ファイザー製、年内供給分「10月中に輸入完了」 河野大臣が見通し

新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、政府内の調整を担う河野太郎行政改革相は6日の会見で、今年分の米ファイザー製ワクチンについて、10月中にすべての輸入が完了するとの見通しを明らかにした。
ファイザー製は12月までに計1億9400万回分が供給される。このうち、10~12月分は1400万回分が届く予定になっていたが、全量が10月中に輸入できる見通しになったという。また、河野氏は今後の接種率の見込みについて、自治体への調査結果に基づいて、全国で88%になるとの予測も示した。