男性が刃物で切られけが 「知らない男」と説明 大阪

4日午前8時45分ごろ、大阪市淀川区木川東の集合住宅の一室で、「知らない男に包丁で指を切られた」と住人男性から110番があった。
大阪府警淀川署によると、男性は胸や手を切りつけられたが、命に別条はない。男は逃げているといい、同署が殺人未遂容疑で捜査している。
同署によると、男性は外国籍の会社員(30)。インターホンが鳴り玄関を開けると、面識のない男が無言のまま刃物で襲ってきたと説明している。
男は30代くらいで身長約180センチ、眼鏡を掛けて帽子をかぶっていたという。凶器とみられる柄のない刃物(刃渡り約20センチ)が、集合住宅の敷地内で見つかった。