面接官をバカにして怒鳴りつける50代男性応募者「なんで俺があんたみたいな若い女に面接されなきゃならないんだ」 面接での信じられないエピソード

就活・転職時の面接では、面接を受ける側なのに「罵倒された」というケースがあるようだ。キャリコネニュース編集部にから、神奈川県の40代女性から、こんな声が届いた。(文:草茅葉菜)
※キャリコネニュースでは面接をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/74FZSHAJ「日本の男尊女卑、年功序列がまだまだ根付いているんだと感じた」
女性は30代前半だった自分が「面接官」に起用された時の経験を語っている。
「私は当時、外資系の会社に務めていました。自分が参加していたプロジェクトが人手不足となったため、そのプロジェクトが終わるまで派遣社員を雇うことになり、その採用面接官に起用されました」
よくあるシチュエーションだ。しかし衝撃的な事件はここから幕を開ける。
「そこに50代男性と派遣会社の担当者が面接に来ました。そして私と同僚の日本語がわかる外国人の4人で面接を開始。私がお座りくださいと言うと『まさかあんたが面接するの?』と言われ、そのとおりですと伝えたら『なんで俺があんたみたいな若い女に面接されなきゃならないんだ』と怒鳴られました」
50歳でそれとは……。面接官が「年下」だから「女性」だからと怒っていたら、採用されるわけもない。こんな人を外資系企業に連れて来なくてはならないとは、派遣会社の人も大変だ。ただ、派遣の場合、事前面接は原則的に禁止されている。女性は「その男性には帰っていただき採用はしませんでしたが、いわゆる日本の男尊女卑、年功序列がまだまだ根付いているんだと感じた一件でした」と締めくくっている。
女性は「その男性には帰っていただき採用はしませんでしたが、いわゆる日本の男尊女卑、年功序列がまだまだ根付いているんだと感じた一件でした」と締めくくっている。