売り上げは想定の10倍 医師が夜だけのジェラート店を営む真意

長崎市西山4の閑静な住宅街に8月上旬、夜間だけ開店するアイス店「夜のジェラート屋さん あっしむ」がグランドオープンした。濃厚な甘さで人気を博し、ひっきりなしに市民が訪れ店先でアイスをほおばっている。店主の唐田(からた)博貴さん(33)の本業は医師。店の経営が「遠回りでも医療への貢献につながる」と考えているという唐田さんに、その真意などを聞いた。【聞き手・中山敦貴】
日本で唯一?4000個試食した「バーガー研究家」の大望
――アイス店を開いたきっかけは
◆もともとアイスが好きで、高校、大学とアイス店でアルバイトをした経験がある。どんなに不機嫌な子どもでも、アイスを渡した瞬間に笑顔になる様子が印象に残っている。コロナ禍で笑いづらい状況だが、アイスで笑ってもらえたらいいなと思った。コンビニエンスストアもない場所だが、「ここに店を建てたら面白いな」と思って出店を決めた。
――お店のシステムは
◆バニラやチョコ、抹茶など約10種類のアイスクリームから3種類を選んでもらい、店内で焼いたワッフルコーンと一緒にカップに盛り付け提供している。椅子とテーブルも置いてあるが、基本はテークアウト。開店時間は夕方から夜だが日によって違い、インスタグラムで毎日投稿している。 ――メニューや接客のこだわりは ◆北海道から沖縄まで全国約50の牧場などが販売するアイスを試食し、おいしさにこだわって厳選した。お客さんにはなるべく、それぞれのアイスの素材、製法の特徴を言葉で伝え、よりおいしさを理解し楽しんでもらえるよう努めている。医師としても、患者さんに検査結果や診療方針を誠実に説明し納得してもらうことを大切にしており、どちらの仕事も積極的にコミュニケーションを取る点で共通している。 ――店はSNS(ネット交流サービス)上でも話題で、客足が絶えない ◆うれしい悲鳴だ。想定の10倍ほどの売り上げがあり、8月下旬からは来店者の誘導のため警備員を雇った。 ――医師としての仕事内容は ◆2019年までは長崎大病院で、採取した患者の臓器の組織を顕微鏡で観察する病理診断を専門にしていた。現在は特定の病院に所属しない「フリー」の医師。市内の医療機関の当直医として夜間や週末、入院患者のケアなどに当たるのが主な仕事だ。健康診断では1時間に30人、40人と診なくてはならない場合もあるが、患者一人ひとりにもっと時間と情熱を注ぐ医療を実現したいという理想がある。 ――二足のわらじを履くメリットは ◆医師業以外の収入源を確保し、経済的に自由になる意義は大きい。お金稼ぎが苦手な医師は多い。保険診療は報酬の財源が限られており、それで稼ごうと思ってもどこかで頭打ちになる。医師が理想的な医療のあり方を思い描いていても、経済上の理由で実現できない場合がある。 しかし、他の分野でお金を稼いで医療に投入すれば可能性は青天井だ。アイス店を経営することで、理想と現実の狭間で葛藤する若い医師にロールモデルを示すことができるかもしれない。そうすれば理想の医療を追求できる医師が増え、遠回りだが医療に貢献することにつながると考えている。唐田博貴さん 埼玉県出身。富山大医学部卒業後、2014年に長崎大病院の研修医となり、長崎市に移住した。「お菓子の店アリタ」(本社・同市岩屋町)のジェラートは研修医時代からの好物で、その味には一目置く。貸家業も手がけ、一戸建てを5戸所有している。
――メニューや接客のこだわりは ◆北海道から沖縄まで全国約50の牧場などが販売するアイスを試食し、おいしさにこだわって厳選した。お客さんにはなるべく、それぞれのアイスの素材、製法の特徴を言葉で伝え、よりおいしさを理解し楽しんでもらえるよう努めている。医師としても、患者さんに検査結果や診療方針を誠実に説明し納得してもらうことを大切にしており、どちらの仕事も積極的にコミュニケーションを取る点で共通している。 ――店はSNS(ネット交流サービス)上でも話題で、客足が絶えない ◆うれしい悲鳴だ。想定の10倍ほどの売り上げがあり、8月下旬からは来店者の誘導のため警備員を雇った。 ――医師としての仕事内容は ◆2019年までは長崎大病院で、採取した患者の臓器の組織を顕微鏡で観察する病理診断を専門にしていた。現在は特定の病院に所属しない「フリー」の医師。市内の医療機関の当直医として夜間や週末、入院患者のケアなどに当たるのが主な仕事だ。健康診断では1時間に30人、40人と診なくてはならない場合もあるが、患者一人ひとりにもっと時間と情熱を注ぐ医療を実現したいという理想がある。 ――二足のわらじを履くメリットは ◆医師業以外の収入源を確保し、経済的に自由になる意義は大きい。お金稼ぎが苦手な医師は多い。保険診療は報酬の財源が限られており、それで稼ごうと思ってもどこかで頭打ちになる。医師が理想的な医療のあり方を思い描いていても、経済上の理由で実現できない場合がある。 しかし、他の分野でお金を稼いで医療に投入すれば可能性は青天井だ。アイス店を経営することで、理想と現実の狭間で葛藤する若い医師にロールモデルを示すことができるかもしれない。そうすれば理想の医療を追求できる医師が増え、遠回りだが医療に貢献することにつながると考えている。唐田博貴さん 埼玉県出身。富山大医学部卒業後、2014年に長崎大病院の研修医となり、長崎市に移住した。「お菓子の店アリタ」(本社・同市岩屋町)のジェラートは研修医時代からの好物で、その味には一目置く。貸家業も手がけ、一戸建てを5戸所有している。
◆北海道から沖縄まで全国約50の牧場などが販売するアイスを試食し、おいしさにこだわって厳選した。お客さんにはなるべく、それぞれのアイスの素材、製法の特徴を言葉で伝え、よりおいしさを理解し楽しんでもらえるよう努めている。医師としても、患者さんに検査結果や診療方針を誠実に説明し納得してもらうことを大切にしており、どちらの仕事も積極的にコミュニケーションを取る点で共通している。 ――店はSNS(ネット交流サービス)上でも話題で、客足が絶えない ◆うれしい悲鳴だ。想定の10倍ほどの売り上げがあり、8月下旬からは来店者の誘導のため警備員を雇った。 ――医師としての仕事内容は ◆2019年までは長崎大病院で、採取した患者の臓器の組織を顕微鏡で観察する病理診断を専門にしていた。現在は特定の病院に所属しない「フリー」の医師。市内の医療機関の当直医として夜間や週末、入院患者のケアなどに当たるのが主な仕事だ。健康診断では1時間に30人、40人と診なくてはならない場合もあるが、患者一人ひとりにもっと時間と情熱を注ぐ医療を実現したいという理想がある。 ――二足のわらじを履くメリットは ◆医師業以外の収入源を確保し、経済的に自由になる意義は大きい。お金稼ぎが苦手な医師は多い。保険診療は報酬の財源が限られており、それで稼ごうと思ってもどこかで頭打ちになる。医師が理想的な医療のあり方を思い描いていても、経済上の理由で実現できない場合がある。 しかし、他の分野でお金を稼いで医療に投入すれば可能性は青天井だ。アイス店を経営することで、理想と現実の狭間で葛藤する若い医師にロールモデルを示すことができるかもしれない。そうすれば理想の医療を追求できる医師が増え、遠回りだが医療に貢献することにつながると考えている。唐田博貴さん 埼玉県出身。富山大医学部卒業後、2014年に長崎大病院の研修医となり、長崎市に移住した。「お菓子の店アリタ」(本社・同市岩屋町)のジェラートは研修医時代からの好物で、その味には一目置く。貸家業も手がけ、一戸建てを5戸所有している。
――店はSNS(ネット交流サービス)上でも話題で、客足が絶えない ◆うれしい悲鳴だ。想定の10倍ほどの売り上げがあり、8月下旬からは来店者の誘導のため警備員を雇った。 ――医師としての仕事内容は ◆2019年までは長崎大病院で、採取した患者の臓器の組織を顕微鏡で観察する病理診断を専門にしていた。現在は特定の病院に所属しない「フリー」の医師。市内の医療機関の当直医として夜間や週末、入院患者のケアなどに当たるのが主な仕事だ。健康診断では1時間に30人、40人と診なくてはならない場合もあるが、患者一人ひとりにもっと時間と情熱を注ぐ医療を実現したいという理想がある。 ――二足のわらじを履くメリットは ◆医師業以外の収入源を確保し、経済的に自由になる意義は大きい。お金稼ぎが苦手な医師は多い。保険診療は報酬の財源が限られており、それで稼ごうと思ってもどこかで頭打ちになる。医師が理想的な医療のあり方を思い描いていても、経済上の理由で実現できない場合がある。 しかし、他の分野でお金を稼いで医療に投入すれば可能性は青天井だ。アイス店を経営することで、理想と現実の狭間で葛藤する若い医師にロールモデルを示すことができるかもしれない。そうすれば理想の医療を追求できる医師が増え、遠回りだが医療に貢献することにつながると考えている。唐田博貴さん 埼玉県出身。富山大医学部卒業後、2014年に長崎大病院の研修医となり、長崎市に移住した。「お菓子の店アリタ」(本社・同市岩屋町)のジェラートは研修医時代からの好物で、その味には一目置く。貸家業も手がけ、一戸建てを5戸所有している。
◆うれしい悲鳴だ。想定の10倍ほどの売り上げがあり、8月下旬からは来店者の誘導のため警備員を雇った。 ――医師としての仕事内容は ◆2019年までは長崎大病院で、採取した患者の臓器の組織を顕微鏡で観察する病理診断を専門にしていた。現在は特定の病院に所属しない「フリー」の医師。市内の医療機関の当直医として夜間や週末、入院患者のケアなどに当たるのが主な仕事だ。健康診断では1時間に30人、40人と診なくてはならない場合もあるが、患者一人ひとりにもっと時間と情熱を注ぐ医療を実現したいという理想がある。 ――二足のわらじを履くメリットは ◆医師業以外の収入源を確保し、経済的に自由になる意義は大きい。お金稼ぎが苦手な医師は多い。保険診療は報酬の財源が限られており、それで稼ごうと思ってもどこかで頭打ちになる。医師が理想的な医療のあり方を思い描いていても、経済上の理由で実現できない場合がある。 しかし、他の分野でお金を稼いで医療に投入すれば可能性は青天井だ。アイス店を経営することで、理想と現実の狭間で葛藤する若い医師にロールモデルを示すことができるかもしれない。そうすれば理想の医療を追求できる医師が増え、遠回りだが医療に貢献することにつながると考えている。唐田博貴さん 埼玉県出身。富山大医学部卒業後、2014年に長崎大病院の研修医となり、長崎市に移住した。「お菓子の店アリタ」(本社・同市岩屋町)のジェラートは研修医時代からの好物で、その味には一目置く。貸家業も手がけ、一戸建てを5戸所有している。
――医師としての仕事内容は ◆2019年までは長崎大病院で、採取した患者の臓器の組織を顕微鏡で観察する病理診断を専門にしていた。現在は特定の病院に所属しない「フリー」の医師。市内の医療機関の当直医として夜間や週末、入院患者のケアなどに当たるのが主な仕事だ。健康診断では1時間に30人、40人と診なくてはならない場合もあるが、患者一人ひとりにもっと時間と情熱を注ぐ医療を実現したいという理想がある。 ――二足のわらじを履くメリットは ◆医師業以外の収入源を確保し、経済的に自由になる意義は大きい。お金稼ぎが苦手な医師は多い。保険診療は報酬の財源が限られており、それで稼ごうと思ってもどこかで頭打ちになる。医師が理想的な医療のあり方を思い描いていても、経済上の理由で実現できない場合がある。 しかし、他の分野でお金を稼いで医療に投入すれば可能性は青天井だ。アイス店を経営することで、理想と現実の狭間で葛藤する若い医師にロールモデルを示すことができるかもしれない。そうすれば理想の医療を追求できる医師が増え、遠回りだが医療に貢献することにつながると考えている。唐田博貴さん 埼玉県出身。富山大医学部卒業後、2014年に長崎大病院の研修医となり、長崎市に移住した。「お菓子の店アリタ」(本社・同市岩屋町)のジェラートは研修医時代からの好物で、その味には一目置く。貸家業も手がけ、一戸建てを5戸所有している。
◆2019年までは長崎大病院で、採取した患者の臓器の組織を顕微鏡で観察する病理診断を専門にしていた。現在は特定の病院に所属しない「フリー」の医師。市内の医療機関の当直医として夜間や週末、入院患者のケアなどに当たるのが主な仕事だ。健康診断では1時間に30人、40人と診なくてはならない場合もあるが、患者一人ひとりにもっと時間と情熱を注ぐ医療を実現したいという理想がある。 ――二足のわらじを履くメリットは ◆医師業以外の収入源を確保し、経済的に自由になる意義は大きい。お金稼ぎが苦手な医師は多い。保険診療は報酬の財源が限られており、それで稼ごうと思ってもどこかで頭打ちになる。医師が理想的な医療のあり方を思い描いていても、経済上の理由で実現できない場合がある。 しかし、他の分野でお金を稼いで医療に投入すれば可能性は青天井だ。アイス店を経営することで、理想と現実の狭間で葛藤する若い医師にロールモデルを示すことができるかもしれない。そうすれば理想の医療を追求できる医師が増え、遠回りだが医療に貢献することにつながると考えている。唐田博貴さん 埼玉県出身。富山大医学部卒業後、2014年に長崎大病院の研修医となり、長崎市に移住した。「お菓子の店アリタ」(本社・同市岩屋町)のジェラートは研修医時代からの好物で、その味には一目置く。貸家業も手がけ、一戸建てを5戸所有している。
――二足のわらじを履くメリットは ◆医師業以外の収入源を確保し、経済的に自由になる意義は大きい。お金稼ぎが苦手な医師は多い。保険診療は報酬の財源が限られており、それで稼ごうと思ってもどこかで頭打ちになる。医師が理想的な医療のあり方を思い描いていても、経済上の理由で実現できない場合がある。 しかし、他の分野でお金を稼いで医療に投入すれば可能性は青天井だ。アイス店を経営することで、理想と現実の狭間で葛藤する若い医師にロールモデルを示すことができるかもしれない。そうすれば理想の医療を追求できる医師が増え、遠回りだが医療に貢献することにつながると考えている。唐田博貴さん 埼玉県出身。富山大医学部卒業後、2014年に長崎大病院の研修医となり、長崎市に移住した。「お菓子の店アリタ」(本社・同市岩屋町)のジェラートは研修医時代からの好物で、その味には一目置く。貸家業も手がけ、一戸建てを5戸所有している。
◆医師業以外の収入源を確保し、経済的に自由になる意義は大きい。お金稼ぎが苦手な医師は多い。保険診療は報酬の財源が限られており、それで稼ごうと思ってもどこかで頭打ちになる。医師が理想的な医療のあり方を思い描いていても、経済上の理由で実現できない場合がある。 しかし、他の分野でお金を稼いで医療に投入すれば可能性は青天井だ。アイス店を経営することで、理想と現実の狭間で葛藤する若い医師にロールモデルを示すことができるかもしれない。そうすれば理想の医療を追求できる医師が増え、遠回りだが医療に貢献することにつながると考えている。唐田博貴さん 埼玉県出身。富山大医学部卒業後、2014年に長崎大病院の研修医となり、長崎市に移住した。「お菓子の店アリタ」(本社・同市岩屋町)のジェラートは研修医時代からの好物で、その味には一目置く。貸家業も手がけ、一戸建てを5戸所有している。
しかし、他の分野でお金を稼いで医療に投入すれば可能性は青天井だ。アイス店を経営することで、理想と現実の狭間で葛藤する若い医師にロールモデルを示すことができるかもしれない。そうすれば理想の医療を追求できる医師が増え、遠回りだが医療に貢献することにつながると考えている。唐田博貴さん 埼玉県出身。富山大医学部卒業後、2014年に長崎大病院の研修医となり、長崎市に移住した。「お菓子の店アリタ」(本社・同市岩屋町)のジェラートは研修医時代からの好物で、その味には一目置く。貸家業も手がけ、一戸建てを5戸所有している。
唐田博貴さん 埼玉県出身。富山大医学部卒業後、2014年に長崎大病院の研修医となり、長崎市に移住した。「お菓子の店アリタ」(本社・同市岩屋町)のジェラートは研修医時代からの好物で、その味には一目置く。貸家業も手がけ、一戸建てを5戸所有している。
埼玉県出身。富山大医学部卒業後、2014年に長崎大病院の研修医となり、長崎市に移住した。「お菓子の店アリタ」(本社・同市岩屋町)のジェラートは研修医時代からの好物で、その味には一目置く。貸家業も手がけ、一戸建てを5戸所有している。