2日は通勤通学時間帯に激しい雷雨のおそれ

2日にかけて、本州付近に停滞している前線上を低気圧が東進し、西日本~東日本では大気の状態が非常に不安定となります。特に、2日朝は関東で激しい雷雨になるおそれがあり、注意が必要です。
本州付近に停滞している前線や、前線上を進む低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、西日本から東日本では2日にかけて前線の活動が活発化し、大気の状態が非常に不安定となります。特に、北陸や関東甲信では、2日未明から昼前にかけて、雷を伴って1時間に30ミリの激しい雨が降り、大雨となるところがある見込みです。
数値予報といわれるコンピューターの計算によると、2日の午前6時ごろから午前9時ごろにかけては、特に関東で雨脚が強まる見込みで、通勤通学の時間帯は傘を差していても濡れてしまうような土砂降りの雨となるところがありそうです。短時間でも、同じ場所に集中して雨が降った場合、道路が冠水するなど、交通への影響がでることもあります。