“聖徳太子の偽札” 事件前にSNSに動画を投稿か

東京都内のコンビニ店などで偽の旧1万円札が大量に使われた事件で、事件前、SNSに今回使われたとみられる偽札を映した動画が投稿されていたことが分かりました。
事件1カ月前の7月下旬にSNSに投稿された旧1万円札の動画です。
動画には、これが偽札であることを示す正規の紙幣には存在しない「PS」から始まる記番号が印刷されています。
銀行でこの紙幣を交換できるかなどと質問する内容の書き込みも添えられていました。
この動画の投稿者はベトナム人とみられています。
記番号がPSから始まる偽の旧1万円札は、先月21日から26日は豊島区や中野区のコンビニ店などで使われました。
この偽札は今月1日も新宿区内のコンビニ店でも使われるなど被害は100店舗以上で110枚に上っているということです。