「無理に食事」「園児に暴言」保護者が訴え 保育士2人を諭旨退職に

愛知県大府市の私立かんだ保育園(園児86人)で、園児に対し不適切な言動などがあったとして、保育士2人が諭旨退職となっていたことがわかった。
園ではほかに11人の保育士が退職し、このうち複数の保育士が園長の言動を理由とした体調不良を訴え、園長は降格となった。市は混乱の収拾を園側に求めている。
かんだ保育園は、社会福祉法人「みのむし学園」(長野県塩尻市)が昨年4月に開設。園側によると、今年1月ごろから、「園児が無理に食事をさせられた」「園児に暴言を吐いた」などの訴えが保護者から相次いだ。
8月6日に内部調査を始め、30代の保育士について「園児への厳しい言動や、無理に食べさせる不適切な行為があった」と判断。50代の主任保育士については土曜保育を勝手に断っていたことがわかり、「保育の否定は重大で、30代保育士への指導も十分だったと言えない」と指摘。ともに30日付で諭旨退職とした。
■保育士11人が退職 園長を降格
園長の50代女性については7月、「過度に厳しい言動があり、複数の職員が体調不良を理由に欠勤、退職した」などとして、文書で注意していた。園では昨年4月~今年8月に保育士11人が退職。内部調査では「職場環境の悪化につながる多くの問題が生じていた」と指摘し、園長を30日付で主任に降格させた。
園側は8月31日の保護者会でこうした調査結果と処分を説明した。ただ、保護者側の訴えと一致しない部分もあり、第三者機関を置いてさらに調査し、改善策をとる方針を示した。 大府市と愛知県は5月に監査を実施。市は不適切保育や保育士の大量退職を「今後の運営上、見過ごせない」とし、早期の改善を求めている。 後任の園長に就いたみのむし学園の御子柴匡章理事は取材に「今後、職員間の十分な意思疎通を図り、園内研修や保護者参観を積極的に実施する。休園は何としても避け、園児の保育に影響がないよう最善を尽くす」と話した。(嶋田圭一郎)
大府市と愛知県は5月に監査を実施。市は不適切保育や保育士の大量退職を「今後の運営上、見過ごせない」とし、早期の改善を求めている。 後任の園長に就いたみのむし学園の御子柴匡章理事は取材に「今後、職員間の十分な意思疎通を図り、園内研修や保護者参観を積極的に実施する。休園は何としても避け、園児の保育に影響がないよう最善を尽くす」と話した。(嶋田圭一郎)
後任の園長に就いたみのむし学園の御子柴匡章理事は取材に「今後、職員間の十分な意思疎通を図り、園内研修や保護者参観を積極的に実施する。休園は何としても避け、園児の保育に影響がないよう最善を尽くす」と話した。(嶋田圭一郎)