気温差に要注意 9月に注意したい服装のポイント

2021/09/04 16:16 ウェザーニュース
8月までの猛暑は落ち着き、涼しく感じる日も出てきました。9月に入って、関東以北では肌寒く感じるほどの日も出てきました。この時期は気温のアップダウンが大きく、服装選びに悩むことも多い季節です。うっかり薄着で外出して失敗しないよう、ぜひ気温にあった服装の対応関係を参考にしてみてください。
9月の最高気温・最低気温の平均値をみると、本州付近では最高気温は30℃以下となる所が多く、最低気温は20℃前後の所が多くなっています。また、最高気温と最低気温の差は7~8℃程度の所が多く、日によってはそれ以上に気温差が大きくなることがあります。一日の中での気温差に気を付ける必要があると言えます。
■25℃以上…半袖シャツ日向では暑く、少し歩くと汗ばんでしまうことも。半袖が快適に感じられます。■25℃未満…長袖シャツちょっぴり風が涼しく感じられて、長袖シャツがあると安心です。■20℃未満…カーディガン長そでシャツの上にベストや薄手のカーディガンなど、羽織るものが活躍。■16℃未満…セーター日向では暖かさを感じるくらい。ふんわりセーターで身軽にお出かけ。<<天気別の組み合わせ例>>晴れの場合・長袖Tシャツ、長袖シャツ、セーター(薄手)くもりの場合・長袖Tシャツ、長袖シャツ、ジャケット※ウェザーニュース調べ
朝の気温だけで慌てて服を選んで、昼間に失敗した……なんてことの無いように、前日からしっかり朝・昼・夜の気温をチェックしておくのがおすすめです。