二階幹事長、会見で怒る 菅首相批判の若手に「お前と総理の関係どうだとか聞く人いない」

自民党の二階俊博幹事長が3日、会見し、菅義偉首相が総裁選不出馬について、「正直びっくりしておりますが総裁のご発言でありますから、考えに考えた末、ご決断されたことであろうと思います」と述べた。
会見では取材側から、内閣支持率が低下し、総選挙に向けて党内若手などからも不満があがっていたが、辞任と関係があるのかとの質問が飛んだ。
これに二階幹事長は「全く関係ないです!」と凄みのある口調で返し、「党内の若手でそんなこと言ってる者がおったら、自分の選挙をしっかりやりなさい!こういうことです」と断じた。
「総理の支持率がどうだとかね!そんなことだけで選挙が決まるわけじゃありません。私も少なからず選挙の経験を持っておりますが、一生懸命戦うことに専念して、時の総理が誰であったかなんてこと、そんなこと考えずにやるわけですよ」と、怒りモードで語った。
「そして、有権者の皆さんが『お前と総理の関係はどうなんだ』とかね、そんなこと聞く人なんておりませんよ」と指摘した。
「そらマスコミの皆さんがご専門の立場から色々と分析してね、研究検討されること、これはまあ大事なこと。職責でしょうから。しかし、そんなことで選挙決まるわけないでしょ。そんなことだけでね」と述べた。