風邪のような症状が出る「寒暖差アレルギー」 予防に有効なアイテムは…

[OH!バンデス – ミヤギテレビ] 2021年8月26日放送の「コスギンの世話やき天気」のコーナーで、寒暖差アレルギーについて紹介していました。
寒暖差アレルギーとは、急激な気温変化によって自律神経が乱れ、鼻水やくしゃみ、倦怠感などにつながるというもの。
今の季節だと、極端に冷房が効いた部屋から、暑い外を行き来すると急激な気温変化に体が追いつかなくなり、風邪のような症状が出るとのこと。
ですが、今の私たちにとても身近な「ある物」で予防できるそう。
寒暖差アレルギーを予防するためにオススメなのは「マスク」。
マスクをすることで、冷たい空気が鼻や喉に直接入りにくくなることから、予防につながるとのこと。
冷房とマスクを上手く使い、ウイルスはもちろん、「寒暖差アレルギー」も予防していきたいですね。
(ライター:rin.)