「金持ってねえか?」さいたま市の公園で短時間に男女が襲われる強盗 刃物を持った男は現在も逃走中

9月5日夜、さいたま市中央区で起きた強盗事件。現場は子どもたちもよく利用する、JR与野本町駅近くの公園だ。
5日夜7時すぎ、50代の男性が公園のベンチに座っていると、近づいてきた男が男性の首に腕を回して右脇腹に何かを突きつけた。
男は「金もってねえか?」と脅迫し、男性から現金2000円と携帯電話を奪い逃走した。
すると約40分後、今度は女性が狙われた。現場は、男性が襲われた場所からわずか50メートルほどの歩道。
午後7時40分ごろ、男が30代の女性の顔に包丁を突きつけ金を出せと要求。女性が抵抗すると、男は何も取らずに逃走したという。女性は右手にけがをした。
刃物を持った男が逃走していることに、付近の住民からは不安の声が上がっている。
2人の子供をもつ女性:学校終わりによく集まってみんな遊んでいるので、危ないですね。怖いですね。
小学生の子供をもつ女性:学校からメールが来てましたね。天気がいいとよく遊ばせる公園なので、いやもうびっくりしました。
逃げた男の年齢は30代から50代くらい、身長は170センチから180センチほどで小太り。上下黒の服だったという。
警察は同一犯とみて男の行方を追っている。
(「イット!」 9月6日放送分より)