長崎空港の「ガチャポン」回してみたら… 真珠やサンゴざっくざく

長崎県大村市の長崎空港2階に1日、地元産の真珠やサンゴのアクセサリーが入ったカプセル販売機「ガチャポン」が登場した。
ガチャポンは、QRコードをスマートフォンに読み込むキャッシュレス決済で、1回千円。カプセルには指輪やネックレスなどに加工された真珠やサンゴが入っている。設置した空港ビルディングによると、いずれも千円以上で、3千円相当の品もあるという。
新型コロナウイルス禍で空港の利用者は減少。空港ビルディング関係者は「乗降客の長崎土産はもちろん、地元の人にも楽しんで購入してほしい」とPR。