公園プランター42万円相当盗難 2人逮捕

先月、千葉市内の県立公園で真鍮(しんちゅう)製のプランターが盗まれた事件で、20代の男2人が逮捕されました。
窃盗の疑いで逮捕されたのは、千葉県市原市の無職・石塚雄喜容疑者(25)と水道工の中村敦貴容疑者(27)です。警察によりますと2人は先月31日、千葉市の県立公園で、真鍮製プランター14個、時価合計42万円相当を盗んだ疑いがもたれています。
警察が、金属買い取り業者を捜査していたところ、被害品を発見、警戒中にレンタカーに乗った中村容疑者が現れたため逮捕したということです。
また、中村容疑者が乗っていたレンタカーを調べる過程で石塚容疑者の関与が浮上し、4日に逮捕されました。2人は容疑を認めているということです。