「東京に戻すとばれる」女子高校生遺棄 逮捕の夫婦

女子高校生の遺体が山梨県内に遺棄された事件で、逮捕された夫婦が「女子高校生を自宅のある東京に戻すと警察にばれると思った」と供述していることが分かりました。
小森章平容疑者(27)と妻の和美容疑者(28)は先月、女子高校生(18)の遺体を山梨県内に遺棄した疑いが持たれています。
夫婦は、女子高校生を東京から群馬県内の自宅に連れて行くなどしましたが、捜査関係者への取材で、「女子高校生を東京に戻すと警察にばれると思い、離れた場所に解放しようと思っていた」などと供述していることが分かりました。