19年4月19日、東京都豊島区の道路で乗用車を運転中、アクセルをブレーキと間違えて踏み続けたまま交差点に進入。自転車で青信号の横断歩道を渡っていた松永さん母娘を時速96キロではねて死亡させ、通行人ら9人に重軽傷を負わせたとされる。求刑は法定刑の上限だった。
飯塚被告は「ブレーキとアクセルは踏み間違えていない。車の不具合が原因」と一貫して無罪を主張。松永さんの夫拓也さん(35)は「刑務所で命や無念と向き合う時間を持つことが心からの償いになる」と訴えていた。【遠藤浩二】