音楽祭参加者のPCR検査、「無料はおかしい」「主催者側に請求を」…県も検査実施へ

愛知県常滑市の県国際展示場で8月28、29日に開かれた野外音楽祭で新型コロナウイルスの感染防止対策が徹底されていなかった問題を受け、愛知県は1日、イベント参加者を対象に無料のPCR検査を実施すると発表した。
参加者からの感染拡大を防ぐのが狙い。
申込期間は8日までで、県の専用ウェブサイトで申し込む。検査結果は最短で12日に本人に通知する。また、イベント参加者には当日から2週間にあたる今月12日まで、不要不急の外出自粛や感染防止対策の徹底、毎日の体温測定などの健康状態の確認を要請する。
名古屋市も同様の検査実施を明らかにしているが、SNS上では、「無料で検査をするのはおかしい」「主催者側に検査費用を請求すべきだ」との批判的な声が多く投稿されている。