関口宏、「政局一色」報道に疑問を呈した青木理氏の発言に「非常に耳が痛いところ」

俳優の関口宏が5日、司会を務めるTBS系「サンデーモーニング」(日曜・午前8時)にスタジオ生出演した。
番組では、自民党総裁選に菅義偉首相が不出馬を表明したことを報じた。
その中でコメンテーターでジャーナリストの青木理氏は今回の事態に「この番組もそうですけど、永田町は政局一色。一方でコロナがどうかっていえば、全然状況がよくなっていない。むしろ深刻で医療にアクセスできずに亡くなっている方が出ている状況なのに、国会も開かずにこれから恐らく総裁選までは、ほぼ自民党の中は政局一色ですよね」と指摘した。
その上で「我々に対しても問われるところなんですけれども、テレビメディア中心にメディアも報道も政局一色になっていっちゃう、と。こういう状況で果たしていいんだろうか?と。まさに今、コロナがこれだけ深刻な中、政局にかまけている政治、あるいは、メディアも疑問を突きつけられるんではないかなと僕は思っていますけれども」とコメントした。
この発言に関口は「非常に耳が痛いところなんですが、政局が動いちゃった以上は、まずは政局をお伝えしなきゃならないんで、もう1コーナー政局をお話を進めます」と総裁選への出馬が有力視されている議員の話題を報じた。