研究人生狂わすハラスメント 「リケジョ」が遭いやすい事情とは

差別的な発言や理不尽な態度といった研究室内のハラスメントは、研究者人生を左右する。
とくに女性や若手など、立場の弱い人は被害に遭いやすい。ハラスメントが起きる背景にはどのような事情があるのか。
広島大学ハラスメント相談室の北仲千里准教授(社会学)は、理系の女性研究者はまだ少なく、研究室などで「紅一点」となることが少なくないと指摘する。
そのため男性の上司や同僚の誘いかけの対象になりやすく、セクシュアルハラスメントに遭う確率が高いという。
実験をする研究室では、夜遅くまで研究室に残ったり、泊まり込んだりすることもある。「理系女性に話を聞くと、研究を続けたかったら、セクハラをサバイブ(生き残り)しなければいけない、とよく言っている」
このような環境では、妊娠、出産に関わるマタニティー・ハラスメントも起きやすい。男性の上司は産休や育休といった制度に疎いことが多いため、配慮に欠けた発言や行動に結びつくことがある。
上司が女性でも、厳しい環境で研究と子育てを両立してきた自身の経験から、後輩にも同じことを求めるケースもある。 研究や指導の際に、優位な立場にいる人が理不尽な嫌がらせを行うアカデミック・ハラスメントが起きる背景は、さらに複雑だ。 NPO「アカデミック・ハラスメントをなくすネットワーク」は、アカハラについての相談受け付けや、啓発活動をしている。 代表理事の御輿(おごし)久美子さんは「嫌がらせの意図を持っているかどうかは関係ない。主に立場が上の人から下の人に向けて起こるが、状況によっては逆もあり、同じ人が加害者にも被害者にもなり得る」と話す。 アカハラの件数についての統計はないが、同NPOには年間300件以上の新規の相談が持ち込まれるという。 御輿さんは理系の特徴として、長い拘束時間を挙げる。朝早くから夜遅くまで研究室にいなければいけないというルールを課し、土日も出てくることを求める教員もおり、過労で心身のバランスを崩す人もいる。
研究や指導の際に、優位な立場にいる人が理不尽な嫌がらせを行うアカデミック・ハラスメントが起きる背景は、さらに複雑だ。 NPO「アカデミック・ハラスメントをなくすネットワーク」は、アカハラについての相談受け付けや、啓発活動をしている。 代表理事の御輿(おごし)久美子さんは「嫌がらせの意図を持っているかどうかは関係ない。主に立場が上の人から下の人に向けて起こるが、状況によっては逆もあり、同じ人が加害者にも被害者にもなり得る」と話す。 アカハラの件数についての統計はないが、同NPOには年間300件以上の新規の相談が持ち込まれるという。 御輿さんは理系の特徴として、長い拘束時間を挙げる。朝早くから夜遅くまで研究室にいなければいけないというルールを課し、土日も出てくることを求める教員もおり、過労で心身のバランスを崩す人もいる。
NPO「アカデミック・ハラスメントをなくすネットワーク」は、アカハラについての相談受け付けや、啓発活動をしている。 代表理事の御輿(おごし)久美子さんは「嫌がらせの意図を持っているかどうかは関係ない。主に立場が上の人から下の人に向けて起こるが、状況によっては逆もあり、同じ人が加害者にも被害者にもなり得る」と話す。 アカハラの件数についての統計はないが、同NPOには年間300件以上の新規の相談が持ち込まれるという。 御輿さんは理系の特徴として、長い拘束時間を挙げる。朝早くから夜遅くまで研究室にいなければいけないというルールを課し、土日も出てくることを求める教員もおり、過労で心身のバランスを崩す人もいる。
代表理事の御輿(おごし)久美子さんは「嫌がらせの意図を持っているかどうかは関係ない。主に立場が上の人から下の人に向けて起こるが、状況によっては逆もあり、同じ人が加害者にも被害者にもなり得る」と話す。 アカハラの件数についての統計はないが、同NPOには年間300件以上の新規の相談が持ち込まれるという。 御輿さんは理系の特徴として、長い拘束時間を挙げる。朝早くから夜遅くまで研究室にいなければいけないというルールを課し、土日も出てくることを求める教員もおり、過労で心身のバランスを崩す人もいる。
アカハラの件数についての統計はないが、同NPOには年間300件以上の新規の相談が持ち込まれるという。 御輿さんは理系の特徴として、長い拘束時間を挙げる。朝早くから夜遅くまで研究室にいなければいけないというルールを課し、土日も出てくることを求める教員もおり、過労で心身のバランスを崩す人もいる。
御輿さんは理系の特徴として、長い拘束時間を挙げる。朝早くから夜遅くまで研究室にいなければいけないというルールを課し、土日も出てくることを求める教員もおり、過労で心身のバランスを崩す人もいる。