モデルナ製ワクチンにゴム片混入か 神奈川の接種会場で発見

見つかった異物は、ゴム栓の破片とみられている。
8月31日に神奈川県内の接種会場で、モデルナ製ワクチンの未使用の容器から黒い点状の異物が見つかり、厚労省は1日、製造工程で容器のゴム栓の破片が混入した可能性が高いと発表した。
厚労省は、「安全性に問題なく、接種を差し控える必要はない」としている。