恋愛経験が乏しい40歳男、2年越しで「運命の相手」と結婚できた理由

―[結婚につながる恋のはじめ方]―
皆さん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。
◆婚活を続けていると必ず訪れる不安
この記事を読んでくださっている人のなかには、婚活をしているという方も少なくないと思います。
婚活をしていると「本当に私は結婚できるんだろうか? 運命の人に出会えるんだろうか?」と不安になることはありませんか?
若いときにはなかった悩みが出てきたり、昔は長く付き合えていたのに短期間で別れてしまう自分がいたり、「こんな人がいいな」と思いながらも理想の人を目の前にすると自分らしくいられなくなっていたり……。
「いつからこんなに恋愛が下手になったんだろう…」と悩む人もいるかもしれません。
◆「運命の相手」と出会えている人の特徴
今回は「運命の相手に出会うためのポイント」をお伝えいたします。
結論から伝えると、運命の相手に出会えている人というのは「いつ運命の人に出会ったとしてもいい状態に準備している」といえます。
アプリで婚活をしている人や、結婚相談所での婚活をしている人を見るといつも感じるのですが、本当に運命の相手は突然やってきます。
私は何度もそういった場面を目の当たりにしてきました。◆女性とのコミュニケーションが苦手な40歳男性 先日、成婚退会したコウイチさん(仮名・40歳)は2年間、私の結婚相談所で婚活をしていました。 恋愛経験は少なく、女性に対するコミュニケーションにも自信があるとはいえなかったかもしれません。 私が見ても、日常会話のようなコミュニケーションは問題なかったものの、女性に対するコミュニケーションは必要以上に丁寧で、いつもどこか頭で考えてしまっているところがありました。 そのため女性も自然体でいられない状態が続き、結局、フラれてしまうというのがいつものパターンだったようです。◆婚活2年目に「運命の相手」に出会えた理由 私の結婚相談所の平均活動日数は8か月。そのため2年間活動していたコウイチさんは少し長めで、40歳という年齢もあり、あまりのんびりと婚活をしていられる状況ではありませんでした。 しかし、活動がちょうど2年目を迎えたタイミングで決まったお見合いのお相手の女性からとても前向きな交際を希望され、コウイチさんは2か月で成婚退会をしました。 奥さんとなるお相手の方に「いつ頃、コウイチさんのことを旦那さんとして意識したんですか?」と聞いたところ 「お見合いのときに、私はこの人と結婚するなと感じた」と明かしてくれました。 ◆婚活がうまくいくために続けてきたこと 彼女と出会うまでのコウイチさんは、ロジカルで、コミュニケーションや人間関係の作り方などを頭で理解したいタイプでした。  とても頭のいいコウイチさんでしたので、理解力は抜群。しかし、コミュニケーションも人間関係づくりも頭ではわかっていても行動できるようになるまでは時間がかかります。 コウイチさんはそのことも理解し、常にひとつひとつのお見合いを真剣に丁寧に行っていました。うまくいかなかったときは、細かく私に振り返りを訪ねてきて「どんなことを意識すればいいか」ということを1時間コンサルしていました。 そんな努力家のコウイチさんだからこそ、未来の奥さんと出会ったときにしっかりと準備している状態がなっていて、お見合いの中で彼女が運命を感じることができたのだと思います。◆準備ができていないと「運命の相手」に気づけない 婚活をしているほとんどの人がうまくいかないことを嘆いたり、求めている人とマッチングしないことを愚痴ったり……目の前にいる相手の嫌なところやダメなところに目を向けていたりしがちです。
◆女性とのコミュニケーションが苦手な40歳男性 先日、成婚退会したコウイチさん(仮名・40歳)は2年間、私の結婚相談所で婚活をしていました。 恋愛経験は少なく、女性に対するコミュニケーションにも自信があるとはいえなかったかもしれません。 私が見ても、日常会話のようなコミュニケーションは問題なかったものの、女性に対するコミュニケーションは必要以上に丁寧で、いつもどこか頭で考えてしまっているところがありました。 そのため女性も自然体でいられない状態が続き、結局、フラれてしまうというのがいつものパターンだったようです。◆婚活2年目に「運命の相手」に出会えた理由 私の結婚相談所の平均活動日数は8か月。そのため2年間活動していたコウイチさんは少し長めで、40歳という年齢もあり、あまりのんびりと婚活をしていられる状況ではありませんでした。 しかし、活動がちょうど2年目を迎えたタイミングで決まったお見合いのお相手の女性からとても前向きな交際を希望され、コウイチさんは2か月で成婚退会をしました。 奥さんとなるお相手の方に「いつ頃、コウイチさんのことを旦那さんとして意識したんですか?」と聞いたところ 「お見合いのときに、私はこの人と結婚するなと感じた」と明かしてくれました。 ◆婚活がうまくいくために続けてきたこと 彼女と出会うまでのコウイチさんは、ロジカルで、コミュニケーションや人間関係の作り方などを頭で理解したいタイプでした。  とても頭のいいコウイチさんでしたので、理解力は抜群。しかし、コミュニケーションも人間関係づくりも頭ではわかっていても行動できるようになるまでは時間がかかります。 コウイチさんはそのことも理解し、常にひとつひとつのお見合いを真剣に丁寧に行っていました。うまくいかなかったときは、細かく私に振り返りを訪ねてきて「どんなことを意識すればいいか」ということを1時間コンサルしていました。 そんな努力家のコウイチさんだからこそ、未来の奥さんと出会ったときにしっかりと準備している状態がなっていて、お見合いの中で彼女が運命を感じることができたのだと思います。◆準備ができていないと「運命の相手」に気づけない 婚活をしているほとんどの人がうまくいかないことを嘆いたり、求めている人とマッチングしないことを愚痴ったり……目の前にいる相手の嫌なところやダメなところに目を向けていたりしがちです。
先日、成婚退会したコウイチさん(仮名・40歳)は2年間、私の結婚相談所で婚活をしていました。 恋愛経験は少なく、女性に対するコミュニケーションにも自信があるとはいえなかったかもしれません。 私が見ても、日常会話のようなコミュニケーションは問題なかったものの、女性に対するコミュニケーションは必要以上に丁寧で、いつもどこか頭で考えてしまっているところがありました。 そのため女性も自然体でいられない状態が続き、結局、フラれてしまうというのがいつものパターンだったようです。◆婚活2年目に「運命の相手」に出会えた理由 私の結婚相談所の平均活動日数は8か月。そのため2年間活動していたコウイチさんは少し長めで、40歳という年齢もあり、あまりのんびりと婚活をしていられる状況ではありませんでした。 しかし、活動がちょうど2年目を迎えたタイミングで決まったお見合いのお相手の女性からとても前向きな交際を希望され、コウイチさんは2か月で成婚退会をしました。 奥さんとなるお相手の方に「いつ頃、コウイチさんのことを旦那さんとして意識したんですか?」と聞いたところ 「お見合いのときに、私はこの人と結婚するなと感じた」と明かしてくれました。 ◆婚活がうまくいくために続けてきたこと 彼女と出会うまでのコウイチさんは、ロジカルで、コミュニケーションや人間関係の作り方などを頭で理解したいタイプでした。  とても頭のいいコウイチさんでしたので、理解力は抜群。しかし、コミュニケーションも人間関係づくりも頭ではわかっていても行動できるようになるまでは時間がかかります。 コウイチさんはそのことも理解し、常にひとつひとつのお見合いを真剣に丁寧に行っていました。うまくいかなかったときは、細かく私に振り返りを訪ねてきて「どんなことを意識すればいいか」ということを1時間コンサルしていました。 そんな努力家のコウイチさんだからこそ、未来の奥さんと出会ったときにしっかりと準備している状態がなっていて、お見合いの中で彼女が運命を感じることができたのだと思います。◆準備ができていないと「運命の相手」に気づけない 婚活をしているほとんどの人がうまくいかないことを嘆いたり、求めている人とマッチングしないことを愚痴ったり……目の前にいる相手の嫌なところやダメなところに目を向けていたりしがちです。
恋愛経験は少なく、女性に対するコミュニケーションにも自信があるとはいえなかったかもしれません。 私が見ても、日常会話のようなコミュニケーションは問題なかったものの、女性に対するコミュニケーションは必要以上に丁寧で、いつもどこか頭で考えてしまっているところがありました。 そのため女性も自然体でいられない状態が続き、結局、フラれてしまうというのがいつものパターンだったようです。◆婚活2年目に「運命の相手」に出会えた理由 私の結婚相談所の平均活動日数は8か月。そのため2年間活動していたコウイチさんは少し長めで、40歳という年齢もあり、あまりのんびりと婚活をしていられる状況ではありませんでした。 しかし、活動がちょうど2年目を迎えたタイミングで決まったお見合いのお相手の女性からとても前向きな交際を希望され、コウイチさんは2か月で成婚退会をしました。 奥さんとなるお相手の方に「いつ頃、コウイチさんのことを旦那さんとして意識したんですか?」と聞いたところ 「お見合いのときに、私はこの人と結婚するなと感じた」と明かしてくれました。 ◆婚活がうまくいくために続けてきたこと 彼女と出会うまでのコウイチさんは、ロジカルで、コミュニケーションや人間関係の作り方などを頭で理解したいタイプでした。  とても頭のいいコウイチさんでしたので、理解力は抜群。しかし、コミュニケーションも人間関係づくりも頭ではわかっていても行動できるようになるまでは時間がかかります。 コウイチさんはそのことも理解し、常にひとつひとつのお見合いを真剣に丁寧に行っていました。うまくいかなかったときは、細かく私に振り返りを訪ねてきて「どんなことを意識すればいいか」ということを1時間コンサルしていました。 そんな努力家のコウイチさんだからこそ、未来の奥さんと出会ったときにしっかりと準備している状態がなっていて、お見合いの中で彼女が運命を感じることができたのだと思います。◆準備ができていないと「運命の相手」に気づけない 婚活をしているほとんどの人がうまくいかないことを嘆いたり、求めている人とマッチングしないことを愚痴ったり……目の前にいる相手の嫌なところやダメなところに目を向けていたりしがちです。
私が見ても、日常会話のようなコミュニケーションは問題なかったものの、女性に対するコミュニケーションは必要以上に丁寧で、いつもどこか頭で考えてしまっているところがありました。 そのため女性も自然体でいられない状態が続き、結局、フラれてしまうというのがいつものパターンだったようです。◆婚活2年目に「運命の相手」に出会えた理由 私の結婚相談所の平均活動日数は8か月。そのため2年間活動していたコウイチさんは少し長めで、40歳という年齢もあり、あまりのんびりと婚活をしていられる状況ではありませんでした。 しかし、活動がちょうど2年目を迎えたタイミングで決まったお見合いのお相手の女性からとても前向きな交際を希望され、コウイチさんは2か月で成婚退会をしました。 奥さんとなるお相手の方に「いつ頃、コウイチさんのことを旦那さんとして意識したんですか?」と聞いたところ 「お見合いのときに、私はこの人と結婚するなと感じた」と明かしてくれました。 ◆婚活がうまくいくために続けてきたこと 彼女と出会うまでのコウイチさんは、ロジカルで、コミュニケーションや人間関係の作り方などを頭で理解したいタイプでした。  とても頭のいいコウイチさんでしたので、理解力は抜群。しかし、コミュニケーションも人間関係づくりも頭ではわかっていても行動できるようになるまでは時間がかかります。 コウイチさんはそのことも理解し、常にひとつひとつのお見合いを真剣に丁寧に行っていました。うまくいかなかったときは、細かく私に振り返りを訪ねてきて「どんなことを意識すればいいか」ということを1時間コンサルしていました。 そんな努力家のコウイチさんだからこそ、未来の奥さんと出会ったときにしっかりと準備している状態がなっていて、お見合いの中で彼女が運命を感じることができたのだと思います。◆準備ができていないと「運命の相手」に気づけない 婚活をしているほとんどの人がうまくいかないことを嘆いたり、求めている人とマッチングしないことを愚痴ったり……目の前にいる相手の嫌なところやダメなところに目を向けていたりしがちです。
そのため女性も自然体でいられない状態が続き、結局、フラれてしまうというのがいつものパターンだったようです。◆婚活2年目に「運命の相手」に出会えた理由 私の結婚相談所の平均活動日数は8か月。そのため2年間活動していたコウイチさんは少し長めで、40歳という年齢もあり、あまりのんびりと婚活をしていられる状況ではありませんでした。 しかし、活動がちょうど2年目を迎えたタイミングで決まったお見合いのお相手の女性からとても前向きな交際を希望され、コウイチさんは2か月で成婚退会をしました。 奥さんとなるお相手の方に「いつ頃、コウイチさんのことを旦那さんとして意識したんですか?」と聞いたところ 「お見合いのときに、私はこの人と結婚するなと感じた」と明かしてくれました。 ◆婚活がうまくいくために続けてきたこと 彼女と出会うまでのコウイチさんは、ロジカルで、コミュニケーションや人間関係の作り方などを頭で理解したいタイプでした。  とても頭のいいコウイチさんでしたので、理解力は抜群。しかし、コミュニケーションも人間関係づくりも頭ではわかっていても行動できるようになるまでは時間がかかります。 コウイチさんはそのことも理解し、常にひとつひとつのお見合いを真剣に丁寧に行っていました。うまくいかなかったときは、細かく私に振り返りを訪ねてきて「どんなことを意識すればいいか」ということを1時間コンサルしていました。 そんな努力家のコウイチさんだからこそ、未来の奥さんと出会ったときにしっかりと準備している状態がなっていて、お見合いの中で彼女が運命を感じることができたのだと思います。◆準備ができていないと「運命の相手」に気づけない 婚活をしているほとんどの人がうまくいかないことを嘆いたり、求めている人とマッチングしないことを愚痴ったり……目の前にいる相手の嫌なところやダメなところに目を向けていたりしがちです。
◆婚活2年目に「運命の相手」に出会えた理由 私の結婚相談所の平均活動日数は8か月。そのため2年間活動していたコウイチさんは少し長めで、40歳という年齢もあり、あまりのんびりと婚活をしていられる状況ではありませんでした。 しかし、活動がちょうど2年目を迎えたタイミングで決まったお見合いのお相手の女性からとても前向きな交際を希望され、コウイチさんは2か月で成婚退会をしました。 奥さんとなるお相手の方に「いつ頃、コウイチさんのことを旦那さんとして意識したんですか?」と聞いたところ 「お見合いのときに、私はこの人と結婚するなと感じた」と明かしてくれました。 ◆婚活がうまくいくために続けてきたこと 彼女と出会うまでのコウイチさんは、ロジカルで、コミュニケーションや人間関係の作り方などを頭で理解したいタイプでした。  とても頭のいいコウイチさんでしたので、理解力は抜群。しかし、コミュニケーションも人間関係づくりも頭ではわかっていても行動できるようになるまでは時間がかかります。 コウイチさんはそのことも理解し、常にひとつひとつのお見合いを真剣に丁寧に行っていました。うまくいかなかったときは、細かく私に振り返りを訪ねてきて「どんなことを意識すればいいか」ということを1時間コンサルしていました。 そんな努力家のコウイチさんだからこそ、未来の奥さんと出会ったときにしっかりと準備している状態がなっていて、お見合いの中で彼女が運命を感じることができたのだと思います。◆準備ができていないと「運命の相手」に気づけない 婚活をしているほとんどの人がうまくいかないことを嘆いたり、求めている人とマッチングしないことを愚痴ったり……目の前にいる相手の嫌なところやダメなところに目を向けていたりしがちです。
私の結婚相談所の平均活動日数は8か月。そのため2年間活動していたコウイチさんは少し長めで、40歳という年齢もあり、あまりのんびりと婚活をしていられる状況ではありませんでした。 しかし、活動がちょうど2年目を迎えたタイミングで決まったお見合いのお相手の女性からとても前向きな交際を希望され、コウイチさんは2か月で成婚退会をしました。 奥さんとなるお相手の方に「いつ頃、コウイチさんのことを旦那さんとして意識したんですか?」と聞いたところ 「お見合いのときに、私はこの人と結婚するなと感じた」と明かしてくれました。 ◆婚活がうまくいくために続けてきたこと 彼女と出会うまでのコウイチさんは、ロジカルで、コミュニケーションや人間関係の作り方などを頭で理解したいタイプでした。  とても頭のいいコウイチさんでしたので、理解力は抜群。しかし、コミュニケーションも人間関係づくりも頭ではわかっていても行動できるようになるまでは時間がかかります。 コウイチさんはそのことも理解し、常にひとつひとつのお見合いを真剣に丁寧に行っていました。うまくいかなかったときは、細かく私に振り返りを訪ねてきて「どんなことを意識すればいいか」ということを1時間コンサルしていました。 そんな努力家のコウイチさんだからこそ、未来の奥さんと出会ったときにしっかりと準備している状態がなっていて、お見合いの中で彼女が運命を感じることができたのだと思います。◆準備ができていないと「運命の相手」に気づけない 婚活をしているほとんどの人がうまくいかないことを嘆いたり、求めている人とマッチングしないことを愚痴ったり……目の前にいる相手の嫌なところやダメなところに目を向けていたりしがちです。
しかし、活動がちょうど2年目を迎えたタイミングで決まったお見合いのお相手の女性からとても前向きな交際を希望され、コウイチさんは2か月で成婚退会をしました。 奥さんとなるお相手の方に「いつ頃、コウイチさんのことを旦那さんとして意識したんですか?」と聞いたところ 「お見合いのときに、私はこの人と結婚するなと感じた」と明かしてくれました。 ◆婚活がうまくいくために続けてきたこと 彼女と出会うまでのコウイチさんは、ロジカルで、コミュニケーションや人間関係の作り方などを頭で理解したいタイプでした。  とても頭のいいコウイチさんでしたので、理解力は抜群。しかし、コミュニケーションも人間関係づくりも頭ではわかっていても行動できるようになるまでは時間がかかります。 コウイチさんはそのことも理解し、常にひとつひとつのお見合いを真剣に丁寧に行っていました。うまくいかなかったときは、細かく私に振り返りを訪ねてきて「どんなことを意識すればいいか」ということを1時間コンサルしていました。 そんな努力家のコウイチさんだからこそ、未来の奥さんと出会ったときにしっかりと準備している状態がなっていて、お見合いの中で彼女が運命を感じることができたのだと思います。◆準備ができていないと「運命の相手」に気づけない 婚活をしているほとんどの人がうまくいかないことを嘆いたり、求めている人とマッチングしないことを愚痴ったり……目の前にいる相手の嫌なところやダメなところに目を向けていたりしがちです。
奥さんとなるお相手の方に「いつ頃、コウイチさんのことを旦那さんとして意識したんですか?」と聞いたところ 「お見合いのときに、私はこの人と結婚するなと感じた」と明かしてくれました。 ◆婚活がうまくいくために続けてきたこと 彼女と出会うまでのコウイチさんは、ロジカルで、コミュニケーションや人間関係の作り方などを頭で理解したいタイプでした。  とても頭のいいコウイチさんでしたので、理解力は抜群。しかし、コミュニケーションも人間関係づくりも頭ではわかっていても行動できるようになるまでは時間がかかります。 コウイチさんはそのことも理解し、常にひとつひとつのお見合いを真剣に丁寧に行っていました。うまくいかなかったときは、細かく私に振り返りを訪ねてきて「どんなことを意識すればいいか」ということを1時間コンサルしていました。 そんな努力家のコウイチさんだからこそ、未来の奥さんと出会ったときにしっかりと準備している状態がなっていて、お見合いの中で彼女が運命を感じることができたのだと思います。◆準備ができていないと「運命の相手」に気づけない 婚活をしているほとんどの人がうまくいかないことを嘆いたり、求めている人とマッチングしないことを愚痴ったり……目の前にいる相手の嫌なところやダメなところに目を向けていたりしがちです。
◆婚活がうまくいくために続けてきたこと 彼女と出会うまでのコウイチさんは、ロジカルで、コミュニケーションや人間関係の作り方などを頭で理解したいタイプでした。  とても頭のいいコウイチさんでしたので、理解力は抜群。しかし、コミュニケーションも人間関係づくりも頭ではわかっていても行動できるようになるまでは時間がかかります。 コウイチさんはそのことも理解し、常にひとつひとつのお見合いを真剣に丁寧に行っていました。うまくいかなかったときは、細かく私に振り返りを訪ねてきて「どんなことを意識すればいいか」ということを1時間コンサルしていました。 そんな努力家のコウイチさんだからこそ、未来の奥さんと出会ったときにしっかりと準備している状態がなっていて、お見合いの中で彼女が運命を感じることができたのだと思います。◆準備ができていないと「運命の相手」に気づけない 婚活をしているほとんどの人がうまくいかないことを嘆いたり、求めている人とマッチングしないことを愚痴ったり……目の前にいる相手の嫌なところやダメなところに目を向けていたりしがちです。
彼女と出会うまでのコウイチさんは、ロジカルで、コミュニケーションや人間関係の作り方などを頭で理解したいタイプでした。  とても頭のいいコウイチさんでしたので、理解力は抜群。しかし、コミュニケーションも人間関係づくりも頭ではわかっていても行動できるようになるまでは時間がかかります。 コウイチさんはそのことも理解し、常にひとつひとつのお見合いを真剣に丁寧に行っていました。うまくいかなかったときは、細かく私に振り返りを訪ねてきて「どんなことを意識すればいいか」ということを1時間コンサルしていました。 そんな努力家のコウイチさんだからこそ、未来の奥さんと出会ったときにしっかりと準備している状態がなっていて、お見合いの中で彼女が運命を感じることができたのだと思います。◆準備ができていないと「運命の相手」に気づけない 婚活をしているほとんどの人がうまくいかないことを嘆いたり、求めている人とマッチングしないことを愚痴ったり……目の前にいる相手の嫌なところやダメなところに目を向けていたりしがちです。
とても頭のいいコウイチさんでしたので、理解力は抜群。しかし、コミュニケーションも人間関係づくりも頭ではわかっていても行動できるようになるまでは時間がかかります。 コウイチさんはそのことも理解し、常にひとつひとつのお見合いを真剣に丁寧に行っていました。うまくいかなかったときは、細かく私に振り返りを訪ねてきて「どんなことを意識すればいいか」ということを1時間コンサルしていました。 そんな努力家のコウイチさんだからこそ、未来の奥さんと出会ったときにしっかりと準備している状態がなっていて、お見合いの中で彼女が運命を感じることができたのだと思います。◆準備ができていないと「運命の相手」に気づけない 婚活をしているほとんどの人がうまくいかないことを嘆いたり、求めている人とマッチングしないことを愚痴ったり……目の前にいる相手の嫌なところやダメなところに目を向けていたりしがちです。
コウイチさんはそのことも理解し、常にひとつひとつのお見合いを真剣に丁寧に行っていました。うまくいかなかったときは、細かく私に振り返りを訪ねてきて「どんなことを意識すればいいか」ということを1時間コンサルしていました。 そんな努力家のコウイチさんだからこそ、未来の奥さんと出会ったときにしっかりと準備している状態がなっていて、お見合いの中で彼女が運命を感じることができたのだと思います。◆準備ができていないと「運命の相手」に気づけない 婚活をしているほとんどの人がうまくいかないことを嘆いたり、求めている人とマッチングしないことを愚痴ったり……目の前にいる相手の嫌なところやダメなところに目を向けていたりしがちです。
そんな努力家のコウイチさんだからこそ、未来の奥さんと出会ったときにしっかりと準備している状態がなっていて、お見合いの中で彼女が運命を感じることができたのだと思います。◆準備ができていないと「運命の相手」に気づけない 婚活をしているほとんどの人がうまくいかないことを嘆いたり、求めている人とマッチングしないことを愚痴ったり……目の前にいる相手の嫌なところやダメなところに目を向けていたりしがちです。
◆準備ができていないと「運命の相手」に気づけない 婚活をしているほとんどの人がうまくいかないことを嘆いたり、求めている人とマッチングしないことを愚痴ったり……目の前にいる相手の嫌なところやダメなところに目を向けていたりしがちです。

自分を成長させるのではなく、周りや相手を変えようと一生懸命な状態で準備ができていないことが多いです。
運命の相手をキャッチする準備ができていないと「目の前の人が運命の相手だ」と気づけず、ダメなところばかりに目をやり、愚痴や言い訳をいっている自分になっていることでしょう。コウイチさんが2年かけてでも成婚できたのは「諦めずに婚活を続けたから」と「婚活の中で自分を成長させることに探究したから」です。
◆「運命」は同じ数だけ訪れているはず
とても幸せそうなコウイチさんを見て私は尊敬の気持ちと、そして「この人なら結婚後も大丈夫だな」という安心感を得ることができました。運命は必ず誰に対しても同じ数だけ訪れていると私は考えます。それを掴みとっているか常に逃しているか、それは自分の考え方次第なのかもしれません。
なかなか婚活がうまくいかなくて苦しいと感じている人は「自分は出会っている人たちに対してダメなところばかりを見て、何か言い訳をしていないか」と振り返ってみてください。
つらいこと、不安なこと、苦しいことを愚痴ることは悪いことではありません。しかし、相手の悪口を言ったり、できない言い訳をしたりすることはすべて自分に返ってきます。
いま一度、自分の言動を見直してみると 運命の人は目の前にいるかもしれませんよ。
―[結婚につながる恋のはじめ方]―