「菅首相は迷走している」総裁選・総選挙をめぐって自民党内からも反発の声

菅首相は1日、9月中旬の衆議院の解散と、自民党総裁選の先送りを否定したが、この総裁選の行方が、衆議院選挙の日程に影響を及ぼす可能性がある。
今の衆議院議員の任期満了が10月21日に迫る中、政府与党内では、衆議院選挙を10月5日公示、17日投開票とする案が軸になるとみられている。
この場合、菅首相は9月の解散を否定したので、閣議で日程を決定するものとみられる。
一方で、この日程で決まりかというと、必ずしもそうとはいえない。
9月29日投開票予定の総裁選で、仮に新しい総裁が選ばれた場合、公職選挙法の規定などから、10月21日を超えて選挙を行うこともあり得る。
菅首相は、自民党総裁選挙と衆議院選挙の前に、来週、党役員と閣僚の人事を行う考えで動きが加速している。
国会記者会館から、門脇功樹記者が中継でお伝えする。
異例の自民党総裁選直前の人事で局面を打開したい菅首相だが、自民党幹部から「菅首相は迷走している」との声も出ており、調整が難航する可能性もある。
菅首相は3日、自民党の臨時の役員会を開いて人事の一任を取り付け、週明け6日に党役員と閣僚人事を行う方向で調整を進めている。人事をめぐっては、知名度のある河野規制改革担当相や石破元幹事長らを要職で起用する案が浮上している。ただ、総裁選日程が決定したあとの人事断行に、自民党内から「断る人もいるのではないか」との見方が出る一方、若手議員からは、「まず人事をやる理由を説明すべきだ」と反発する声も出ている。自民党・岸田前政調会長「コロナ対策の現状認識が楽観的すぎやしないかという声が多数ある」立候補を表明している岸田前政調会長は、独自の新型コロナウイルス対策を発表し、「医療難民ゼロ」や「健康危機管理庁の設置」などを訴えた。今後、自民党総裁選や衆院選を見据えた攻防が激しさを増すとみられる。
人事をめぐっては、知名度のある河野規制改革担当相や石破元幹事長らを要職で起用する案が浮上している。ただ、総裁選日程が決定したあとの人事断行に、自民党内から「断る人もいるのではないか」との見方が出る一方、若手議員からは、「まず人事をやる理由を説明すべきだ」と反発する声も出ている。自民党・岸田前政調会長「コロナ対策の現状認識が楽観的すぎやしないかという声が多数ある」立候補を表明している岸田前政調会長は、独自の新型コロナウイルス対策を発表し、「医療難民ゼロ」や「健康危機管理庁の設置」などを訴えた。今後、自民党総裁選や衆院選を見据えた攻防が激しさを増すとみられる。
ただ、総裁選日程が決定したあとの人事断行に、自民党内から「断る人もいるのではないか」との見方が出る一方、若手議員からは、「まず人事をやる理由を説明すべきだ」と反発する声も出ている。自民党・岸田前政調会長「コロナ対策の現状認識が楽観的すぎやしないかという声が多数ある」立候補を表明している岸田前政調会長は、独自の新型コロナウイルス対策を発表し、「医療難民ゼロ」や「健康危機管理庁の設置」などを訴えた。今後、自民党総裁選や衆院選を見据えた攻防が激しさを増すとみられる。
自民党・岸田前政調会長「コロナ対策の現状認識が楽観的すぎやしないかという声が多数ある」立候補を表明している岸田前政調会長は、独自の新型コロナウイルス対策を発表し、「医療難民ゼロ」や「健康危機管理庁の設置」などを訴えた。今後、自民党総裁選や衆院選を見据えた攻防が激しさを増すとみられる。
立候補を表明している岸田前政調会長は、独自の新型コロナウイルス対策を発表し、「医療難民ゼロ」や「健康危機管理庁の設置」などを訴えた。今後、自民党総裁選や衆院選を見据えた攻防が激しさを増すとみられる。
今後、自民党総裁選や衆院選を見据えた攻防が激しさを増すとみられる。