コロナで子供の学力格差が拡大 塾通いの有無で加速する「分断」

たとえ環境に恵まれなくても、努力すれば未来は開ける。なぜ勉強するの? なぜ練習するの? と問われたとき、大人はたぶんそう答えるだろう。だが、新型コロナウイルスの感染拡大によって、大人にはそう答えられる余裕がなくなってきた。急速に悪化する家計が子供の学力に影響を及ぼし、さらに子供同士で差別感情を抱かせ始めている過酷な現実について、ライターの森鷹久氏がレポートする。
【写真】オンライン学習
* * * 新型コロナウイルスの子供への感染が広がるなか、新学期が始まることを思い、親たちは落ち着かない日々を過ごしている。自分の子供だけはなんとしてでも守りたい、というのが親心ならば、自分の子供だけにはどうにか勉強をさせたい、スポーツをさせたい、と思うのも、やはり親心である。そんな親心が、コロナ禍に見舞われた子供達の環境を、歪に変貌させている。東京都内の学習塾関係者が打ち明ける。
「コロナ禍で、子供たちの学力や体力に明らかな差が出てきています。当校は比較的授業料も高く、教育に熱心な親御さんが多いため、感染対策で授業がなくなっても、子供用のパソコンやタブレットを買い与え、すぐにリモート授業環境を整えられる方ばかり。コロナ禍による授業の遅れもあり詰め込んだスケジュールになっていますが、その分、塾に通えている子供達の学習スピードは早いんです」(都内の学習塾関係者)
問題は、家計に余裕がないなどの理由で、塾に行けない子供の存在だ。休校や短縮授業によって大幅な学習遅れが発生しているという学校も少なくない。そのような環境にあって、塾に行かず、学習の機会が学校だけという子供たちは、目に見えて学力が低下しているというのだ。「そうした家庭は、親御さんが非正規社員などで収入も低く、コロナ禍であっても仕事は休めない。だから、子供の面倒を見る時間も余裕もなく、結果的に子供は置き去りにされています。そんな家庭環境では、よほど勉強が好きでない限り、子供が自発的に学習に取り込むことはほぼないと言っていいでしょう」(都内の学習塾関係者) こうした「格差」の傾向はすでに顕在化していて、以前、筆者は取材し記事にしている。たとえば、塾に通っていた生徒でも、両親がコロナの影響で収入が減ったため塾の授業数を減らさざるを得ず、学習機会を奪われるような事態も起きていた。あの後、子供たちを取り巻く環境はますます過酷になっていた。「富めるものはますます富み……ではないですが、余裕のある家庭の子供はコロナ禍だろうが勉強も遊びもなんでもできて、余裕のない家庭の子供は勉強も遊ぶこともできない。たとえ学習意欲がある子でも、そうした環境に陥れば、成績は確実に落ちます」 こう話すのは、東京都内の学習塾経営・松尾隆さん(仮名・40代)。商店街に位置する地域に根ざした中堅規模の学習塾で、授業料も手頃だからか、あまり学習意欲の高くない子たちが「なんとなく通う」ような場所だった。しかし、コロナ禍が続き、生徒の親たちが経済的に困窮し始めると、子供たちの様子は一変した。「土地柄、飲食店経営など商売をしている親御さんが多かったせいか、塾を辞めたり、授業数を減らす子供達が出てきたんです。事情が事情だから、授業料を据え置きにするなどして対応してきましたが、それでも親御さんが店を畳んだりして、塾を辞めていく子もいました。この頃からでしょうか、子供たちの中に、妙なヒエラルキーが生まれたような気がします」(松尾さん) 塾の生徒のうち、家が裕福だったり、コロナの影響をほとんど受けていない家庭の子供たちが、授業にあまり来られなくなったり、辞めていく生徒に対して軽蔑するような目を向け始めたのである。「生活に心配がない家庭の子達は、塾の他にも有料の学習アプリで勉強したり、親たちのバックアップをしっかり受けている。そうでない子は、裕福な子達を羨ましそうに見ている。まさに『格差』を目の当たりにしたような気分でした」(松尾さん) 大人でも「格差」を感じた瞬間、人間関係はどうしても歪んでしまう。それが子供なら尚のことで、塾に通えなくなったことは、親の収入の多寡が関係しているとすぐに察し、誰が有利で誰が不利なのかを感じ取る。現状、そこで「いじめ」が起きているわけではないというが、子供達の世界でも「分断」が起き始めているのではないかと危惧しているという。 また、学力だけでなく体力も同様で、両親がコロナ禍に翻弄されていることでずっと自宅に閉じこもり、夏休みの間、全く運動をしないという子供も出始めている。コロナ禍が終われば、全てが解決される、という風潮もあるが、すでに取り返しがつかないほどの「格差」が出現している可能性も高い。 どこにもいけない、遊べない子どもたちにとっては退屈だった夏休みが終わり、新学期が始まった。だが、大人だけでなく子供も含めたコロナ感染拡大が止まらない場合は、休校になったり短縮授業になる可能性もあるだろう。そうなれば、生まれつつある格差は際限なく広がっていくのは自明だ。だが、こうした子供達の機微に気づけないくらいに、今は大人たち自身に余裕がなくなっているのだ。
「そうした家庭は、親御さんが非正規社員などで収入も低く、コロナ禍であっても仕事は休めない。だから、子供の面倒を見る時間も余裕もなく、結果的に子供は置き去りにされています。そんな家庭環境では、よほど勉強が好きでない限り、子供が自発的に学習に取り込むことはほぼないと言っていいでしょう」(都内の学習塾関係者) こうした「格差」の傾向はすでに顕在化していて、以前、筆者は取材し記事にしている。たとえば、塾に通っていた生徒でも、両親がコロナの影響で収入が減ったため塾の授業数を減らさざるを得ず、学習機会を奪われるような事態も起きていた。あの後、子供たちを取り巻く環境はますます過酷になっていた。「富めるものはますます富み……ではないですが、余裕のある家庭の子供はコロナ禍だろうが勉強も遊びもなんでもできて、余裕のない家庭の子供は勉強も遊ぶこともできない。たとえ学習意欲がある子でも、そうした環境に陥れば、成績は確実に落ちます」 こう話すのは、東京都内の学習塾経営・松尾隆さん(仮名・40代)。商店街に位置する地域に根ざした中堅規模の学習塾で、授業料も手頃だからか、あまり学習意欲の高くない子たちが「なんとなく通う」ような場所だった。しかし、コロナ禍が続き、生徒の親たちが経済的に困窮し始めると、子供たちの様子は一変した。「土地柄、飲食店経営など商売をしている親御さんが多かったせいか、塾を辞めたり、授業数を減らす子供達が出てきたんです。事情が事情だから、授業料を据え置きにするなどして対応してきましたが、それでも親御さんが店を畳んだりして、塾を辞めていく子もいました。この頃からでしょうか、子供たちの中に、妙なヒエラルキーが生まれたような気がします」(松尾さん) 塾の生徒のうち、家が裕福だったり、コロナの影響をほとんど受けていない家庭の子供たちが、授業にあまり来られなくなったり、辞めていく生徒に対して軽蔑するような目を向け始めたのである。「生活に心配がない家庭の子達は、塾の他にも有料の学習アプリで勉強したり、親たちのバックアップをしっかり受けている。そうでない子は、裕福な子達を羨ましそうに見ている。まさに『格差』を目の当たりにしたような気分でした」(松尾さん) 大人でも「格差」を感じた瞬間、人間関係はどうしても歪んでしまう。それが子供なら尚のことで、塾に通えなくなったことは、親の収入の多寡が関係しているとすぐに察し、誰が有利で誰が不利なのかを感じ取る。現状、そこで「いじめ」が起きているわけではないというが、子供達の世界でも「分断」が起き始めているのではないかと危惧しているという。 また、学力だけでなく体力も同様で、両親がコロナ禍に翻弄されていることでずっと自宅に閉じこもり、夏休みの間、全く運動をしないという子供も出始めている。コロナ禍が終われば、全てが解決される、という風潮もあるが、すでに取り返しがつかないほどの「格差」が出現している可能性も高い。 どこにもいけない、遊べない子どもたちにとっては退屈だった夏休みが終わり、新学期が始まった。だが、大人だけでなく子供も含めたコロナ感染拡大が止まらない場合は、休校になったり短縮授業になる可能性もあるだろう。そうなれば、生まれつつある格差は際限なく広がっていくのは自明だ。だが、こうした子供達の機微に気づけないくらいに、今は大人たち自身に余裕がなくなっているのだ。
こうした「格差」の傾向はすでに顕在化していて、以前、筆者は取材し記事にしている。たとえば、塾に通っていた生徒でも、両親がコロナの影響で収入が減ったため塾の授業数を減らさざるを得ず、学習機会を奪われるような事態も起きていた。あの後、子供たちを取り巻く環境はますます過酷になっていた。「富めるものはますます富み……ではないですが、余裕のある家庭の子供はコロナ禍だろうが勉強も遊びもなんでもできて、余裕のない家庭の子供は勉強も遊ぶこともできない。たとえ学習意欲がある子でも、そうした環境に陥れば、成績は確実に落ちます」 こう話すのは、東京都内の学習塾経営・松尾隆さん(仮名・40代)。商店街に位置する地域に根ざした中堅規模の学習塾で、授業料も手頃だからか、あまり学習意欲の高くない子たちが「なんとなく通う」ような場所だった。しかし、コロナ禍が続き、生徒の親たちが経済的に困窮し始めると、子供たちの様子は一変した。「土地柄、飲食店経営など商売をしている親御さんが多かったせいか、塾を辞めたり、授業数を減らす子供達が出てきたんです。事情が事情だから、授業料を据え置きにするなどして対応してきましたが、それでも親御さんが店を畳んだりして、塾を辞めていく子もいました。この頃からでしょうか、子供たちの中に、妙なヒエラルキーが生まれたような気がします」(松尾さん) 塾の生徒のうち、家が裕福だったり、コロナの影響をほとんど受けていない家庭の子供たちが、授業にあまり来られなくなったり、辞めていく生徒に対して軽蔑するような目を向け始めたのである。「生活に心配がない家庭の子達は、塾の他にも有料の学習アプリで勉強したり、親たちのバックアップをしっかり受けている。そうでない子は、裕福な子達を羨ましそうに見ている。まさに『格差』を目の当たりにしたような気分でした」(松尾さん) 大人でも「格差」を感じた瞬間、人間関係はどうしても歪んでしまう。それが子供なら尚のことで、塾に通えなくなったことは、親の収入の多寡が関係しているとすぐに察し、誰が有利で誰が不利なのかを感じ取る。現状、そこで「いじめ」が起きているわけではないというが、子供達の世界でも「分断」が起き始めているのではないかと危惧しているという。 また、学力だけでなく体力も同様で、両親がコロナ禍に翻弄されていることでずっと自宅に閉じこもり、夏休みの間、全く運動をしないという子供も出始めている。コロナ禍が終われば、全てが解決される、という風潮もあるが、すでに取り返しがつかないほどの「格差」が出現している可能性も高い。 どこにもいけない、遊べない子どもたちにとっては退屈だった夏休みが終わり、新学期が始まった。だが、大人だけでなく子供も含めたコロナ感染拡大が止まらない場合は、休校になったり短縮授業になる可能性もあるだろう。そうなれば、生まれつつある格差は際限なく広がっていくのは自明だ。だが、こうした子供達の機微に気づけないくらいに、今は大人たち自身に余裕がなくなっているのだ。
「富めるものはますます富み……ではないですが、余裕のある家庭の子供はコロナ禍だろうが勉強も遊びもなんでもできて、余裕のない家庭の子供は勉強も遊ぶこともできない。たとえ学習意欲がある子でも、そうした環境に陥れば、成績は確実に落ちます」 こう話すのは、東京都内の学習塾経営・松尾隆さん(仮名・40代)。商店街に位置する地域に根ざした中堅規模の学習塾で、授業料も手頃だからか、あまり学習意欲の高くない子たちが「なんとなく通う」ような場所だった。しかし、コロナ禍が続き、生徒の親たちが経済的に困窮し始めると、子供たちの様子は一変した。「土地柄、飲食店経営など商売をしている親御さんが多かったせいか、塾を辞めたり、授業数を減らす子供達が出てきたんです。事情が事情だから、授業料を据え置きにするなどして対応してきましたが、それでも親御さんが店を畳んだりして、塾を辞めていく子もいました。この頃からでしょうか、子供たちの中に、妙なヒエラルキーが生まれたような気がします」(松尾さん) 塾の生徒のうち、家が裕福だったり、コロナの影響をほとんど受けていない家庭の子供たちが、授業にあまり来られなくなったり、辞めていく生徒に対して軽蔑するような目を向け始めたのである。「生活に心配がない家庭の子達は、塾の他にも有料の学習アプリで勉強したり、親たちのバックアップをしっかり受けている。そうでない子は、裕福な子達を羨ましそうに見ている。まさに『格差』を目の当たりにしたような気分でした」(松尾さん) 大人でも「格差」を感じた瞬間、人間関係はどうしても歪んでしまう。それが子供なら尚のことで、塾に通えなくなったことは、親の収入の多寡が関係しているとすぐに察し、誰が有利で誰が不利なのかを感じ取る。現状、そこで「いじめ」が起きているわけではないというが、子供達の世界でも「分断」が起き始めているのではないかと危惧しているという。 また、学力だけでなく体力も同様で、両親がコロナ禍に翻弄されていることでずっと自宅に閉じこもり、夏休みの間、全く運動をしないという子供も出始めている。コロナ禍が終われば、全てが解決される、という風潮もあるが、すでに取り返しがつかないほどの「格差」が出現している可能性も高い。 どこにもいけない、遊べない子どもたちにとっては退屈だった夏休みが終わり、新学期が始まった。だが、大人だけでなく子供も含めたコロナ感染拡大が止まらない場合は、休校になったり短縮授業になる可能性もあるだろう。そうなれば、生まれつつある格差は際限なく広がっていくのは自明だ。だが、こうした子供達の機微に気づけないくらいに、今は大人たち自身に余裕がなくなっているのだ。
こう話すのは、東京都内の学習塾経営・松尾隆さん(仮名・40代)。商店街に位置する地域に根ざした中堅規模の学習塾で、授業料も手頃だからか、あまり学習意欲の高くない子たちが「なんとなく通う」ような場所だった。しかし、コロナ禍が続き、生徒の親たちが経済的に困窮し始めると、子供たちの様子は一変した。「土地柄、飲食店経営など商売をしている親御さんが多かったせいか、塾を辞めたり、授業数を減らす子供達が出てきたんです。事情が事情だから、授業料を据え置きにするなどして対応してきましたが、それでも親御さんが店を畳んだりして、塾を辞めていく子もいました。この頃からでしょうか、子供たちの中に、妙なヒエラルキーが生まれたような気がします」(松尾さん) 塾の生徒のうち、家が裕福だったり、コロナの影響をほとんど受けていない家庭の子供たちが、授業にあまり来られなくなったり、辞めていく生徒に対して軽蔑するような目を向け始めたのである。「生活に心配がない家庭の子達は、塾の他にも有料の学習アプリで勉強したり、親たちのバックアップをしっかり受けている。そうでない子は、裕福な子達を羨ましそうに見ている。まさに『格差』を目の当たりにしたような気分でした」(松尾さん) 大人でも「格差」を感じた瞬間、人間関係はどうしても歪んでしまう。それが子供なら尚のことで、塾に通えなくなったことは、親の収入の多寡が関係しているとすぐに察し、誰が有利で誰が不利なのかを感じ取る。現状、そこで「いじめ」が起きているわけではないというが、子供達の世界でも「分断」が起き始めているのではないかと危惧しているという。 また、学力だけでなく体力も同様で、両親がコロナ禍に翻弄されていることでずっと自宅に閉じこもり、夏休みの間、全く運動をしないという子供も出始めている。コロナ禍が終われば、全てが解決される、という風潮もあるが、すでに取り返しがつかないほどの「格差」が出現している可能性も高い。 どこにもいけない、遊べない子どもたちにとっては退屈だった夏休みが終わり、新学期が始まった。だが、大人だけでなく子供も含めたコロナ感染拡大が止まらない場合は、休校になったり短縮授業になる可能性もあるだろう。そうなれば、生まれつつある格差は際限なく広がっていくのは自明だ。だが、こうした子供達の機微に気づけないくらいに、今は大人たち自身に余裕がなくなっているのだ。
「土地柄、飲食店経営など商売をしている親御さんが多かったせいか、塾を辞めたり、授業数を減らす子供達が出てきたんです。事情が事情だから、授業料を据え置きにするなどして対応してきましたが、それでも親御さんが店を畳んだりして、塾を辞めていく子もいました。この頃からでしょうか、子供たちの中に、妙なヒエラルキーが生まれたような気がします」(松尾さん) 塾の生徒のうち、家が裕福だったり、コロナの影響をほとんど受けていない家庭の子供たちが、授業にあまり来られなくなったり、辞めていく生徒に対して軽蔑するような目を向け始めたのである。「生活に心配がない家庭の子達は、塾の他にも有料の学習アプリで勉強したり、親たちのバックアップをしっかり受けている。そうでない子は、裕福な子達を羨ましそうに見ている。まさに『格差』を目の当たりにしたような気分でした」(松尾さん) 大人でも「格差」を感じた瞬間、人間関係はどうしても歪んでしまう。それが子供なら尚のことで、塾に通えなくなったことは、親の収入の多寡が関係しているとすぐに察し、誰が有利で誰が不利なのかを感じ取る。現状、そこで「いじめ」が起きているわけではないというが、子供達の世界でも「分断」が起き始めているのではないかと危惧しているという。 また、学力だけでなく体力も同様で、両親がコロナ禍に翻弄されていることでずっと自宅に閉じこもり、夏休みの間、全く運動をしないという子供も出始めている。コロナ禍が終われば、全てが解決される、という風潮もあるが、すでに取り返しがつかないほどの「格差」が出現している可能性も高い。 どこにもいけない、遊べない子どもたちにとっては退屈だった夏休みが終わり、新学期が始まった。だが、大人だけでなく子供も含めたコロナ感染拡大が止まらない場合は、休校になったり短縮授業になる可能性もあるだろう。そうなれば、生まれつつある格差は際限なく広がっていくのは自明だ。だが、こうした子供達の機微に気づけないくらいに、今は大人たち自身に余裕がなくなっているのだ。
塾の生徒のうち、家が裕福だったり、コロナの影響をほとんど受けていない家庭の子供たちが、授業にあまり来られなくなったり、辞めていく生徒に対して軽蔑するような目を向け始めたのである。「生活に心配がない家庭の子達は、塾の他にも有料の学習アプリで勉強したり、親たちのバックアップをしっかり受けている。そうでない子は、裕福な子達を羨ましそうに見ている。まさに『格差』を目の当たりにしたような気分でした」(松尾さん) 大人でも「格差」を感じた瞬間、人間関係はどうしても歪んでしまう。それが子供なら尚のことで、塾に通えなくなったことは、親の収入の多寡が関係しているとすぐに察し、誰が有利で誰が不利なのかを感じ取る。現状、そこで「いじめ」が起きているわけではないというが、子供達の世界でも「分断」が起き始めているのではないかと危惧しているという。 また、学力だけでなく体力も同様で、両親がコロナ禍に翻弄されていることでずっと自宅に閉じこもり、夏休みの間、全く運動をしないという子供も出始めている。コロナ禍が終われば、全てが解決される、という風潮もあるが、すでに取り返しがつかないほどの「格差」が出現している可能性も高い。 どこにもいけない、遊べない子どもたちにとっては退屈だった夏休みが終わり、新学期が始まった。だが、大人だけでなく子供も含めたコロナ感染拡大が止まらない場合は、休校になったり短縮授業になる可能性もあるだろう。そうなれば、生まれつつある格差は際限なく広がっていくのは自明だ。だが、こうした子供達の機微に気づけないくらいに、今は大人たち自身に余裕がなくなっているのだ。
「生活に心配がない家庭の子達は、塾の他にも有料の学習アプリで勉強したり、親たちのバックアップをしっかり受けている。そうでない子は、裕福な子達を羨ましそうに見ている。まさに『格差』を目の当たりにしたような気分でした」(松尾さん) 大人でも「格差」を感じた瞬間、人間関係はどうしても歪んでしまう。それが子供なら尚のことで、塾に通えなくなったことは、親の収入の多寡が関係しているとすぐに察し、誰が有利で誰が不利なのかを感じ取る。現状、そこで「いじめ」が起きているわけではないというが、子供達の世界でも「分断」が起き始めているのではないかと危惧しているという。 また、学力だけでなく体力も同様で、両親がコロナ禍に翻弄されていることでずっと自宅に閉じこもり、夏休みの間、全く運動をしないという子供も出始めている。コロナ禍が終われば、全てが解決される、という風潮もあるが、すでに取り返しがつかないほどの「格差」が出現している可能性も高い。 どこにもいけない、遊べない子どもたちにとっては退屈だった夏休みが終わり、新学期が始まった。だが、大人だけでなく子供も含めたコロナ感染拡大が止まらない場合は、休校になったり短縮授業になる可能性もあるだろう。そうなれば、生まれつつある格差は際限なく広がっていくのは自明だ。だが、こうした子供達の機微に気づけないくらいに、今は大人たち自身に余裕がなくなっているのだ。
大人でも「格差」を感じた瞬間、人間関係はどうしても歪んでしまう。それが子供なら尚のことで、塾に通えなくなったことは、親の収入の多寡が関係しているとすぐに察し、誰が有利で誰が不利なのかを感じ取る。現状、そこで「いじめ」が起きているわけではないというが、子供達の世界でも「分断」が起き始めているのではないかと危惧しているという。 また、学力だけでなく体力も同様で、両親がコロナ禍に翻弄されていることでずっと自宅に閉じこもり、夏休みの間、全く運動をしないという子供も出始めている。コロナ禍が終われば、全てが解決される、という風潮もあるが、すでに取り返しがつかないほどの「格差」が出現している可能性も高い。 どこにもいけない、遊べない子どもたちにとっては退屈だった夏休みが終わり、新学期が始まった。だが、大人だけでなく子供も含めたコロナ感染拡大が止まらない場合は、休校になったり短縮授業になる可能性もあるだろう。そうなれば、生まれつつある格差は際限なく広がっていくのは自明だ。だが、こうした子供達の機微に気づけないくらいに、今は大人たち自身に余裕がなくなっているのだ。
また、学力だけでなく体力も同様で、両親がコロナ禍に翻弄されていることでずっと自宅に閉じこもり、夏休みの間、全く運動をしないという子供も出始めている。コロナ禍が終われば、全てが解決される、という風潮もあるが、すでに取り返しがつかないほどの「格差」が出現している可能性も高い。 どこにもいけない、遊べない子どもたちにとっては退屈だった夏休みが終わり、新学期が始まった。だが、大人だけでなく子供も含めたコロナ感染拡大が止まらない場合は、休校になったり短縮授業になる可能性もあるだろう。そうなれば、生まれつつある格差は際限なく広がっていくのは自明だ。だが、こうした子供達の機微に気づけないくらいに、今は大人たち自身に余裕がなくなっているのだ。
どこにもいけない、遊べない子どもたちにとっては退屈だった夏休みが終わり、新学期が始まった。だが、大人だけでなく子供も含めたコロナ感染拡大が止まらない場合は、休校になったり短縮授業になる可能性もあるだろう。そうなれば、生まれつつある格差は際限なく広がっていくのは自明だ。だが、こうした子供達の機微に気づけないくらいに、今は大人たち自身に余裕がなくなっているのだ。