「最悪の辞任劇」「トップとして孤独の判断」菅首相“不出馬”で党内衝撃 石破氏「全く新しい展開」

菅首相が自民党総裁選に出馬しないことを表明し、衝撃が広がっている。
最新情報を、自民党本部前から、フジテレビ政治部・門脇功樹記者が中継でお伝えする。
突然の不出馬表明を受け、「最悪の辞任劇だ」、「トップとして孤独の判断だった」との声が上がる一方、総裁選の構図が変わることから、党内には、早くもさまざまな動きが出ている。
菅首相は、3日午前11時半から開かれた臨時の役員会で、「新型コロナ対応の中で総裁選にはエネルギーがかかる」として、出馬しない意向を伝え、党幹部からは異論は出なかったという。
一方、菅首相不在の総裁選には、すでに岸田前政調会長、高市前総務相が出馬を表明しているが、新たに出馬を模索する動きが活発化している。
まず、河野規制改革担当相は3日午後、自身が所属する派閥のトップ・麻生財務相と面会した。
河野氏は、記者団の質問に無言を貫いているが、関係者によると、出馬する方向で調整に入ったという。
さらに、石破元幹事長も記者団に対し、「まったく新しい展開となった。同志と相談して結論を出す」と述べ、出馬に含みを持たせた。
河野氏や石破氏が出馬となれば、今後、党内の激しい駆け引きが予想される。