坂上忍 菅首相の総裁選不出馬に「自浄作用働いた」 総裁選には期待「政策論争をオープンに」

タレント坂上忍(54)が3日、MCを務めるフジテレビ系「バイキングMORE」(月~金曜前11・55)に生出演し、菅義偉首相(72)が自民党の次期総裁選に不出馬の意向を表明したことに語った。
菅首相はこの日、行われた党の役員会で、新型コロナウイルスの感染防止対策に専念したいという理由で総裁選には立候補しない意向を表明したと、番組内でも伝えた。「アンガールズ」田中卓志(45)は「そういう流れになったのも、ここ数日の岸田さんが芯を食うような動きが結構あったじゃないですか?それでこういう流れになったんだろうな。今後は期待は持てるような感じはしました」と、党内に風が吹いている感覚を口にした。すると坂上も「(元首相の)小泉純一郎さんの『自民党をぶっ壊す』じゃないけど、同じ仲間としてもダメなものはダメだという自浄作用が働いたのでは」と分析した。
現役総裁が不在の中、行われる総裁選については、「総裁選は僕らは投票できない」としつつ、「だからこそ政策論争をオープンにしていただければ、基本、総裁選というのは支持率アップにはつながるものだから、そこはきっちりやってもらいたい」と、国民の納得がいくような議論の場を期待した。