飲食店店員を路上に投げつけ 暴行容疑で警視庁巡査部長を逮捕

飲食店店員を路上に投げつけたなどとして、警視庁は暴行の疑いで同庁西新井署刑事組織犯罪対策課の巡査部長、瀬月内(せつきない)恵太容疑者(42)=東京都江戸川区東葛西=を現行犯逮捕した。
同庁によると、瀬月内容疑者は「覚えていません」と容疑を否認している。
逮捕容疑は5日午後9時40分ごろ、江東区内の牛丼店前で、50代の男性店員を路上に投げつけ、左腹を蹴るなどの暴行を加えたとしている。
同庁によると、瀬月内容疑者は宿直を終えた後、5日午後1時ごろから自宅で飲酒。同日午後9時半ごろ、自宅から5キロほど離れた牛丼店に入店後、券売機を蹴って外に出たため、男性店員が後を追いかけたところ、犯行に及んだという。
瀬月内容疑者からは、呼気1リットル当たり0・88ミリグラムのアルコールが検出され、逮捕当時は酩酊(めいてい)状態だったという。同庁で詳しい状況を調べている。
警視庁の堺瑞崇(さかい・みずたか)警務部参事官は「職員が逮捕される事態となり誠に遺憾。今後の捜査結果を踏まえて適切に処分したい」とコメントした。