警視庁巡査部長逮捕「全く覚えていない」酒に酔い牛丼店店員投げつけ腹蹴る

警視庁の巡査部長が、酒に酔って、牛丼店の店員を暴行した現行犯で逮捕された。
警視庁西新井署巡査部長の瀬月内恵太容疑者(42)は、5日午後9時40分ごろ、東京・江東区で、牛丼チェーン店の男性店員(50代)を路上に投げつけ、腹をけるなどして、暴行した現行犯で逮捕された。
瀬月内容疑者は、酒に酔って、店の券売機をけって外に出たため、店員が追いかけたところ犯行に及び、「前日の宿直で事案がなく、ほっとした。家で酒を飲んだが、まったく覚えていない」と供述しているという。