旭化成、キャンペーンモデル終了=46年続く、広報戦略見直しで

旭化成は3日、1976年から続けてきた「旭化成グループキャンペーンモデル」の起用を来年3月で終了すると発表した。
同社の繊維素材を使った水着の発表会、地域や社内のイベントなどで活動してきたが、広報戦略見直しの一環で46年の歴史を終える。
76年の初代モデルにアグネス・ラムさん、92年には松嶋菜々子さんが選ばれた。現在は2020年の橘遥菜さんが2年連続で務めているが、新型コロナウイルス感染症の影響で活動は縮小しているという。