感染隠して教諭が授業、受けた児童2人も感染 尼崎 経路は不明

兵庫県尼崎市教委は3日、市立小学校で教諭1人が新型コロナウイルスに感染していることを知りながら出勤し、その後、授業を受けた児童2人の感染が判明したと発表した。児童2人のうち1人は軽症で、もう1人は無症状。3人とも自宅療養中で、感染経路は分かっていない。
【図解】いま一度確認 「緊急性の高い症状」
市教委によると、教諭は8月25日に38・8度の発熱があり、医療機関を受診。抗原検査の結果、陽性が確定したが学校に報告せず、30日に出勤して担任のクラスで児童33人に授業をした。同日夕、保健所から市教委に連絡があり、感染を隠していたことが判明。市教委は小学校を休校とし、接触のあった児童と教員ら38人を対象にPCR検査(遺伝子検査)をしていた。
教諭は「体調が改善したので、自ら出勤できると判断した」との趣旨の説明をしているという。市教委は6日に保護者会を開き、7日から授業を再開する方針。【中村清雅】