自称五輪放送機構カメラマン スペイン人の男逮捕 富士スピードウェイ侵入の疑い

富士スピードウェイの売店に窃盗目的で侵入したとして、スペイン人のカメラマンが逮捕された。
逮捕されたのは、スペイン国籍で自称、オリンピック放送機構のカメラマン、ロペス・ボレロ・ネフタリ容疑者(47)で、3日午前8時ごろ、静岡・小山町にある富士スピードウェイの売店に盗み目的で侵入し、商品を物色した疑いが持たれている。
警察は、認否を明らかにしていない。
売店が併設されたレストランの従業員が、不審な物音に気づき、逃げ出す男を目撃していた。
3日は、パラリンピック自転車・ロードの最終日で、売店は当時、営業していなかった。