飯塚被告に午後判決へ 東京・池袋11人死傷暴走事故

おととし、東京・池袋で暴走した車にはねられた母子2人が死亡し、9人が重軽傷を負った事故の裁判で、90歳の被告に対して東京地裁は2日午後、判決を言い渡します。
池袋の事故現場の慰霊碑には朝、いくつもの花が供えられていました。
旧通産省の幹部・飯塚幸三被告は池袋でおととし4月、車を暴走させて男女9人に重軽傷を負わせ、松永真菜さん(当時31)と娘の莉子ちゃん(当時3)を死なせた過失運転致死傷の罪に問われています。
検察側は「運転の基本操作を誤った過失は重大」として、法定の上限である禁錮7年を求刑しました。
一方、弁護側は「経年劣化などによる異常で車が加速した」として無罪を主張しています。
遺族の松永拓也さん(35)は判決を前に、「被告には、どうしたら事故を防げるかともに考えてほしい」と話しています。