蓮舫氏、菅義偉首相退陣にポツリ「誰も守ってくれなかったのだろうか」

立憲民主党の蓮舫参院議員が4日までに自身のツイッターを更新。自民党総裁選不出馬を表明、退陣する菅義偉首相への思いを語った。
この日、「誰も守ってくれなかったのだろうか。それとも聞く耳を持たなかったのだろうか」とつづった蓮舫氏。
「『リーダーは背後に誰もいない、自分の最終判断の重みだ』と総理経験者に聞いた言葉が浮かびます」と続けると、「大変な公務に向き合われた重責には敬意を示します」と言葉を紡いでいた。