パラ普及・発展に貢献 森前会長らに功労章

東京パラリンピックが5日に閉幕するのを前に、パラリンピックの普及や発展に貢献したとして、組織委員会の森前会長らに功労章が贈られました。
IPC(=国際パラリンピック委員会)は、大会の発展やパラスポーツの普及に尽力した人をたたえる「パラリンピックオーダー」の授与式を都内で行いました。
式は非公開で30分ほど行われ、関係者によりますと、受章した組織委員会の橋本会長や麻生副総理などが出席しました。東京大会の招致段階から大会を支えてきたとして、組織委員会の森前会長も受章し、メダルが授与されたということです。
式の終了後、取材に応じた橋本会長は「非常に和やかな会だった」と話しました。