眞子さまが小室圭さんとの結婚を諦めなかった「2つの理由」…耐えて耐えて初志貫徹の執念

【皇室のトリビア】#31
小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…
国民の大きな関心事だった、秋篠宮家の眞子さま(29)と小室圭さん(29)の結婚が決まったと大きく報じられている。年内に婚姻届を提出し、結婚後は米国で生活することになるそうだ。
米国ニューヨーク州の司法試験を7月に受け、今は結果発表を待っている小室さんだが、そのまま現地で就職する意向。眞子さまは渡米し、一緒に新婚生活を送ることになる。
婚約報道(2017年5月)から4年以上も経ち、膠着状態だった2人の結婚問題だったが、ここにきての急な決定の裏に何があったのだろうか。
そもそも年内の結婚は日程的に難しいとみられていた。この秋には、秋篠宮さまの伊勢神宮参拝の行事が予定され、その後にも20歳になる愛子さまの誕生日を皮切りに、皇后さまの誕生日、上皇さまの誕生日、そして新年の皇室行事が待ち構えている。
もともと眞子さまは10月23日の30歳の誕生日までの結婚を期待していたが、10月はもちろん、来春までは厳しい状況だった。しかし、報道されているように、納采の儀(一般の結納にあたる儀式)はじめ、結婚の関連儀式は執り行わないことになり、ハードルが一気に下がり、年内結婚が可能になったのである。
皇族で結婚儀式をしないのは異例も異例だ。もちろん「コロナ禍だから」という理由づけはできるが、実際のところは、一切形式にこだわりたくないという眞子さまの強い意向が見え隠れする。 この4年近く、ずっと小室さん母子がバッシングされ、結婚を反対され、一度は小室さんが「婚約辞退」を考えたこともあった2人の結婚問題。それに対し、常に小室さんを励まし、結婚をあきらめず、前向きだったのが眞子さまだった。 その信念の強さというか気の強さは、皇室関係者も驚くものだったらしい。「どんなに反対されても眞子さまが結婚をあきらめなかった理由は2つです。一つは、嫁ぐことで不自由な皇室を離れたいという思いです。いや、秋篠宮家やお母さまの紀子さまから距離を置きたいという気持ちが強いといった方が正解で、それはずっと変わらないものでした。もう一つの理由は、小室さんとの結婚をあきらめてしまったら、もう二度と結婚はできないだろうという事情です。仮に小室さんが身を引いたとして、次の婚約者が現れるでしょうか。小室さん同様にマスコミから注目される。そんな火中の栗を拾う候補が出るとは考えられない。眞子さまもそれが分かっているから、あきらめず、耐えて、初志を貫徹したのです」(皇室ジャーナリスト) 小室さんの司法試験の結果や就職を待って、眞子さまは単身米国へ向かうことになる。渡米してしまえば、世間の干渉とかマスコミの目はぐっと弱まる。寂しさなどよりも「してやったり」「せいせいした」の気持ちが強いと推察できる。その意味で「執念の勝利」といえるだろう。■“障害”がなくなり「女性宮家」創設は一気に進展しそう もう一つ、これで大きく前進することがある。「女性宮家」の創設問題である。 前回も書いたように、上皇さまの強い要望を無視して、安倍前政権ではずっと放置されてきた。その理由は、ひと言でいえば「眞子さまが宮家の当主になれば、あの小室さんが皇族になる。その子どもが天皇になることも考えられる」という荒唐無稽な妄想だった。 しかし、女性皇族である眞子さまは結婚で皇室から籍を離れる。それが皇室典範の決まりである。つまり今後は「小室眞子さん」という一般人になるのだ。小室さんが皇族になることは逆立ちしてもなくなったのである。 これで「女性宮家」「女系天皇」を潰そうとしてきた守旧派も、反対の理由を失った。眞子さまの結婚と皇籍離脱で、大きな障害がなくなり、「女性宮家」の創設は一気に議論が進みそうだ。(つづく)
この4年近く、ずっと小室さん母子がバッシングされ、結婚を反対され、一度は小室さんが「婚約辞退」を考えたこともあった2人の結婚問題。それに対し、常に小室さんを励まし、結婚をあきらめず、前向きだったのが眞子さまだった。 その信念の強さというか気の強さは、皇室関係者も驚くものだったらしい。「どんなに反対されても眞子さまが結婚をあきらめなかった理由は2つです。一つは、嫁ぐことで不自由な皇室を離れたいという思いです。いや、秋篠宮家やお母さまの紀子さまから距離を置きたいという気持ちが強いといった方が正解で、それはずっと変わらないものでした。もう一つの理由は、小室さんとの結婚をあきらめてしまったら、もう二度と結婚はできないだろうという事情です。仮に小室さんが身を引いたとして、次の婚約者が現れるでしょうか。小室さん同様にマスコミから注目される。そんな火中の栗を拾う候補が出るとは考えられない。眞子さまもそれが分かっているから、あきらめず、耐えて、初志を貫徹したのです」(皇室ジャーナリスト) 小室さんの司法試験の結果や就職を待って、眞子さまは単身米国へ向かうことになる。渡米してしまえば、世間の干渉とかマスコミの目はぐっと弱まる。寂しさなどよりも「してやったり」「せいせいした」の気持ちが強いと推察できる。その意味で「執念の勝利」といえるだろう。■“障害”がなくなり「女性宮家」創設は一気に進展しそう もう一つ、これで大きく前進することがある。「女性宮家」の創設問題である。 前回も書いたように、上皇さまの強い要望を無視して、安倍前政権ではずっと放置されてきた。その理由は、ひと言でいえば「眞子さまが宮家の当主になれば、あの小室さんが皇族になる。その子どもが天皇になることも考えられる」という荒唐無稽な妄想だった。 しかし、女性皇族である眞子さまは結婚で皇室から籍を離れる。それが皇室典範の決まりである。つまり今後は「小室眞子さん」という一般人になるのだ。小室さんが皇族になることは逆立ちしてもなくなったのである。 これで「女性宮家」「女系天皇」を潰そうとしてきた守旧派も、反対の理由を失った。眞子さまの結婚と皇籍離脱で、大きな障害がなくなり、「女性宮家」の創設は一気に議論が進みそうだ。(つづく)
その信念の強さというか気の強さは、皇室関係者も驚くものだったらしい。「どんなに反対されても眞子さまが結婚をあきらめなかった理由は2つです。一つは、嫁ぐことで不自由な皇室を離れたいという思いです。いや、秋篠宮家やお母さまの紀子さまから距離を置きたいという気持ちが強いといった方が正解で、それはずっと変わらないものでした。もう一つの理由は、小室さんとの結婚をあきらめてしまったら、もう二度と結婚はできないだろうという事情です。仮に小室さんが身を引いたとして、次の婚約者が現れるでしょうか。小室さん同様にマスコミから注目される。そんな火中の栗を拾う候補が出るとは考えられない。眞子さまもそれが分かっているから、あきらめず、耐えて、初志を貫徹したのです」(皇室ジャーナリスト) 小室さんの司法試験の結果や就職を待って、眞子さまは単身米国へ向かうことになる。渡米してしまえば、世間の干渉とかマスコミの目はぐっと弱まる。寂しさなどよりも「してやったり」「せいせいした」の気持ちが強いと推察できる。その意味で「執念の勝利」といえるだろう。■“障害”がなくなり「女性宮家」創設は一気に進展しそう もう一つ、これで大きく前進することがある。「女性宮家」の創設問題である。 前回も書いたように、上皇さまの強い要望を無視して、安倍前政権ではずっと放置されてきた。その理由は、ひと言でいえば「眞子さまが宮家の当主になれば、あの小室さんが皇族になる。その子どもが天皇になることも考えられる」という荒唐無稽な妄想だった。 しかし、女性皇族である眞子さまは結婚で皇室から籍を離れる。それが皇室典範の決まりである。つまり今後は「小室眞子さん」という一般人になるのだ。小室さんが皇族になることは逆立ちしてもなくなったのである。 これで「女性宮家」「女系天皇」を潰そうとしてきた守旧派も、反対の理由を失った。眞子さまの結婚と皇籍離脱で、大きな障害がなくなり、「女性宮家」の創設は一気に議論が進みそうだ。(つづく)
「どんなに反対されても眞子さまが結婚をあきらめなかった理由は2つです。一つは、嫁ぐことで不自由な皇室を離れたいという思いです。いや、秋篠宮家やお母さまの紀子さまから距離を置きたいという気持ちが強いといった方が正解で、それはずっと変わらないものでした。もう一つの理由は、小室さんとの結婚をあきらめてしまったら、もう二度と結婚はできないだろうという事情です。仮に小室さんが身を引いたとして、次の婚約者が現れるでしょうか。小室さん同様にマスコミから注目される。そんな火中の栗を拾う候補が出るとは考えられない。眞子さまもそれが分かっているから、あきらめず、耐えて、初志を貫徹したのです」(皇室ジャーナリスト) 小室さんの司法試験の結果や就職を待って、眞子さまは単身米国へ向かうことになる。渡米してしまえば、世間の干渉とかマスコミの目はぐっと弱まる。寂しさなどよりも「してやったり」「せいせいした」の気持ちが強いと推察できる。その意味で「執念の勝利」といえるだろう。■“障害”がなくなり「女性宮家」創設は一気に進展しそう もう一つ、これで大きく前進することがある。「女性宮家」の創設問題である。 前回も書いたように、上皇さまの強い要望を無視して、安倍前政権ではずっと放置されてきた。その理由は、ひと言でいえば「眞子さまが宮家の当主になれば、あの小室さんが皇族になる。その子どもが天皇になることも考えられる」という荒唐無稽な妄想だった。 しかし、女性皇族である眞子さまは結婚で皇室から籍を離れる。それが皇室典範の決まりである。つまり今後は「小室眞子さん」という一般人になるのだ。小室さんが皇族になることは逆立ちしてもなくなったのである。 これで「女性宮家」「女系天皇」を潰そうとしてきた守旧派も、反対の理由を失った。眞子さまの結婚と皇籍離脱で、大きな障害がなくなり、「女性宮家」の創設は一気に議論が進みそうだ。(つづく)
小室さんの司法試験の結果や就職を待って、眞子さまは単身米国へ向かうことになる。渡米してしまえば、世間の干渉とかマスコミの目はぐっと弱まる。寂しさなどよりも「してやったり」「せいせいした」の気持ちが強いと推察できる。その意味で「執念の勝利」といえるだろう。■“障害”がなくなり「女性宮家」創設は一気に進展しそう もう一つ、これで大きく前進することがある。「女性宮家」の創設問題である。 前回も書いたように、上皇さまの強い要望を無視して、安倍前政権ではずっと放置されてきた。その理由は、ひと言でいえば「眞子さまが宮家の当主になれば、あの小室さんが皇族になる。その子どもが天皇になることも考えられる」という荒唐無稽な妄想だった。 しかし、女性皇族である眞子さまは結婚で皇室から籍を離れる。それが皇室典範の決まりである。つまり今後は「小室眞子さん」という一般人になるのだ。小室さんが皇族になることは逆立ちしてもなくなったのである。 これで「女性宮家」「女系天皇」を潰そうとしてきた守旧派も、反対の理由を失った。眞子さまの結婚と皇籍離脱で、大きな障害がなくなり、「女性宮家」の創設は一気に議論が進みそうだ。(つづく)
■“障害”がなくなり「女性宮家」創設は一気に進展しそう もう一つ、これで大きく前進することがある。「女性宮家」の創設問題である。 前回も書いたように、上皇さまの強い要望を無視して、安倍前政権ではずっと放置されてきた。その理由は、ひと言でいえば「眞子さまが宮家の当主になれば、あの小室さんが皇族になる。その子どもが天皇になることも考えられる」という荒唐無稽な妄想だった。 しかし、女性皇族である眞子さまは結婚で皇室から籍を離れる。それが皇室典範の決まりである。つまり今後は「小室眞子さん」という一般人になるのだ。小室さんが皇族になることは逆立ちしてもなくなったのである。 これで「女性宮家」「女系天皇」を潰そうとしてきた守旧派も、反対の理由を失った。眞子さまの結婚と皇籍離脱で、大きな障害がなくなり、「女性宮家」の創設は一気に議論が進みそうだ。(つづく)
もう一つ、これで大きく前進することがある。「女性宮家」の創設問題である。 前回も書いたように、上皇さまの強い要望を無視して、安倍前政権ではずっと放置されてきた。その理由は、ひと言でいえば「眞子さまが宮家の当主になれば、あの小室さんが皇族になる。その子どもが天皇になることも考えられる」という荒唐無稽な妄想だった。 しかし、女性皇族である眞子さまは結婚で皇室から籍を離れる。それが皇室典範の決まりである。つまり今後は「小室眞子さん」という一般人になるのだ。小室さんが皇族になることは逆立ちしてもなくなったのである。 これで「女性宮家」「女系天皇」を潰そうとしてきた守旧派も、反対の理由を失った。眞子さまの結婚と皇籍離脱で、大きな障害がなくなり、「女性宮家」の創設は一気に議論が進みそうだ。(つづく)
前回も書いたように、上皇さまの強い要望を無視して、安倍前政権ではずっと放置されてきた。その理由は、ひと言でいえば「眞子さまが宮家の当主になれば、あの小室さんが皇族になる。その子どもが天皇になることも考えられる」という荒唐無稽な妄想だった。 しかし、女性皇族である眞子さまは結婚で皇室から籍を離れる。それが皇室典範の決まりである。つまり今後は「小室眞子さん」という一般人になるのだ。小室さんが皇族になることは逆立ちしてもなくなったのである。 これで「女性宮家」「女系天皇」を潰そうとしてきた守旧派も、反対の理由を失った。眞子さまの結婚と皇籍離脱で、大きな障害がなくなり、「女性宮家」の創設は一気に議論が進みそうだ。(つづく)
しかし、女性皇族である眞子さまは結婚で皇室から籍を離れる。それが皇室典範の決まりである。つまり今後は「小室眞子さん」という一般人になるのだ。小室さんが皇族になることは逆立ちしてもなくなったのである。 これで「女性宮家」「女系天皇」を潰そうとしてきた守旧派も、反対の理由を失った。眞子さまの結婚と皇籍離脱で、大きな障害がなくなり、「女性宮家」の創設は一気に議論が進みそうだ。(つづく)