日本はなぜ「左側通行」を採用? 政治家の「なんとなく」が理由だった? 世界で多数派の「右側通行」にも理由が存在

日本の交通ルールでは、道路交通法第17条4項に「クルマは中央から左側を通行しなければならない」と定められており、基本的に車両などは左側を通行するよう決められています。  しかし、世界では右側通行を採用する国が多いなか、なぜ日本は左側通行と決められているのでしょうか。
JAFのホームページでは「日本における車両は左側通行をすることが定められており、これは1949年に施行された道路交通法によるものです」と記載があります。実際にJAFの広報担当者は、以下のように話します。
【画像】これは迷う! パッと見、理解不能な交差点がスゴい!(13枚)
「ホームページにある通り、もともと法律で左側通行と定められていました。
法律で定められる以前は、警視庁の通達で左側通行と決まっていたようです。
なぜ右側ではなく左側なのかという内容については、根拠がないため弊社では回答ができません」
日本が左側通行を採用している理由についての詳細の回答は得られませんでしたが、歴史をたどっていくといくつかの明らかな理由が見えてきました。
今から120年以上前の、1900年に道路取締規則が制定され、「松井茂」という人物が左側通行するように決めたといわれています。 この松井茂氏は、日清戦争直後から内務省に入閣し、警察と消防行政の基礎を築いた人物として国立国会図書館の人事興信録7版に記載されています。 松井茂氏は左側通行とした理由について警察協会雑誌に、「特別な理由や研究に基づいたものではなく、武士が左側を通っていたという説や、馬車が行き交うときに左側に避けていたことなどを踏まえ、なんとなく左側通行が良いと考えた」と述べています。 それでは、なぜ1900年に道路取締規制が制定されたのでしょうか。 当時の明治、大正、昭和初期の交通手段が、バスやタクシー、路面電車といった交通手段のほか、個人の移動手段として馬や馬車から自転車、バイク、自動車へ大きく転換が進んだことが大きな理由と考えられています。 当時の様子が紀要論文「明治・大正・昭和初期の道路交通史」に記されています。 それによれば、道路では多くの交通手段が入り乱れ、交通の危険が高まったことから行政が本格的に法律整備に着手します。 しかし、新たな交通手段が増えてきたとはいえ、地域により交通の発展状況がまちまちであったことから、当初は都道府県ごとに検討・設定していました。 そして、馬車、人力車、自転車の各規則が制定され、1900年に人も馬なども原則左側通行するよう警視庁が制定するに至ったと記載されています。 ここで今と違うのは、人も左側通行であったことです。 現代のように人は右側通行、クルマは左側通行と決まったことについては、道路交通政策について記述された、「道路交通政策史概観」に記載されています。 それによれば、戦後の1947年にGHQ(占領軍最高司令部)のもと、旧省令が廃止され新憲法が制定されたとあります。 そして、新憲法が制定されると道路交通取締法が1949年に改正され、人は右、クルマは左と対面通行が導入されたようです。 ただ、当時GHQは、馬の右側通行を強く主張していましたが、日本側としては、道路や乗り物の整備に天文学的な費用と、長期的な時間がかかることを上げて反論し、GHQの要請を退けたようです。 このように、ここで定められた法令が、自動車時代を迎えつつあった1960年に現在の道路交通法に続く道路交通法に受け継がれます。 そして現在もクルマは左側通行、人は右側通行という、対面通行の交通法規が続いています。 歴史的資料を見ると、左側をクルマが走ることを決めたのは、特別な理由がないということでしたが、それ以前に道路を往来する人や馬などは左側を走っていたことが大きな理由だったと考えられるでしょう。海外で右側通行の理由はキリストの教えが関係? 国内ではクルマは左側通行ですが、一方で海外の多くは右側通行をとっています。 実はこの右側通行にいたる理由は、古代ローマの馬車競走までさかのぼるといわれています。 世界的に右利きの人が多くいますが、古代ローマでも右利きが一般的でした。 そのため、古代ローマでは右手でムチをふるい、左手で手綱を引いて馬車競争をしていたことが、イタリアのフォリーニョ博物館に展示してある彫刻にも刻まれており、また競技している様子も反時計回りで競走がおこなわれていたことが彫刻に刻まれています。 この反時計回りが、現在の交通にも受け継がれていると考えられています。 そして、この反時計回りと時計回りは宗教と深い関係があり、反時計回りはカトリック教徒がおもな宗教で、われわれ日本人の仏教は時計回りといわれています。 反時計回りの例を上げると、巡礼する場所では、反時計回りのカトリックでは右から入り、左から出てくる順路をとります。 これが現在にいたる右側通行の始まりといわれており、これはラウンドアバウト(環状交差点)の走行を考えればわかります。海外では半時計回り(右側通行)が多いラウンドアバウトだが、日本では時計回り(左側通行)になっている 反時計回りなら、道路の右側から入り、時計回りなら左側から入ります。 しかし、右側通行にも試練がありました。 それは18世紀のフランス革命のときに、反カトリック派が左側通行はカトリックの教えなので左側通行に変更しなさいというものでした。 当然当時の軍隊もそれにならい、左側から攻撃を仕掛ける戦法が取られましたが、ナポレオンが右側からの攻撃をおこない、大きな戦果を上げるとフランス軍は右側からの攻撃に加え、右側通行するようになったといわれています。 その後フランスは、多くの地域を植民地に変えていきますが、その時に左側通行していた地域も右側通行を導入するようになったといわれています。 しかし、ヨーロッパの中で島国の英国はナポレオンからの侵略をまぬがれていたこともあり、左側通行がそのまま残って現在に至っているのではないかとされています。 一方アメリカはイギリスの植民地時代があったわけですが、独立戦争後にイギリスからの植民地時代の影響を捨て去る気持ちが強かったことに加え、フランスなど右側通行諸国からの移民が多かったため、アメリカは右側通行になったといわれています。 そして、自働車時代がやってくると、アメリカで生産される左ハンドルの右側通行用の自働車が各国に多く輸出されたことから、かつて左側通行だった地域でも右側通行が導入されるようになったことが、右側通行の地域が多い理由のひとつとされています。 ただ宗教的に見ると、世界最大のカトリックの教えが大きいことも考えられるといえます。 それは聖書に次のような箇所があるからです。「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
この松井茂氏は、日清戦争直後から内務省に入閣し、警察と消防行政の基礎を築いた人物として国立国会図書館の人事興信録7版に記載されています。 松井茂氏は左側通行とした理由について警察協会雑誌に、「特別な理由や研究に基づいたものではなく、武士が左側を通っていたという説や、馬車が行き交うときに左側に避けていたことなどを踏まえ、なんとなく左側通行が良いと考えた」と述べています。 それでは、なぜ1900年に道路取締規制が制定されたのでしょうか。 当時の明治、大正、昭和初期の交通手段が、バスやタクシー、路面電車といった交通手段のほか、個人の移動手段として馬や馬車から自転車、バイク、自動車へ大きく転換が進んだことが大きな理由と考えられています。 当時の様子が紀要論文「明治・大正・昭和初期の道路交通史」に記されています。 それによれば、道路では多くの交通手段が入り乱れ、交通の危険が高まったことから行政が本格的に法律整備に着手します。 しかし、新たな交通手段が増えてきたとはいえ、地域により交通の発展状況がまちまちであったことから、当初は都道府県ごとに検討・設定していました。 そして、馬車、人力車、自転車の各規則が制定され、1900年に人も馬なども原則左側通行するよう警視庁が制定するに至ったと記載されています。 ここで今と違うのは、人も左側通行であったことです。 現代のように人は右側通行、クルマは左側通行と決まったことについては、道路交通政策について記述された、「道路交通政策史概観」に記載されています。 それによれば、戦後の1947年にGHQ(占領軍最高司令部)のもと、旧省令が廃止され新憲法が制定されたとあります。 そして、新憲法が制定されると道路交通取締法が1949年に改正され、人は右、クルマは左と対面通行が導入されたようです。 ただ、当時GHQは、馬の右側通行を強く主張していましたが、日本側としては、道路や乗り物の整備に天文学的な費用と、長期的な時間がかかることを上げて反論し、GHQの要請を退けたようです。 このように、ここで定められた法令が、自動車時代を迎えつつあった1960年に現在の道路交通法に続く道路交通法に受け継がれます。 そして現在もクルマは左側通行、人は右側通行という、対面通行の交通法規が続いています。 歴史的資料を見ると、左側をクルマが走ることを決めたのは、特別な理由がないということでしたが、それ以前に道路を往来する人や馬などは左側を走っていたことが大きな理由だったと考えられるでしょう。海外で右側通行の理由はキリストの教えが関係? 国内ではクルマは左側通行ですが、一方で海外の多くは右側通行をとっています。 実はこの右側通行にいたる理由は、古代ローマの馬車競走までさかのぼるといわれています。 世界的に右利きの人が多くいますが、古代ローマでも右利きが一般的でした。 そのため、古代ローマでは右手でムチをふるい、左手で手綱を引いて馬車競争をしていたことが、イタリアのフォリーニョ博物館に展示してある彫刻にも刻まれており、また競技している様子も反時計回りで競走がおこなわれていたことが彫刻に刻まれています。 この反時計回りが、現在の交通にも受け継がれていると考えられています。 そして、この反時計回りと時計回りは宗教と深い関係があり、反時計回りはカトリック教徒がおもな宗教で、われわれ日本人の仏教は時計回りといわれています。 反時計回りの例を上げると、巡礼する場所では、反時計回りのカトリックでは右から入り、左から出てくる順路をとります。 これが現在にいたる右側通行の始まりといわれており、これはラウンドアバウト(環状交差点)の走行を考えればわかります。海外では半時計回り(右側通行)が多いラウンドアバウトだが、日本では時計回り(左側通行)になっている 反時計回りなら、道路の右側から入り、時計回りなら左側から入ります。 しかし、右側通行にも試練がありました。 それは18世紀のフランス革命のときに、反カトリック派が左側通行はカトリックの教えなので左側通行に変更しなさいというものでした。 当然当時の軍隊もそれにならい、左側から攻撃を仕掛ける戦法が取られましたが、ナポレオンが右側からの攻撃をおこない、大きな戦果を上げるとフランス軍は右側からの攻撃に加え、右側通行するようになったといわれています。 その後フランスは、多くの地域を植民地に変えていきますが、その時に左側通行していた地域も右側通行を導入するようになったといわれています。 しかし、ヨーロッパの中で島国の英国はナポレオンからの侵略をまぬがれていたこともあり、左側通行がそのまま残って現在に至っているのではないかとされています。 一方アメリカはイギリスの植民地時代があったわけですが、独立戦争後にイギリスからの植民地時代の影響を捨て去る気持ちが強かったことに加え、フランスなど右側通行諸国からの移民が多かったため、アメリカは右側通行になったといわれています。 そして、自働車時代がやってくると、アメリカで生産される左ハンドルの右側通行用の自働車が各国に多く輸出されたことから、かつて左側通行だった地域でも右側通行が導入されるようになったことが、右側通行の地域が多い理由のひとつとされています。 ただ宗教的に見ると、世界最大のカトリックの教えが大きいことも考えられるといえます。 それは聖書に次のような箇所があるからです。「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
松井茂氏は左側通行とした理由について警察協会雑誌に、「特別な理由や研究に基づいたものではなく、武士が左側を通っていたという説や、馬車が行き交うときに左側に避けていたことなどを踏まえ、なんとなく左側通行が良いと考えた」と述べています。 それでは、なぜ1900年に道路取締規制が制定されたのでしょうか。 当時の明治、大正、昭和初期の交通手段が、バスやタクシー、路面電車といった交通手段のほか、個人の移動手段として馬や馬車から自転車、バイク、自動車へ大きく転換が進んだことが大きな理由と考えられています。 当時の様子が紀要論文「明治・大正・昭和初期の道路交通史」に記されています。 それによれば、道路では多くの交通手段が入り乱れ、交通の危険が高まったことから行政が本格的に法律整備に着手します。 しかし、新たな交通手段が増えてきたとはいえ、地域により交通の発展状況がまちまちであったことから、当初は都道府県ごとに検討・設定していました。 そして、馬車、人力車、自転車の各規則が制定され、1900年に人も馬なども原則左側通行するよう警視庁が制定するに至ったと記載されています。 ここで今と違うのは、人も左側通行であったことです。 現代のように人は右側通行、クルマは左側通行と決まったことについては、道路交通政策について記述された、「道路交通政策史概観」に記載されています。 それによれば、戦後の1947年にGHQ(占領軍最高司令部)のもと、旧省令が廃止され新憲法が制定されたとあります。 そして、新憲法が制定されると道路交通取締法が1949年に改正され、人は右、クルマは左と対面通行が導入されたようです。 ただ、当時GHQは、馬の右側通行を強く主張していましたが、日本側としては、道路や乗り物の整備に天文学的な費用と、長期的な時間がかかることを上げて反論し、GHQの要請を退けたようです。 このように、ここで定められた法令が、自動車時代を迎えつつあった1960年に現在の道路交通法に続く道路交通法に受け継がれます。 そして現在もクルマは左側通行、人は右側通行という、対面通行の交通法規が続いています。 歴史的資料を見ると、左側をクルマが走ることを決めたのは、特別な理由がないということでしたが、それ以前に道路を往来する人や馬などは左側を走っていたことが大きな理由だったと考えられるでしょう。海外で右側通行の理由はキリストの教えが関係? 国内ではクルマは左側通行ですが、一方で海外の多くは右側通行をとっています。 実はこの右側通行にいたる理由は、古代ローマの馬車競走までさかのぼるといわれています。 世界的に右利きの人が多くいますが、古代ローマでも右利きが一般的でした。 そのため、古代ローマでは右手でムチをふるい、左手で手綱を引いて馬車競争をしていたことが、イタリアのフォリーニョ博物館に展示してある彫刻にも刻まれており、また競技している様子も反時計回りで競走がおこなわれていたことが彫刻に刻まれています。 この反時計回りが、現在の交通にも受け継がれていると考えられています。 そして、この反時計回りと時計回りは宗教と深い関係があり、反時計回りはカトリック教徒がおもな宗教で、われわれ日本人の仏教は時計回りといわれています。 反時計回りの例を上げると、巡礼する場所では、反時計回りのカトリックでは右から入り、左から出てくる順路をとります。 これが現在にいたる右側通行の始まりといわれており、これはラウンドアバウト(環状交差点)の走行を考えればわかります。海外では半時計回り(右側通行)が多いラウンドアバウトだが、日本では時計回り(左側通行)になっている 反時計回りなら、道路の右側から入り、時計回りなら左側から入ります。 しかし、右側通行にも試練がありました。 それは18世紀のフランス革命のときに、反カトリック派が左側通行はカトリックの教えなので左側通行に変更しなさいというものでした。 当然当時の軍隊もそれにならい、左側から攻撃を仕掛ける戦法が取られましたが、ナポレオンが右側からの攻撃をおこない、大きな戦果を上げるとフランス軍は右側からの攻撃に加え、右側通行するようになったといわれています。 その後フランスは、多くの地域を植民地に変えていきますが、その時に左側通行していた地域も右側通行を導入するようになったといわれています。 しかし、ヨーロッパの中で島国の英国はナポレオンからの侵略をまぬがれていたこともあり、左側通行がそのまま残って現在に至っているのではないかとされています。 一方アメリカはイギリスの植民地時代があったわけですが、独立戦争後にイギリスからの植民地時代の影響を捨て去る気持ちが強かったことに加え、フランスなど右側通行諸国からの移民が多かったため、アメリカは右側通行になったといわれています。 そして、自働車時代がやってくると、アメリカで生産される左ハンドルの右側通行用の自働車が各国に多く輸出されたことから、かつて左側通行だった地域でも右側通行が導入されるようになったことが、右側通行の地域が多い理由のひとつとされています。 ただ宗教的に見ると、世界最大のカトリックの教えが大きいことも考えられるといえます。 それは聖書に次のような箇所があるからです。「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
それでは、なぜ1900年に道路取締規制が制定されたのでしょうか。 当時の明治、大正、昭和初期の交通手段が、バスやタクシー、路面電車といった交通手段のほか、個人の移動手段として馬や馬車から自転車、バイク、自動車へ大きく転換が進んだことが大きな理由と考えられています。 当時の様子が紀要論文「明治・大正・昭和初期の道路交通史」に記されています。 それによれば、道路では多くの交通手段が入り乱れ、交通の危険が高まったことから行政が本格的に法律整備に着手します。 しかし、新たな交通手段が増えてきたとはいえ、地域により交通の発展状況がまちまちであったことから、当初は都道府県ごとに検討・設定していました。 そして、馬車、人力車、自転車の各規則が制定され、1900年に人も馬なども原則左側通行するよう警視庁が制定するに至ったと記載されています。 ここで今と違うのは、人も左側通行であったことです。 現代のように人は右側通行、クルマは左側通行と決まったことについては、道路交通政策について記述された、「道路交通政策史概観」に記載されています。 それによれば、戦後の1947年にGHQ(占領軍最高司令部)のもと、旧省令が廃止され新憲法が制定されたとあります。 そして、新憲法が制定されると道路交通取締法が1949年に改正され、人は右、クルマは左と対面通行が導入されたようです。 ただ、当時GHQは、馬の右側通行を強く主張していましたが、日本側としては、道路や乗り物の整備に天文学的な費用と、長期的な時間がかかることを上げて反論し、GHQの要請を退けたようです。 このように、ここで定められた法令が、自動車時代を迎えつつあった1960年に現在の道路交通法に続く道路交通法に受け継がれます。 そして現在もクルマは左側通行、人は右側通行という、対面通行の交通法規が続いています。 歴史的資料を見ると、左側をクルマが走ることを決めたのは、特別な理由がないということでしたが、それ以前に道路を往来する人や馬などは左側を走っていたことが大きな理由だったと考えられるでしょう。海外で右側通行の理由はキリストの教えが関係? 国内ではクルマは左側通行ですが、一方で海外の多くは右側通行をとっています。 実はこの右側通行にいたる理由は、古代ローマの馬車競走までさかのぼるといわれています。 世界的に右利きの人が多くいますが、古代ローマでも右利きが一般的でした。 そのため、古代ローマでは右手でムチをふるい、左手で手綱を引いて馬車競争をしていたことが、イタリアのフォリーニョ博物館に展示してある彫刻にも刻まれており、また競技している様子も反時計回りで競走がおこなわれていたことが彫刻に刻まれています。 この反時計回りが、現在の交通にも受け継がれていると考えられています。 そして、この反時計回りと時計回りは宗教と深い関係があり、反時計回りはカトリック教徒がおもな宗教で、われわれ日本人の仏教は時計回りといわれています。 反時計回りの例を上げると、巡礼する場所では、反時計回りのカトリックでは右から入り、左から出てくる順路をとります。 これが現在にいたる右側通行の始まりといわれており、これはラウンドアバウト(環状交差点)の走行を考えればわかります。海外では半時計回り(右側通行)が多いラウンドアバウトだが、日本では時計回り(左側通行)になっている 反時計回りなら、道路の右側から入り、時計回りなら左側から入ります。 しかし、右側通行にも試練がありました。 それは18世紀のフランス革命のときに、反カトリック派が左側通行はカトリックの教えなので左側通行に変更しなさいというものでした。 当然当時の軍隊もそれにならい、左側から攻撃を仕掛ける戦法が取られましたが、ナポレオンが右側からの攻撃をおこない、大きな戦果を上げるとフランス軍は右側からの攻撃に加え、右側通行するようになったといわれています。 その後フランスは、多くの地域を植民地に変えていきますが、その時に左側通行していた地域も右側通行を導入するようになったといわれています。 しかし、ヨーロッパの中で島国の英国はナポレオンからの侵略をまぬがれていたこともあり、左側通行がそのまま残って現在に至っているのではないかとされています。 一方アメリカはイギリスの植民地時代があったわけですが、独立戦争後にイギリスからの植民地時代の影響を捨て去る気持ちが強かったことに加え、フランスなど右側通行諸国からの移民が多かったため、アメリカは右側通行になったといわれています。 そして、自働車時代がやってくると、アメリカで生産される左ハンドルの右側通行用の自働車が各国に多く輸出されたことから、かつて左側通行だった地域でも右側通行が導入されるようになったことが、右側通行の地域が多い理由のひとつとされています。 ただ宗教的に見ると、世界最大のカトリックの教えが大きいことも考えられるといえます。 それは聖書に次のような箇所があるからです。「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
当時の明治、大正、昭和初期の交通手段が、バスやタクシー、路面電車といった交通手段のほか、個人の移動手段として馬や馬車から自転車、バイク、自動車へ大きく転換が進んだことが大きな理由と考えられています。 当時の様子が紀要論文「明治・大正・昭和初期の道路交通史」に記されています。 それによれば、道路では多くの交通手段が入り乱れ、交通の危険が高まったことから行政が本格的に法律整備に着手します。 しかし、新たな交通手段が増えてきたとはいえ、地域により交通の発展状況がまちまちであったことから、当初は都道府県ごとに検討・設定していました。 そして、馬車、人力車、自転車の各規則が制定され、1900年に人も馬なども原則左側通行するよう警視庁が制定するに至ったと記載されています。 ここで今と違うのは、人も左側通行であったことです。 現代のように人は右側通行、クルマは左側通行と決まったことについては、道路交通政策について記述された、「道路交通政策史概観」に記載されています。 それによれば、戦後の1947年にGHQ(占領軍最高司令部)のもと、旧省令が廃止され新憲法が制定されたとあります。 そして、新憲法が制定されると道路交通取締法が1949年に改正され、人は右、クルマは左と対面通行が導入されたようです。 ただ、当時GHQは、馬の右側通行を強く主張していましたが、日本側としては、道路や乗り物の整備に天文学的な費用と、長期的な時間がかかることを上げて反論し、GHQの要請を退けたようです。 このように、ここで定められた法令が、自動車時代を迎えつつあった1960年に現在の道路交通法に続く道路交通法に受け継がれます。 そして現在もクルマは左側通行、人は右側通行という、対面通行の交通法規が続いています。 歴史的資料を見ると、左側をクルマが走ることを決めたのは、特別な理由がないということでしたが、それ以前に道路を往来する人や馬などは左側を走っていたことが大きな理由だったと考えられるでしょう。海外で右側通行の理由はキリストの教えが関係? 国内ではクルマは左側通行ですが、一方で海外の多くは右側通行をとっています。 実はこの右側通行にいたる理由は、古代ローマの馬車競走までさかのぼるといわれています。 世界的に右利きの人が多くいますが、古代ローマでも右利きが一般的でした。 そのため、古代ローマでは右手でムチをふるい、左手で手綱を引いて馬車競争をしていたことが、イタリアのフォリーニョ博物館に展示してある彫刻にも刻まれており、また競技している様子も反時計回りで競走がおこなわれていたことが彫刻に刻まれています。 この反時計回りが、現在の交通にも受け継がれていると考えられています。 そして、この反時計回りと時計回りは宗教と深い関係があり、反時計回りはカトリック教徒がおもな宗教で、われわれ日本人の仏教は時計回りといわれています。 反時計回りの例を上げると、巡礼する場所では、反時計回りのカトリックでは右から入り、左から出てくる順路をとります。 これが現在にいたる右側通行の始まりといわれており、これはラウンドアバウト(環状交差点)の走行を考えればわかります。海外では半時計回り(右側通行)が多いラウンドアバウトだが、日本では時計回り(左側通行)になっている 反時計回りなら、道路の右側から入り、時計回りなら左側から入ります。 しかし、右側通行にも試練がありました。 それは18世紀のフランス革命のときに、反カトリック派が左側通行はカトリックの教えなので左側通行に変更しなさいというものでした。 当然当時の軍隊もそれにならい、左側から攻撃を仕掛ける戦法が取られましたが、ナポレオンが右側からの攻撃をおこない、大きな戦果を上げるとフランス軍は右側からの攻撃に加え、右側通行するようになったといわれています。 その後フランスは、多くの地域を植民地に変えていきますが、その時に左側通行していた地域も右側通行を導入するようになったといわれています。 しかし、ヨーロッパの中で島国の英国はナポレオンからの侵略をまぬがれていたこともあり、左側通行がそのまま残って現在に至っているのではないかとされています。 一方アメリカはイギリスの植民地時代があったわけですが、独立戦争後にイギリスからの植民地時代の影響を捨て去る気持ちが強かったことに加え、フランスなど右側通行諸国からの移民が多かったため、アメリカは右側通行になったといわれています。 そして、自働車時代がやってくると、アメリカで生産される左ハンドルの右側通行用の自働車が各国に多く輸出されたことから、かつて左側通行だった地域でも右側通行が導入されるようになったことが、右側通行の地域が多い理由のひとつとされています。 ただ宗教的に見ると、世界最大のカトリックの教えが大きいことも考えられるといえます。 それは聖書に次のような箇所があるからです。「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
当時の様子が紀要論文「明治・大正・昭和初期の道路交通史」に記されています。 それによれば、道路では多くの交通手段が入り乱れ、交通の危険が高まったことから行政が本格的に法律整備に着手します。 しかし、新たな交通手段が増えてきたとはいえ、地域により交通の発展状況がまちまちであったことから、当初は都道府県ごとに検討・設定していました。 そして、馬車、人力車、自転車の各規則が制定され、1900年に人も馬なども原則左側通行するよう警視庁が制定するに至ったと記載されています。 ここで今と違うのは、人も左側通行であったことです。 現代のように人は右側通行、クルマは左側通行と決まったことについては、道路交通政策について記述された、「道路交通政策史概観」に記載されています。 それによれば、戦後の1947年にGHQ(占領軍最高司令部)のもと、旧省令が廃止され新憲法が制定されたとあります。 そして、新憲法が制定されると道路交通取締法が1949年に改正され、人は右、クルマは左と対面通行が導入されたようです。 ただ、当時GHQは、馬の右側通行を強く主張していましたが、日本側としては、道路や乗り物の整備に天文学的な費用と、長期的な時間がかかることを上げて反論し、GHQの要請を退けたようです。 このように、ここで定められた法令が、自動車時代を迎えつつあった1960年に現在の道路交通法に続く道路交通法に受け継がれます。 そして現在もクルマは左側通行、人は右側通行という、対面通行の交通法規が続いています。 歴史的資料を見ると、左側をクルマが走ることを決めたのは、特別な理由がないということでしたが、それ以前に道路を往来する人や馬などは左側を走っていたことが大きな理由だったと考えられるでしょう。海外で右側通行の理由はキリストの教えが関係? 国内ではクルマは左側通行ですが、一方で海外の多くは右側通行をとっています。 実はこの右側通行にいたる理由は、古代ローマの馬車競走までさかのぼるといわれています。 世界的に右利きの人が多くいますが、古代ローマでも右利きが一般的でした。 そのため、古代ローマでは右手でムチをふるい、左手で手綱を引いて馬車競争をしていたことが、イタリアのフォリーニョ博物館に展示してある彫刻にも刻まれており、また競技している様子も反時計回りで競走がおこなわれていたことが彫刻に刻まれています。 この反時計回りが、現在の交通にも受け継がれていると考えられています。 そして、この反時計回りと時計回りは宗教と深い関係があり、反時計回りはカトリック教徒がおもな宗教で、われわれ日本人の仏教は時計回りといわれています。 反時計回りの例を上げると、巡礼する場所では、反時計回りのカトリックでは右から入り、左から出てくる順路をとります。 これが現在にいたる右側通行の始まりといわれており、これはラウンドアバウト(環状交差点)の走行を考えればわかります。海外では半時計回り(右側通行)が多いラウンドアバウトだが、日本では時計回り(左側通行)になっている 反時計回りなら、道路の右側から入り、時計回りなら左側から入ります。 しかし、右側通行にも試練がありました。 それは18世紀のフランス革命のときに、反カトリック派が左側通行はカトリックの教えなので左側通行に変更しなさいというものでした。 当然当時の軍隊もそれにならい、左側から攻撃を仕掛ける戦法が取られましたが、ナポレオンが右側からの攻撃をおこない、大きな戦果を上げるとフランス軍は右側からの攻撃に加え、右側通行するようになったといわれています。 その後フランスは、多くの地域を植民地に変えていきますが、その時に左側通行していた地域も右側通行を導入するようになったといわれています。 しかし、ヨーロッパの中で島国の英国はナポレオンからの侵略をまぬがれていたこともあり、左側通行がそのまま残って現在に至っているのではないかとされています。 一方アメリカはイギリスの植民地時代があったわけですが、独立戦争後にイギリスからの植民地時代の影響を捨て去る気持ちが強かったことに加え、フランスなど右側通行諸国からの移民が多かったため、アメリカは右側通行になったといわれています。 そして、自働車時代がやってくると、アメリカで生産される左ハンドルの右側通行用の自働車が各国に多く輸出されたことから、かつて左側通行だった地域でも右側通行が導入されるようになったことが、右側通行の地域が多い理由のひとつとされています。 ただ宗教的に見ると、世界最大のカトリックの教えが大きいことも考えられるといえます。 それは聖書に次のような箇所があるからです。「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
それによれば、道路では多くの交通手段が入り乱れ、交通の危険が高まったことから行政が本格的に法律整備に着手します。 しかし、新たな交通手段が増えてきたとはいえ、地域により交通の発展状況がまちまちであったことから、当初は都道府県ごとに検討・設定していました。 そして、馬車、人力車、自転車の各規則が制定され、1900年に人も馬なども原則左側通行するよう警視庁が制定するに至ったと記載されています。 ここで今と違うのは、人も左側通行であったことです。 現代のように人は右側通行、クルマは左側通行と決まったことについては、道路交通政策について記述された、「道路交通政策史概観」に記載されています。 それによれば、戦後の1947年にGHQ(占領軍最高司令部)のもと、旧省令が廃止され新憲法が制定されたとあります。 そして、新憲法が制定されると道路交通取締法が1949年に改正され、人は右、クルマは左と対面通行が導入されたようです。 ただ、当時GHQは、馬の右側通行を強く主張していましたが、日本側としては、道路や乗り物の整備に天文学的な費用と、長期的な時間がかかることを上げて反論し、GHQの要請を退けたようです。 このように、ここで定められた法令が、自動車時代を迎えつつあった1960年に現在の道路交通法に続く道路交通法に受け継がれます。 そして現在もクルマは左側通行、人は右側通行という、対面通行の交通法規が続いています。 歴史的資料を見ると、左側をクルマが走ることを決めたのは、特別な理由がないということでしたが、それ以前に道路を往来する人や馬などは左側を走っていたことが大きな理由だったと考えられるでしょう。海外で右側通行の理由はキリストの教えが関係? 国内ではクルマは左側通行ですが、一方で海外の多くは右側通行をとっています。 実はこの右側通行にいたる理由は、古代ローマの馬車競走までさかのぼるといわれています。 世界的に右利きの人が多くいますが、古代ローマでも右利きが一般的でした。 そのため、古代ローマでは右手でムチをふるい、左手で手綱を引いて馬車競争をしていたことが、イタリアのフォリーニョ博物館に展示してある彫刻にも刻まれており、また競技している様子も反時計回りで競走がおこなわれていたことが彫刻に刻まれています。 この反時計回りが、現在の交通にも受け継がれていると考えられています。 そして、この反時計回りと時計回りは宗教と深い関係があり、反時計回りはカトリック教徒がおもな宗教で、われわれ日本人の仏教は時計回りといわれています。 反時計回りの例を上げると、巡礼する場所では、反時計回りのカトリックでは右から入り、左から出てくる順路をとります。 これが現在にいたる右側通行の始まりといわれており、これはラウンドアバウト(環状交差点)の走行を考えればわかります。海外では半時計回り(右側通行)が多いラウンドアバウトだが、日本では時計回り(左側通行)になっている 反時計回りなら、道路の右側から入り、時計回りなら左側から入ります。 しかし、右側通行にも試練がありました。 それは18世紀のフランス革命のときに、反カトリック派が左側通行はカトリックの教えなので左側通行に変更しなさいというものでした。 当然当時の軍隊もそれにならい、左側から攻撃を仕掛ける戦法が取られましたが、ナポレオンが右側からの攻撃をおこない、大きな戦果を上げるとフランス軍は右側からの攻撃に加え、右側通行するようになったといわれています。 その後フランスは、多くの地域を植民地に変えていきますが、その時に左側通行していた地域も右側通行を導入するようになったといわれています。 しかし、ヨーロッパの中で島国の英国はナポレオンからの侵略をまぬがれていたこともあり、左側通行がそのまま残って現在に至っているのではないかとされています。 一方アメリカはイギリスの植民地時代があったわけですが、独立戦争後にイギリスからの植民地時代の影響を捨て去る気持ちが強かったことに加え、フランスなど右側通行諸国からの移民が多かったため、アメリカは右側通行になったといわれています。 そして、自働車時代がやってくると、アメリカで生産される左ハンドルの右側通行用の自働車が各国に多く輸出されたことから、かつて左側通行だった地域でも右側通行が導入されるようになったことが、右側通行の地域が多い理由のひとつとされています。 ただ宗教的に見ると、世界最大のカトリックの教えが大きいことも考えられるといえます。 それは聖書に次のような箇所があるからです。「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
しかし、新たな交通手段が増えてきたとはいえ、地域により交通の発展状況がまちまちであったことから、当初は都道府県ごとに検討・設定していました。 そして、馬車、人力車、自転車の各規則が制定され、1900年に人も馬なども原則左側通行するよう警視庁が制定するに至ったと記載されています。 ここで今と違うのは、人も左側通行であったことです。 現代のように人は右側通行、クルマは左側通行と決まったことについては、道路交通政策について記述された、「道路交通政策史概観」に記載されています。 それによれば、戦後の1947年にGHQ(占領軍最高司令部)のもと、旧省令が廃止され新憲法が制定されたとあります。 そして、新憲法が制定されると道路交通取締法が1949年に改正され、人は右、クルマは左と対面通行が導入されたようです。 ただ、当時GHQは、馬の右側通行を強く主張していましたが、日本側としては、道路や乗り物の整備に天文学的な費用と、長期的な時間がかかることを上げて反論し、GHQの要請を退けたようです。 このように、ここで定められた法令が、自動車時代を迎えつつあった1960年に現在の道路交通法に続く道路交通法に受け継がれます。 そして現在もクルマは左側通行、人は右側通行という、対面通行の交通法規が続いています。 歴史的資料を見ると、左側をクルマが走ることを決めたのは、特別な理由がないということでしたが、それ以前に道路を往来する人や馬などは左側を走っていたことが大きな理由だったと考えられるでしょう。海外で右側通行の理由はキリストの教えが関係? 国内ではクルマは左側通行ですが、一方で海外の多くは右側通行をとっています。 実はこの右側通行にいたる理由は、古代ローマの馬車競走までさかのぼるといわれています。 世界的に右利きの人が多くいますが、古代ローマでも右利きが一般的でした。 そのため、古代ローマでは右手でムチをふるい、左手で手綱を引いて馬車競争をしていたことが、イタリアのフォリーニョ博物館に展示してある彫刻にも刻まれており、また競技している様子も反時計回りで競走がおこなわれていたことが彫刻に刻まれています。 この反時計回りが、現在の交通にも受け継がれていると考えられています。 そして、この反時計回りと時計回りは宗教と深い関係があり、反時計回りはカトリック教徒がおもな宗教で、われわれ日本人の仏教は時計回りといわれています。 反時計回りの例を上げると、巡礼する場所では、反時計回りのカトリックでは右から入り、左から出てくる順路をとります。 これが現在にいたる右側通行の始まりといわれており、これはラウンドアバウト(環状交差点)の走行を考えればわかります。海外では半時計回り(右側通行)が多いラウンドアバウトだが、日本では時計回り(左側通行)になっている 反時計回りなら、道路の右側から入り、時計回りなら左側から入ります。 しかし、右側通行にも試練がありました。 それは18世紀のフランス革命のときに、反カトリック派が左側通行はカトリックの教えなので左側通行に変更しなさいというものでした。 当然当時の軍隊もそれにならい、左側から攻撃を仕掛ける戦法が取られましたが、ナポレオンが右側からの攻撃をおこない、大きな戦果を上げるとフランス軍は右側からの攻撃に加え、右側通行するようになったといわれています。 その後フランスは、多くの地域を植民地に変えていきますが、その時に左側通行していた地域も右側通行を導入するようになったといわれています。 しかし、ヨーロッパの中で島国の英国はナポレオンからの侵略をまぬがれていたこともあり、左側通行がそのまま残って現在に至っているのではないかとされています。 一方アメリカはイギリスの植民地時代があったわけですが、独立戦争後にイギリスからの植民地時代の影響を捨て去る気持ちが強かったことに加え、フランスなど右側通行諸国からの移民が多かったため、アメリカは右側通行になったといわれています。 そして、自働車時代がやってくると、アメリカで生産される左ハンドルの右側通行用の自働車が各国に多く輸出されたことから、かつて左側通行だった地域でも右側通行が導入されるようになったことが、右側通行の地域が多い理由のひとつとされています。 ただ宗教的に見ると、世界最大のカトリックの教えが大きいことも考えられるといえます。 それは聖書に次のような箇所があるからです。「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
そして、馬車、人力車、自転車の各規則が制定され、1900年に人も馬なども原則左側通行するよう警視庁が制定するに至ったと記載されています。 ここで今と違うのは、人も左側通行であったことです。 現代のように人は右側通行、クルマは左側通行と決まったことについては、道路交通政策について記述された、「道路交通政策史概観」に記載されています。 それによれば、戦後の1947年にGHQ(占領軍最高司令部)のもと、旧省令が廃止され新憲法が制定されたとあります。 そして、新憲法が制定されると道路交通取締法が1949年に改正され、人は右、クルマは左と対面通行が導入されたようです。 ただ、当時GHQは、馬の右側通行を強く主張していましたが、日本側としては、道路や乗り物の整備に天文学的な費用と、長期的な時間がかかることを上げて反論し、GHQの要請を退けたようです。 このように、ここで定められた法令が、自動車時代を迎えつつあった1960年に現在の道路交通法に続く道路交通法に受け継がれます。 そして現在もクルマは左側通行、人は右側通行という、対面通行の交通法規が続いています。 歴史的資料を見ると、左側をクルマが走ることを決めたのは、特別な理由がないということでしたが、それ以前に道路を往来する人や馬などは左側を走っていたことが大きな理由だったと考えられるでしょう。海外で右側通行の理由はキリストの教えが関係? 国内ではクルマは左側通行ですが、一方で海外の多くは右側通行をとっています。 実はこの右側通行にいたる理由は、古代ローマの馬車競走までさかのぼるといわれています。 世界的に右利きの人が多くいますが、古代ローマでも右利きが一般的でした。 そのため、古代ローマでは右手でムチをふるい、左手で手綱を引いて馬車競争をしていたことが、イタリアのフォリーニョ博物館に展示してある彫刻にも刻まれており、また競技している様子も反時計回りで競走がおこなわれていたことが彫刻に刻まれています。 この反時計回りが、現在の交通にも受け継がれていると考えられています。 そして、この反時計回りと時計回りは宗教と深い関係があり、反時計回りはカトリック教徒がおもな宗教で、われわれ日本人の仏教は時計回りといわれています。 反時計回りの例を上げると、巡礼する場所では、反時計回りのカトリックでは右から入り、左から出てくる順路をとります。 これが現在にいたる右側通行の始まりといわれており、これはラウンドアバウト(環状交差点)の走行を考えればわかります。海外では半時計回り(右側通行)が多いラウンドアバウトだが、日本では時計回り(左側通行)になっている 反時計回りなら、道路の右側から入り、時計回りなら左側から入ります。 しかし、右側通行にも試練がありました。 それは18世紀のフランス革命のときに、反カトリック派が左側通行はカトリックの教えなので左側通行に変更しなさいというものでした。 当然当時の軍隊もそれにならい、左側から攻撃を仕掛ける戦法が取られましたが、ナポレオンが右側からの攻撃をおこない、大きな戦果を上げるとフランス軍は右側からの攻撃に加え、右側通行するようになったといわれています。 その後フランスは、多くの地域を植民地に変えていきますが、その時に左側通行していた地域も右側通行を導入するようになったといわれています。 しかし、ヨーロッパの中で島国の英国はナポレオンからの侵略をまぬがれていたこともあり、左側通行がそのまま残って現在に至っているのではないかとされています。 一方アメリカはイギリスの植民地時代があったわけですが、独立戦争後にイギリスからの植民地時代の影響を捨て去る気持ちが強かったことに加え、フランスなど右側通行諸国からの移民が多かったため、アメリカは右側通行になったといわれています。 そして、自働車時代がやってくると、アメリカで生産される左ハンドルの右側通行用の自働車が各国に多く輸出されたことから、かつて左側通行だった地域でも右側通行が導入されるようになったことが、右側通行の地域が多い理由のひとつとされています。 ただ宗教的に見ると、世界最大のカトリックの教えが大きいことも考えられるといえます。 それは聖書に次のような箇所があるからです。「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
ここで今と違うのは、人も左側通行であったことです。 現代のように人は右側通行、クルマは左側通行と決まったことについては、道路交通政策について記述された、「道路交通政策史概観」に記載されています。 それによれば、戦後の1947年にGHQ(占領軍最高司令部)のもと、旧省令が廃止され新憲法が制定されたとあります。 そして、新憲法が制定されると道路交通取締法が1949年に改正され、人は右、クルマは左と対面通行が導入されたようです。 ただ、当時GHQは、馬の右側通行を強く主張していましたが、日本側としては、道路や乗り物の整備に天文学的な費用と、長期的な時間がかかることを上げて反論し、GHQの要請を退けたようです。 このように、ここで定められた法令が、自動車時代を迎えつつあった1960年に現在の道路交通法に続く道路交通法に受け継がれます。 そして現在もクルマは左側通行、人は右側通行という、対面通行の交通法規が続いています。 歴史的資料を見ると、左側をクルマが走ることを決めたのは、特別な理由がないということでしたが、それ以前に道路を往来する人や馬などは左側を走っていたことが大きな理由だったと考えられるでしょう。海外で右側通行の理由はキリストの教えが関係? 国内ではクルマは左側通行ですが、一方で海外の多くは右側通行をとっています。 実はこの右側通行にいたる理由は、古代ローマの馬車競走までさかのぼるといわれています。 世界的に右利きの人が多くいますが、古代ローマでも右利きが一般的でした。 そのため、古代ローマでは右手でムチをふるい、左手で手綱を引いて馬車競争をしていたことが、イタリアのフォリーニョ博物館に展示してある彫刻にも刻まれており、また競技している様子も反時計回りで競走がおこなわれていたことが彫刻に刻まれています。 この反時計回りが、現在の交通にも受け継がれていると考えられています。 そして、この反時計回りと時計回りは宗教と深い関係があり、反時計回りはカトリック教徒がおもな宗教で、われわれ日本人の仏教は時計回りといわれています。 反時計回りの例を上げると、巡礼する場所では、反時計回りのカトリックでは右から入り、左から出てくる順路をとります。 これが現在にいたる右側通行の始まりといわれており、これはラウンドアバウト(環状交差点)の走行を考えればわかります。海外では半時計回り(右側通行)が多いラウンドアバウトだが、日本では時計回り(左側通行)になっている 反時計回りなら、道路の右側から入り、時計回りなら左側から入ります。 しかし、右側通行にも試練がありました。 それは18世紀のフランス革命のときに、反カトリック派が左側通行はカトリックの教えなので左側通行に変更しなさいというものでした。 当然当時の軍隊もそれにならい、左側から攻撃を仕掛ける戦法が取られましたが、ナポレオンが右側からの攻撃をおこない、大きな戦果を上げるとフランス軍は右側からの攻撃に加え、右側通行するようになったといわれています。 その後フランスは、多くの地域を植民地に変えていきますが、その時に左側通行していた地域も右側通行を導入するようになったといわれています。 しかし、ヨーロッパの中で島国の英国はナポレオンからの侵略をまぬがれていたこともあり、左側通行がそのまま残って現在に至っているのではないかとされています。 一方アメリカはイギリスの植民地時代があったわけですが、独立戦争後にイギリスからの植民地時代の影響を捨て去る気持ちが強かったことに加え、フランスなど右側通行諸国からの移民が多かったため、アメリカは右側通行になったといわれています。 そして、自働車時代がやってくると、アメリカで生産される左ハンドルの右側通行用の自働車が各国に多く輸出されたことから、かつて左側通行だった地域でも右側通行が導入されるようになったことが、右側通行の地域が多い理由のひとつとされています。 ただ宗教的に見ると、世界最大のカトリックの教えが大きいことも考えられるといえます。 それは聖書に次のような箇所があるからです。「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
現代のように人は右側通行、クルマは左側通行と決まったことについては、道路交通政策について記述された、「道路交通政策史概観」に記載されています。 それによれば、戦後の1947年にGHQ(占領軍最高司令部)のもと、旧省令が廃止され新憲法が制定されたとあります。 そして、新憲法が制定されると道路交通取締法が1949年に改正され、人は右、クルマは左と対面通行が導入されたようです。 ただ、当時GHQは、馬の右側通行を強く主張していましたが、日本側としては、道路や乗り物の整備に天文学的な費用と、長期的な時間がかかることを上げて反論し、GHQの要請を退けたようです。 このように、ここで定められた法令が、自動車時代を迎えつつあった1960年に現在の道路交通法に続く道路交通法に受け継がれます。 そして現在もクルマは左側通行、人は右側通行という、対面通行の交通法規が続いています。 歴史的資料を見ると、左側をクルマが走ることを決めたのは、特別な理由がないということでしたが、それ以前に道路を往来する人や馬などは左側を走っていたことが大きな理由だったと考えられるでしょう。海外で右側通行の理由はキリストの教えが関係? 国内ではクルマは左側通行ですが、一方で海外の多くは右側通行をとっています。 実はこの右側通行にいたる理由は、古代ローマの馬車競走までさかのぼるといわれています。 世界的に右利きの人が多くいますが、古代ローマでも右利きが一般的でした。 そのため、古代ローマでは右手でムチをふるい、左手で手綱を引いて馬車競争をしていたことが、イタリアのフォリーニョ博物館に展示してある彫刻にも刻まれており、また競技している様子も反時計回りで競走がおこなわれていたことが彫刻に刻まれています。 この反時計回りが、現在の交通にも受け継がれていると考えられています。 そして、この反時計回りと時計回りは宗教と深い関係があり、反時計回りはカトリック教徒がおもな宗教で、われわれ日本人の仏教は時計回りといわれています。 反時計回りの例を上げると、巡礼する場所では、反時計回りのカトリックでは右から入り、左から出てくる順路をとります。 これが現在にいたる右側通行の始まりといわれており、これはラウンドアバウト(環状交差点)の走行を考えればわかります。海外では半時計回り(右側通行)が多いラウンドアバウトだが、日本では時計回り(左側通行)になっている 反時計回りなら、道路の右側から入り、時計回りなら左側から入ります。 しかし、右側通行にも試練がありました。 それは18世紀のフランス革命のときに、反カトリック派が左側通行はカトリックの教えなので左側通行に変更しなさいというものでした。 当然当時の軍隊もそれにならい、左側から攻撃を仕掛ける戦法が取られましたが、ナポレオンが右側からの攻撃をおこない、大きな戦果を上げるとフランス軍は右側からの攻撃に加え、右側通行するようになったといわれています。 その後フランスは、多くの地域を植民地に変えていきますが、その時に左側通行していた地域も右側通行を導入するようになったといわれています。 しかし、ヨーロッパの中で島国の英国はナポレオンからの侵略をまぬがれていたこともあり、左側通行がそのまま残って現在に至っているのではないかとされています。 一方アメリカはイギリスの植民地時代があったわけですが、独立戦争後にイギリスからの植民地時代の影響を捨て去る気持ちが強かったことに加え、フランスなど右側通行諸国からの移民が多かったため、アメリカは右側通行になったといわれています。 そして、自働車時代がやってくると、アメリカで生産される左ハンドルの右側通行用の自働車が各国に多く輸出されたことから、かつて左側通行だった地域でも右側通行が導入されるようになったことが、右側通行の地域が多い理由のひとつとされています。 ただ宗教的に見ると、世界最大のカトリックの教えが大きいことも考えられるといえます。 それは聖書に次のような箇所があるからです。「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
それによれば、戦後の1947年にGHQ(占領軍最高司令部)のもと、旧省令が廃止され新憲法が制定されたとあります。 そして、新憲法が制定されると道路交通取締法が1949年に改正され、人は右、クルマは左と対面通行が導入されたようです。 ただ、当時GHQは、馬の右側通行を強く主張していましたが、日本側としては、道路や乗り物の整備に天文学的な費用と、長期的な時間がかかることを上げて反論し、GHQの要請を退けたようです。 このように、ここで定められた法令が、自動車時代を迎えつつあった1960年に現在の道路交通法に続く道路交通法に受け継がれます。 そして現在もクルマは左側通行、人は右側通行という、対面通行の交通法規が続いています。 歴史的資料を見ると、左側をクルマが走ることを決めたのは、特別な理由がないということでしたが、それ以前に道路を往来する人や馬などは左側を走っていたことが大きな理由だったと考えられるでしょう。海外で右側通行の理由はキリストの教えが関係? 国内ではクルマは左側通行ですが、一方で海外の多くは右側通行をとっています。 実はこの右側通行にいたる理由は、古代ローマの馬車競走までさかのぼるといわれています。 世界的に右利きの人が多くいますが、古代ローマでも右利きが一般的でした。 そのため、古代ローマでは右手でムチをふるい、左手で手綱を引いて馬車競争をしていたことが、イタリアのフォリーニョ博物館に展示してある彫刻にも刻まれており、また競技している様子も反時計回りで競走がおこなわれていたことが彫刻に刻まれています。 この反時計回りが、現在の交通にも受け継がれていると考えられています。 そして、この反時計回りと時計回りは宗教と深い関係があり、反時計回りはカトリック教徒がおもな宗教で、われわれ日本人の仏教は時計回りといわれています。 反時計回りの例を上げると、巡礼する場所では、反時計回りのカトリックでは右から入り、左から出てくる順路をとります。 これが現在にいたる右側通行の始まりといわれており、これはラウンドアバウト(環状交差点)の走行を考えればわかります。海外では半時計回り(右側通行)が多いラウンドアバウトだが、日本では時計回り(左側通行)になっている 反時計回りなら、道路の右側から入り、時計回りなら左側から入ります。 しかし、右側通行にも試練がありました。 それは18世紀のフランス革命のときに、反カトリック派が左側通行はカトリックの教えなので左側通行に変更しなさいというものでした。 当然当時の軍隊もそれにならい、左側から攻撃を仕掛ける戦法が取られましたが、ナポレオンが右側からの攻撃をおこない、大きな戦果を上げるとフランス軍は右側からの攻撃に加え、右側通行するようになったといわれています。 その後フランスは、多くの地域を植民地に変えていきますが、その時に左側通行していた地域も右側通行を導入するようになったといわれています。 しかし、ヨーロッパの中で島国の英国はナポレオンからの侵略をまぬがれていたこともあり、左側通行がそのまま残って現在に至っているのではないかとされています。 一方アメリカはイギリスの植民地時代があったわけですが、独立戦争後にイギリスからの植民地時代の影響を捨て去る気持ちが強かったことに加え、フランスなど右側通行諸国からの移民が多かったため、アメリカは右側通行になったといわれています。 そして、自働車時代がやってくると、アメリカで生産される左ハンドルの右側通行用の自働車が各国に多く輸出されたことから、かつて左側通行だった地域でも右側通行が導入されるようになったことが、右側通行の地域が多い理由のひとつとされています。 ただ宗教的に見ると、世界最大のカトリックの教えが大きいことも考えられるといえます。 それは聖書に次のような箇所があるからです。「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
そして、新憲法が制定されると道路交通取締法が1949年に改正され、人は右、クルマは左と対面通行が導入されたようです。 ただ、当時GHQは、馬の右側通行を強く主張していましたが、日本側としては、道路や乗り物の整備に天文学的な費用と、長期的な時間がかかることを上げて反論し、GHQの要請を退けたようです。 このように、ここで定められた法令が、自動車時代を迎えつつあった1960年に現在の道路交通法に続く道路交通法に受け継がれます。 そして現在もクルマは左側通行、人は右側通行という、対面通行の交通法規が続いています。 歴史的資料を見ると、左側をクルマが走ることを決めたのは、特別な理由がないということでしたが、それ以前に道路を往来する人や馬などは左側を走っていたことが大きな理由だったと考えられるでしょう。海外で右側通行の理由はキリストの教えが関係? 国内ではクルマは左側通行ですが、一方で海外の多くは右側通行をとっています。 実はこの右側通行にいたる理由は、古代ローマの馬車競走までさかのぼるといわれています。 世界的に右利きの人が多くいますが、古代ローマでも右利きが一般的でした。 そのため、古代ローマでは右手でムチをふるい、左手で手綱を引いて馬車競争をしていたことが、イタリアのフォリーニョ博物館に展示してある彫刻にも刻まれており、また競技している様子も反時計回りで競走がおこなわれていたことが彫刻に刻まれています。 この反時計回りが、現在の交通にも受け継がれていると考えられています。 そして、この反時計回りと時計回りは宗教と深い関係があり、反時計回りはカトリック教徒がおもな宗教で、われわれ日本人の仏教は時計回りといわれています。 反時計回りの例を上げると、巡礼する場所では、反時計回りのカトリックでは右から入り、左から出てくる順路をとります。 これが現在にいたる右側通行の始まりといわれており、これはラウンドアバウト(環状交差点)の走行を考えればわかります。海外では半時計回り(右側通行)が多いラウンドアバウトだが、日本では時計回り(左側通行)になっている 反時計回りなら、道路の右側から入り、時計回りなら左側から入ります。 しかし、右側通行にも試練がありました。 それは18世紀のフランス革命のときに、反カトリック派が左側通行はカトリックの教えなので左側通行に変更しなさいというものでした。 当然当時の軍隊もそれにならい、左側から攻撃を仕掛ける戦法が取られましたが、ナポレオンが右側からの攻撃をおこない、大きな戦果を上げるとフランス軍は右側からの攻撃に加え、右側通行するようになったといわれています。 その後フランスは、多くの地域を植民地に変えていきますが、その時に左側通行していた地域も右側通行を導入するようになったといわれています。 しかし、ヨーロッパの中で島国の英国はナポレオンからの侵略をまぬがれていたこともあり、左側通行がそのまま残って現在に至っているのではないかとされています。 一方アメリカはイギリスの植民地時代があったわけですが、独立戦争後にイギリスからの植民地時代の影響を捨て去る気持ちが強かったことに加え、フランスなど右側通行諸国からの移民が多かったため、アメリカは右側通行になったといわれています。 そして、自働車時代がやってくると、アメリカで生産される左ハンドルの右側通行用の自働車が各国に多く輸出されたことから、かつて左側通行だった地域でも右側通行が導入されるようになったことが、右側通行の地域が多い理由のひとつとされています。 ただ宗教的に見ると、世界最大のカトリックの教えが大きいことも考えられるといえます。 それは聖書に次のような箇所があるからです。「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
ただ、当時GHQは、馬の右側通行を強く主張していましたが、日本側としては、道路や乗り物の整備に天文学的な費用と、長期的な時間がかかることを上げて反論し、GHQの要請を退けたようです。 このように、ここで定められた法令が、自動車時代を迎えつつあった1960年に現在の道路交通法に続く道路交通法に受け継がれます。 そして現在もクルマは左側通行、人は右側通行という、対面通行の交通法規が続いています。 歴史的資料を見ると、左側をクルマが走ることを決めたのは、特別な理由がないということでしたが、それ以前に道路を往来する人や馬などは左側を走っていたことが大きな理由だったと考えられるでしょう。海外で右側通行の理由はキリストの教えが関係? 国内ではクルマは左側通行ですが、一方で海外の多くは右側通行をとっています。 実はこの右側通行にいたる理由は、古代ローマの馬車競走までさかのぼるといわれています。 世界的に右利きの人が多くいますが、古代ローマでも右利きが一般的でした。 そのため、古代ローマでは右手でムチをふるい、左手で手綱を引いて馬車競争をしていたことが、イタリアのフォリーニョ博物館に展示してある彫刻にも刻まれており、また競技している様子も反時計回りで競走がおこなわれていたことが彫刻に刻まれています。 この反時計回りが、現在の交通にも受け継がれていると考えられています。 そして、この反時計回りと時計回りは宗教と深い関係があり、反時計回りはカトリック教徒がおもな宗教で、われわれ日本人の仏教は時計回りといわれています。 反時計回りの例を上げると、巡礼する場所では、反時計回りのカトリックでは右から入り、左から出てくる順路をとります。 これが現在にいたる右側通行の始まりといわれており、これはラウンドアバウト(環状交差点)の走行を考えればわかります。海外では半時計回り(右側通行)が多いラウンドアバウトだが、日本では時計回り(左側通行)になっている 反時計回りなら、道路の右側から入り、時計回りなら左側から入ります。 しかし、右側通行にも試練がありました。 それは18世紀のフランス革命のときに、反カトリック派が左側通行はカトリックの教えなので左側通行に変更しなさいというものでした。 当然当時の軍隊もそれにならい、左側から攻撃を仕掛ける戦法が取られましたが、ナポレオンが右側からの攻撃をおこない、大きな戦果を上げるとフランス軍は右側からの攻撃に加え、右側通行するようになったといわれています。 その後フランスは、多くの地域を植民地に変えていきますが、その時に左側通行していた地域も右側通行を導入するようになったといわれています。 しかし、ヨーロッパの中で島国の英国はナポレオンからの侵略をまぬがれていたこともあり、左側通行がそのまま残って現在に至っているのではないかとされています。 一方アメリカはイギリスの植民地時代があったわけですが、独立戦争後にイギリスからの植民地時代の影響を捨て去る気持ちが強かったことに加え、フランスなど右側通行諸国からの移民が多かったため、アメリカは右側通行になったといわれています。 そして、自働車時代がやってくると、アメリカで生産される左ハンドルの右側通行用の自働車が各国に多く輸出されたことから、かつて左側通行だった地域でも右側通行が導入されるようになったことが、右側通行の地域が多い理由のひとつとされています。 ただ宗教的に見ると、世界最大のカトリックの教えが大きいことも考えられるといえます。 それは聖書に次のような箇所があるからです。「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
このように、ここで定められた法令が、自動車時代を迎えつつあった1960年に現在の道路交通法に続く道路交通法に受け継がれます。 そして現在もクルマは左側通行、人は右側通行という、対面通行の交通法規が続いています。 歴史的資料を見ると、左側をクルマが走ることを決めたのは、特別な理由がないということでしたが、それ以前に道路を往来する人や馬などは左側を走っていたことが大きな理由だったと考えられるでしょう。海外で右側通行の理由はキリストの教えが関係? 国内ではクルマは左側通行ですが、一方で海外の多くは右側通行をとっています。 実はこの右側通行にいたる理由は、古代ローマの馬車競走までさかのぼるといわれています。 世界的に右利きの人が多くいますが、古代ローマでも右利きが一般的でした。 そのため、古代ローマでは右手でムチをふるい、左手で手綱を引いて馬車競争をしていたことが、イタリアのフォリーニョ博物館に展示してある彫刻にも刻まれており、また競技している様子も反時計回りで競走がおこなわれていたことが彫刻に刻まれています。 この反時計回りが、現在の交通にも受け継がれていると考えられています。 そして、この反時計回りと時計回りは宗教と深い関係があり、反時計回りはカトリック教徒がおもな宗教で、われわれ日本人の仏教は時計回りといわれています。 反時計回りの例を上げると、巡礼する場所では、反時計回りのカトリックでは右から入り、左から出てくる順路をとります。 これが現在にいたる右側通行の始まりといわれており、これはラウンドアバウト(環状交差点)の走行を考えればわかります。海外では半時計回り(右側通行)が多いラウンドアバウトだが、日本では時計回り(左側通行)になっている 反時計回りなら、道路の右側から入り、時計回りなら左側から入ります。 しかし、右側通行にも試練がありました。 それは18世紀のフランス革命のときに、反カトリック派が左側通行はカトリックの教えなので左側通行に変更しなさいというものでした。 当然当時の軍隊もそれにならい、左側から攻撃を仕掛ける戦法が取られましたが、ナポレオンが右側からの攻撃をおこない、大きな戦果を上げるとフランス軍は右側からの攻撃に加え、右側通行するようになったといわれています。 その後フランスは、多くの地域を植民地に変えていきますが、その時に左側通行していた地域も右側通行を導入するようになったといわれています。 しかし、ヨーロッパの中で島国の英国はナポレオンからの侵略をまぬがれていたこともあり、左側通行がそのまま残って現在に至っているのではないかとされています。 一方アメリカはイギリスの植民地時代があったわけですが、独立戦争後にイギリスからの植民地時代の影響を捨て去る気持ちが強かったことに加え、フランスなど右側通行諸国からの移民が多かったため、アメリカは右側通行になったといわれています。 そして、自働車時代がやってくると、アメリカで生産される左ハンドルの右側通行用の自働車が各国に多く輸出されたことから、かつて左側通行だった地域でも右側通行が導入されるようになったことが、右側通行の地域が多い理由のひとつとされています。 ただ宗教的に見ると、世界最大のカトリックの教えが大きいことも考えられるといえます。 それは聖書に次のような箇所があるからです。「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
そして現在もクルマは左側通行、人は右側通行という、対面通行の交通法規が続いています。 歴史的資料を見ると、左側をクルマが走ることを決めたのは、特別な理由がないということでしたが、それ以前に道路を往来する人や馬などは左側を走っていたことが大きな理由だったと考えられるでしょう。海外で右側通行の理由はキリストの教えが関係? 国内ではクルマは左側通行ですが、一方で海外の多くは右側通行をとっています。 実はこの右側通行にいたる理由は、古代ローマの馬車競走までさかのぼるといわれています。 世界的に右利きの人が多くいますが、古代ローマでも右利きが一般的でした。 そのため、古代ローマでは右手でムチをふるい、左手で手綱を引いて馬車競争をしていたことが、イタリアのフォリーニョ博物館に展示してある彫刻にも刻まれており、また競技している様子も反時計回りで競走がおこなわれていたことが彫刻に刻まれています。 この反時計回りが、現在の交通にも受け継がれていると考えられています。 そして、この反時計回りと時計回りは宗教と深い関係があり、反時計回りはカトリック教徒がおもな宗教で、われわれ日本人の仏教は時計回りといわれています。 反時計回りの例を上げると、巡礼する場所では、反時計回りのカトリックでは右から入り、左から出てくる順路をとります。 これが現在にいたる右側通行の始まりといわれており、これはラウンドアバウト(環状交差点)の走行を考えればわかります。海外では半時計回り(右側通行)が多いラウンドアバウトだが、日本では時計回り(左側通行)になっている 反時計回りなら、道路の右側から入り、時計回りなら左側から入ります。 しかし、右側通行にも試練がありました。 それは18世紀のフランス革命のときに、反カトリック派が左側通行はカトリックの教えなので左側通行に変更しなさいというものでした。 当然当時の軍隊もそれにならい、左側から攻撃を仕掛ける戦法が取られましたが、ナポレオンが右側からの攻撃をおこない、大きな戦果を上げるとフランス軍は右側からの攻撃に加え、右側通行するようになったといわれています。 その後フランスは、多くの地域を植民地に変えていきますが、その時に左側通行していた地域も右側通行を導入するようになったといわれています。 しかし、ヨーロッパの中で島国の英国はナポレオンからの侵略をまぬがれていたこともあり、左側通行がそのまま残って現在に至っているのではないかとされています。 一方アメリカはイギリスの植民地時代があったわけですが、独立戦争後にイギリスからの植民地時代の影響を捨て去る気持ちが強かったことに加え、フランスなど右側通行諸国からの移民が多かったため、アメリカは右側通行になったといわれています。 そして、自働車時代がやってくると、アメリカで生産される左ハンドルの右側通行用の自働車が各国に多く輸出されたことから、かつて左側通行だった地域でも右側通行が導入されるようになったことが、右側通行の地域が多い理由のひとつとされています。 ただ宗教的に見ると、世界最大のカトリックの教えが大きいことも考えられるといえます。 それは聖書に次のような箇所があるからです。「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
歴史的資料を見ると、左側をクルマが走ることを決めたのは、特別な理由がないということでしたが、それ以前に道路を往来する人や馬などは左側を走っていたことが大きな理由だったと考えられるでしょう。海外で右側通行の理由はキリストの教えが関係? 国内ではクルマは左側通行ですが、一方で海外の多くは右側通行をとっています。 実はこの右側通行にいたる理由は、古代ローマの馬車競走までさかのぼるといわれています。 世界的に右利きの人が多くいますが、古代ローマでも右利きが一般的でした。 そのため、古代ローマでは右手でムチをふるい、左手で手綱を引いて馬車競争をしていたことが、イタリアのフォリーニョ博物館に展示してある彫刻にも刻まれており、また競技している様子も反時計回りで競走がおこなわれていたことが彫刻に刻まれています。 この反時計回りが、現在の交通にも受け継がれていると考えられています。 そして、この反時計回りと時計回りは宗教と深い関係があり、反時計回りはカトリック教徒がおもな宗教で、われわれ日本人の仏教は時計回りといわれています。 反時計回りの例を上げると、巡礼する場所では、反時計回りのカトリックでは右から入り、左から出てくる順路をとります。 これが現在にいたる右側通行の始まりといわれており、これはラウンドアバウト(環状交差点)の走行を考えればわかります。海外では半時計回り(右側通行)が多いラウンドアバウトだが、日本では時計回り(左側通行)になっている 反時計回りなら、道路の右側から入り、時計回りなら左側から入ります。 しかし、右側通行にも試練がありました。 それは18世紀のフランス革命のときに、反カトリック派が左側通行はカトリックの教えなので左側通行に変更しなさいというものでした。 当然当時の軍隊もそれにならい、左側から攻撃を仕掛ける戦法が取られましたが、ナポレオンが右側からの攻撃をおこない、大きな戦果を上げるとフランス軍は右側からの攻撃に加え、右側通行するようになったといわれています。 その後フランスは、多くの地域を植民地に変えていきますが、その時に左側通行していた地域も右側通行を導入するようになったといわれています。 しかし、ヨーロッパの中で島国の英国はナポレオンからの侵略をまぬがれていたこともあり、左側通行がそのまま残って現在に至っているのではないかとされています。 一方アメリカはイギリスの植民地時代があったわけですが、独立戦争後にイギリスからの植民地時代の影響を捨て去る気持ちが強かったことに加え、フランスなど右側通行諸国からの移民が多かったため、アメリカは右側通行になったといわれています。 そして、自働車時代がやってくると、アメリカで生産される左ハンドルの右側通行用の自働車が各国に多く輸出されたことから、かつて左側通行だった地域でも右側通行が導入されるようになったことが、右側通行の地域が多い理由のひとつとされています。 ただ宗教的に見ると、世界最大のカトリックの教えが大きいことも考えられるといえます。 それは聖書に次のような箇所があるからです。「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
国内ではクルマは左側通行ですが、一方で海外の多くは右側通行をとっています。 実はこの右側通行にいたる理由は、古代ローマの馬車競走までさかのぼるといわれています。 世界的に右利きの人が多くいますが、古代ローマでも右利きが一般的でした。 そのため、古代ローマでは右手でムチをふるい、左手で手綱を引いて馬車競争をしていたことが、イタリアのフォリーニョ博物館に展示してある彫刻にも刻まれており、また競技している様子も反時計回りで競走がおこなわれていたことが彫刻に刻まれています。 この反時計回りが、現在の交通にも受け継がれていると考えられています。 そして、この反時計回りと時計回りは宗教と深い関係があり、反時計回りはカトリック教徒がおもな宗教で、われわれ日本人の仏教は時計回りといわれています。 反時計回りの例を上げると、巡礼する場所では、反時計回りのカトリックでは右から入り、左から出てくる順路をとります。 これが現在にいたる右側通行の始まりといわれており、これはラウンドアバウト(環状交差点)の走行を考えればわかります。海外では半時計回り(右側通行)が多いラウンドアバウトだが、日本では時計回り(左側通行)になっている 反時計回りなら、道路の右側から入り、時計回りなら左側から入ります。 しかし、右側通行にも試練がありました。 それは18世紀のフランス革命のときに、反カトリック派が左側通行はカトリックの教えなので左側通行に変更しなさいというものでした。 当然当時の軍隊もそれにならい、左側から攻撃を仕掛ける戦法が取られましたが、ナポレオンが右側からの攻撃をおこない、大きな戦果を上げるとフランス軍は右側からの攻撃に加え、右側通行するようになったといわれています。 その後フランスは、多くの地域を植民地に変えていきますが、その時に左側通行していた地域も右側通行を導入するようになったといわれています。 しかし、ヨーロッパの中で島国の英国はナポレオンからの侵略をまぬがれていたこともあり、左側通行がそのまま残って現在に至っているのではないかとされています。 一方アメリカはイギリスの植民地時代があったわけですが、独立戦争後にイギリスからの植民地時代の影響を捨て去る気持ちが強かったことに加え、フランスなど右側通行諸国からの移民が多かったため、アメリカは右側通行になったといわれています。 そして、自働車時代がやってくると、アメリカで生産される左ハンドルの右側通行用の自働車が各国に多く輸出されたことから、かつて左側通行だった地域でも右側通行が導入されるようになったことが、右側通行の地域が多い理由のひとつとされています。 ただ宗教的に見ると、世界最大のカトリックの教えが大きいことも考えられるといえます。 それは聖書に次のような箇所があるからです。「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
実はこの右側通行にいたる理由は、古代ローマの馬車競走までさかのぼるといわれています。 世界的に右利きの人が多くいますが、古代ローマでも右利きが一般的でした。 そのため、古代ローマでは右手でムチをふるい、左手で手綱を引いて馬車競争をしていたことが、イタリアのフォリーニョ博物館に展示してある彫刻にも刻まれており、また競技している様子も反時計回りで競走がおこなわれていたことが彫刻に刻まれています。 この反時計回りが、現在の交通にも受け継がれていると考えられています。 そして、この反時計回りと時計回りは宗教と深い関係があり、反時計回りはカトリック教徒がおもな宗教で、われわれ日本人の仏教は時計回りといわれています。 反時計回りの例を上げると、巡礼する場所では、反時計回りのカトリックでは右から入り、左から出てくる順路をとります。 これが現在にいたる右側通行の始まりといわれており、これはラウンドアバウト(環状交差点)の走行を考えればわかります。海外では半時計回り(右側通行)が多いラウンドアバウトだが、日本では時計回り(左側通行)になっている 反時計回りなら、道路の右側から入り、時計回りなら左側から入ります。 しかし、右側通行にも試練がありました。 それは18世紀のフランス革命のときに、反カトリック派が左側通行はカトリックの教えなので左側通行に変更しなさいというものでした。 当然当時の軍隊もそれにならい、左側から攻撃を仕掛ける戦法が取られましたが、ナポレオンが右側からの攻撃をおこない、大きな戦果を上げるとフランス軍は右側からの攻撃に加え、右側通行するようになったといわれています。 その後フランスは、多くの地域を植民地に変えていきますが、その時に左側通行していた地域も右側通行を導入するようになったといわれています。 しかし、ヨーロッパの中で島国の英国はナポレオンからの侵略をまぬがれていたこともあり、左側通行がそのまま残って現在に至っているのではないかとされています。 一方アメリカはイギリスの植民地時代があったわけですが、独立戦争後にイギリスからの植民地時代の影響を捨て去る気持ちが強かったことに加え、フランスなど右側通行諸国からの移民が多かったため、アメリカは右側通行になったといわれています。 そして、自働車時代がやってくると、アメリカで生産される左ハンドルの右側通行用の自働車が各国に多く輸出されたことから、かつて左側通行だった地域でも右側通行が導入されるようになったことが、右側通行の地域が多い理由のひとつとされています。 ただ宗教的に見ると、世界最大のカトリックの教えが大きいことも考えられるといえます。 それは聖書に次のような箇所があるからです。「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
世界的に右利きの人が多くいますが、古代ローマでも右利きが一般的でした。 そのため、古代ローマでは右手でムチをふるい、左手で手綱を引いて馬車競争をしていたことが、イタリアのフォリーニョ博物館に展示してある彫刻にも刻まれており、また競技している様子も反時計回りで競走がおこなわれていたことが彫刻に刻まれています。 この反時計回りが、現在の交通にも受け継がれていると考えられています。 そして、この反時計回りと時計回りは宗教と深い関係があり、反時計回りはカトリック教徒がおもな宗教で、われわれ日本人の仏教は時計回りといわれています。 反時計回りの例を上げると、巡礼する場所では、反時計回りのカトリックでは右から入り、左から出てくる順路をとります。 これが現在にいたる右側通行の始まりといわれており、これはラウンドアバウト(環状交差点)の走行を考えればわかります。海外では半時計回り(右側通行)が多いラウンドアバウトだが、日本では時計回り(左側通行)になっている 反時計回りなら、道路の右側から入り、時計回りなら左側から入ります。 しかし、右側通行にも試練がありました。 それは18世紀のフランス革命のときに、反カトリック派が左側通行はカトリックの教えなので左側通行に変更しなさいというものでした。 当然当時の軍隊もそれにならい、左側から攻撃を仕掛ける戦法が取られましたが、ナポレオンが右側からの攻撃をおこない、大きな戦果を上げるとフランス軍は右側からの攻撃に加え、右側通行するようになったといわれています。 その後フランスは、多くの地域を植民地に変えていきますが、その時に左側通行していた地域も右側通行を導入するようになったといわれています。 しかし、ヨーロッパの中で島国の英国はナポレオンからの侵略をまぬがれていたこともあり、左側通行がそのまま残って現在に至っているのではないかとされています。 一方アメリカはイギリスの植民地時代があったわけですが、独立戦争後にイギリスからの植民地時代の影響を捨て去る気持ちが強かったことに加え、フランスなど右側通行諸国からの移民が多かったため、アメリカは右側通行になったといわれています。 そして、自働車時代がやってくると、アメリカで生産される左ハンドルの右側通行用の自働車が各国に多く輸出されたことから、かつて左側通行だった地域でも右側通行が導入されるようになったことが、右側通行の地域が多い理由のひとつとされています。 ただ宗教的に見ると、世界最大のカトリックの教えが大きいことも考えられるといえます。 それは聖書に次のような箇所があるからです。「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
そのため、古代ローマでは右手でムチをふるい、左手で手綱を引いて馬車競争をしていたことが、イタリアのフォリーニョ博物館に展示してある彫刻にも刻まれており、また競技している様子も反時計回りで競走がおこなわれていたことが彫刻に刻まれています。 この反時計回りが、現在の交通にも受け継がれていると考えられています。 そして、この反時計回りと時計回りは宗教と深い関係があり、反時計回りはカトリック教徒がおもな宗教で、われわれ日本人の仏教は時計回りといわれています。 反時計回りの例を上げると、巡礼する場所では、反時計回りのカトリックでは右から入り、左から出てくる順路をとります。 これが現在にいたる右側通行の始まりといわれており、これはラウンドアバウト(環状交差点)の走行を考えればわかります。海外では半時計回り(右側通行)が多いラウンドアバウトだが、日本では時計回り(左側通行)になっている 反時計回りなら、道路の右側から入り、時計回りなら左側から入ります。 しかし、右側通行にも試練がありました。 それは18世紀のフランス革命のときに、反カトリック派が左側通行はカトリックの教えなので左側通行に変更しなさいというものでした。 当然当時の軍隊もそれにならい、左側から攻撃を仕掛ける戦法が取られましたが、ナポレオンが右側からの攻撃をおこない、大きな戦果を上げるとフランス軍は右側からの攻撃に加え、右側通行するようになったといわれています。 その後フランスは、多くの地域を植民地に変えていきますが、その時に左側通行していた地域も右側通行を導入するようになったといわれています。 しかし、ヨーロッパの中で島国の英国はナポレオンからの侵略をまぬがれていたこともあり、左側通行がそのまま残って現在に至っているのではないかとされています。 一方アメリカはイギリスの植民地時代があったわけですが、独立戦争後にイギリスからの植民地時代の影響を捨て去る気持ちが強かったことに加え、フランスなど右側通行諸国からの移民が多かったため、アメリカは右側通行になったといわれています。 そして、自働車時代がやってくると、アメリカで生産される左ハンドルの右側通行用の自働車が各国に多く輸出されたことから、かつて左側通行だった地域でも右側通行が導入されるようになったことが、右側通行の地域が多い理由のひとつとされています。 ただ宗教的に見ると、世界最大のカトリックの教えが大きいことも考えられるといえます。 それは聖書に次のような箇所があるからです。「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
この反時計回りが、現在の交通にも受け継がれていると考えられています。 そして、この反時計回りと時計回りは宗教と深い関係があり、反時計回りはカトリック教徒がおもな宗教で、われわれ日本人の仏教は時計回りといわれています。 反時計回りの例を上げると、巡礼する場所では、反時計回りのカトリックでは右から入り、左から出てくる順路をとります。 これが現在にいたる右側通行の始まりといわれており、これはラウンドアバウト(環状交差点)の走行を考えればわかります。海外では半時計回り(右側通行)が多いラウンドアバウトだが、日本では時計回り(左側通行)になっている 反時計回りなら、道路の右側から入り、時計回りなら左側から入ります。 しかし、右側通行にも試練がありました。 それは18世紀のフランス革命のときに、反カトリック派が左側通行はカトリックの教えなので左側通行に変更しなさいというものでした。 当然当時の軍隊もそれにならい、左側から攻撃を仕掛ける戦法が取られましたが、ナポレオンが右側からの攻撃をおこない、大きな戦果を上げるとフランス軍は右側からの攻撃に加え、右側通行するようになったといわれています。 その後フランスは、多くの地域を植民地に変えていきますが、その時に左側通行していた地域も右側通行を導入するようになったといわれています。 しかし、ヨーロッパの中で島国の英国はナポレオンからの侵略をまぬがれていたこともあり、左側通行がそのまま残って現在に至っているのではないかとされています。 一方アメリカはイギリスの植民地時代があったわけですが、独立戦争後にイギリスからの植民地時代の影響を捨て去る気持ちが強かったことに加え、フランスなど右側通行諸国からの移民が多かったため、アメリカは右側通行になったといわれています。 そして、自働車時代がやってくると、アメリカで生産される左ハンドルの右側通行用の自働車が各国に多く輸出されたことから、かつて左側通行だった地域でも右側通行が導入されるようになったことが、右側通行の地域が多い理由のひとつとされています。 ただ宗教的に見ると、世界最大のカトリックの教えが大きいことも考えられるといえます。 それは聖書に次のような箇所があるからです。「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
そして、この反時計回りと時計回りは宗教と深い関係があり、反時計回りはカトリック教徒がおもな宗教で、われわれ日本人の仏教は時計回りといわれています。 反時計回りの例を上げると、巡礼する場所では、反時計回りのカトリックでは右から入り、左から出てくる順路をとります。 これが現在にいたる右側通行の始まりといわれており、これはラウンドアバウト(環状交差点)の走行を考えればわかります。海外では半時計回り(右側通行)が多いラウンドアバウトだが、日本では時計回り(左側通行)になっている 反時計回りなら、道路の右側から入り、時計回りなら左側から入ります。 しかし、右側通行にも試練がありました。 それは18世紀のフランス革命のときに、反カトリック派が左側通行はカトリックの教えなので左側通行に変更しなさいというものでした。 当然当時の軍隊もそれにならい、左側から攻撃を仕掛ける戦法が取られましたが、ナポレオンが右側からの攻撃をおこない、大きな戦果を上げるとフランス軍は右側からの攻撃に加え、右側通行するようになったといわれています。 その後フランスは、多くの地域を植民地に変えていきますが、その時に左側通行していた地域も右側通行を導入するようになったといわれています。 しかし、ヨーロッパの中で島国の英国はナポレオンからの侵略をまぬがれていたこともあり、左側通行がそのまま残って現在に至っているのではないかとされています。 一方アメリカはイギリスの植民地時代があったわけですが、独立戦争後にイギリスからの植民地時代の影響を捨て去る気持ちが強かったことに加え、フランスなど右側通行諸国からの移民が多かったため、アメリカは右側通行になったといわれています。 そして、自働車時代がやってくると、アメリカで生産される左ハンドルの右側通行用の自働車が各国に多く輸出されたことから、かつて左側通行だった地域でも右側通行が導入されるようになったことが、右側通行の地域が多い理由のひとつとされています。 ただ宗教的に見ると、世界最大のカトリックの教えが大きいことも考えられるといえます。 それは聖書に次のような箇所があるからです。「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
反時計回りの例を上げると、巡礼する場所では、反時計回りのカトリックでは右から入り、左から出てくる順路をとります。 これが現在にいたる右側通行の始まりといわれており、これはラウンドアバウト(環状交差点)の走行を考えればわかります。海外では半時計回り(右側通行)が多いラウンドアバウトだが、日本では時計回り(左側通行)になっている 反時計回りなら、道路の右側から入り、時計回りなら左側から入ります。 しかし、右側通行にも試練がありました。 それは18世紀のフランス革命のときに、反カトリック派が左側通行はカトリックの教えなので左側通行に変更しなさいというものでした。 当然当時の軍隊もそれにならい、左側から攻撃を仕掛ける戦法が取られましたが、ナポレオンが右側からの攻撃をおこない、大きな戦果を上げるとフランス軍は右側からの攻撃に加え、右側通行するようになったといわれています。 その後フランスは、多くの地域を植民地に変えていきますが、その時に左側通行していた地域も右側通行を導入するようになったといわれています。 しかし、ヨーロッパの中で島国の英国はナポレオンからの侵略をまぬがれていたこともあり、左側通行がそのまま残って現在に至っているのではないかとされています。 一方アメリカはイギリスの植民地時代があったわけですが、独立戦争後にイギリスからの植民地時代の影響を捨て去る気持ちが強かったことに加え、フランスなど右側通行諸国からの移民が多かったため、アメリカは右側通行になったといわれています。 そして、自働車時代がやってくると、アメリカで生産される左ハンドルの右側通行用の自働車が各国に多く輸出されたことから、かつて左側通行だった地域でも右側通行が導入されるようになったことが、右側通行の地域が多い理由のひとつとされています。 ただ宗教的に見ると、世界最大のカトリックの教えが大きいことも考えられるといえます。 それは聖書に次のような箇所があるからです。「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
これが現在にいたる右側通行の始まりといわれており、これはラウンドアバウト(環状交差点)の走行を考えればわかります。海外では半時計回り(右側通行)が多いラウンドアバウトだが、日本では時計回り(左側通行)になっている 反時計回りなら、道路の右側から入り、時計回りなら左側から入ります。 しかし、右側通行にも試練がありました。 それは18世紀のフランス革命のときに、反カトリック派が左側通行はカトリックの教えなので左側通行に変更しなさいというものでした。 当然当時の軍隊もそれにならい、左側から攻撃を仕掛ける戦法が取られましたが、ナポレオンが右側からの攻撃をおこない、大きな戦果を上げるとフランス軍は右側からの攻撃に加え、右側通行するようになったといわれています。 その後フランスは、多くの地域を植民地に変えていきますが、その時に左側通行していた地域も右側通行を導入するようになったといわれています。 しかし、ヨーロッパの中で島国の英国はナポレオンからの侵略をまぬがれていたこともあり、左側通行がそのまま残って現在に至っているのではないかとされています。 一方アメリカはイギリスの植民地時代があったわけですが、独立戦争後にイギリスからの植民地時代の影響を捨て去る気持ちが強かったことに加え、フランスなど右側通行諸国からの移民が多かったため、アメリカは右側通行になったといわれています。 そして、自働車時代がやってくると、アメリカで生産される左ハンドルの右側通行用の自働車が各国に多く輸出されたことから、かつて左側通行だった地域でも右側通行が導入されるようになったことが、右側通行の地域が多い理由のひとつとされています。 ただ宗教的に見ると、世界最大のカトリックの教えが大きいことも考えられるといえます。 それは聖書に次のような箇所があるからです。「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
反時計回りなら、道路の右側から入り、時計回りなら左側から入ります。 しかし、右側通行にも試練がありました。 それは18世紀のフランス革命のときに、反カトリック派が左側通行はカトリックの教えなので左側通行に変更しなさいというものでした。 当然当時の軍隊もそれにならい、左側から攻撃を仕掛ける戦法が取られましたが、ナポレオンが右側からの攻撃をおこない、大きな戦果を上げるとフランス軍は右側からの攻撃に加え、右側通行するようになったといわれています。 その後フランスは、多くの地域を植民地に変えていきますが、その時に左側通行していた地域も右側通行を導入するようになったといわれています。 しかし、ヨーロッパの中で島国の英国はナポレオンからの侵略をまぬがれていたこともあり、左側通行がそのまま残って現在に至っているのではないかとされています。 一方アメリカはイギリスの植民地時代があったわけですが、独立戦争後にイギリスからの植民地時代の影響を捨て去る気持ちが強かったことに加え、フランスなど右側通行諸国からの移民が多かったため、アメリカは右側通行になったといわれています。 そして、自働車時代がやってくると、アメリカで生産される左ハンドルの右側通行用の自働車が各国に多く輸出されたことから、かつて左側通行だった地域でも右側通行が導入されるようになったことが、右側通行の地域が多い理由のひとつとされています。 ただ宗教的に見ると、世界最大のカトリックの教えが大きいことも考えられるといえます。 それは聖書に次のような箇所があるからです。「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
しかし、右側通行にも試練がありました。 それは18世紀のフランス革命のときに、反カトリック派が左側通行はカトリックの教えなので左側通行に変更しなさいというものでした。 当然当時の軍隊もそれにならい、左側から攻撃を仕掛ける戦法が取られましたが、ナポレオンが右側からの攻撃をおこない、大きな戦果を上げるとフランス軍は右側からの攻撃に加え、右側通行するようになったといわれています。 その後フランスは、多くの地域を植民地に変えていきますが、その時に左側通行していた地域も右側通行を導入するようになったといわれています。 しかし、ヨーロッパの中で島国の英国はナポレオンからの侵略をまぬがれていたこともあり、左側通行がそのまま残って現在に至っているのではないかとされています。 一方アメリカはイギリスの植民地時代があったわけですが、独立戦争後にイギリスからの植民地時代の影響を捨て去る気持ちが強かったことに加え、フランスなど右側通行諸国からの移民が多かったため、アメリカは右側通行になったといわれています。 そして、自働車時代がやってくると、アメリカで生産される左ハンドルの右側通行用の自働車が各国に多く輸出されたことから、かつて左側通行だった地域でも右側通行が導入されるようになったことが、右側通行の地域が多い理由のひとつとされています。 ただ宗教的に見ると、世界最大のカトリックの教えが大きいことも考えられるといえます。 それは聖書に次のような箇所があるからです。「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
それは18世紀のフランス革命のときに、反カトリック派が左側通行はカトリックの教えなので左側通行に変更しなさいというものでした。 当然当時の軍隊もそれにならい、左側から攻撃を仕掛ける戦法が取られましたが、ナポレオンが右側からの攻撃をおこない、大きな戦果を上げるとフランス軍は右側からの攻撃に加え、右側通行するようになったといわれています。 その後フランスは、多くの地域を植民地に変えていきますが、その時に左側通行していた地域も右側通行を導入するようになったといわれています。 しかし、ヨーロッパの中で島国の英国はナポレオンからの侵略をまぬがれていたこともあり、左側通行がそのまま残って現在に至っているのではないかとされています。 一方アメリカはイギリスの植民地時代があったわけですが、独立戦争後にイギリスからの植民地時代の影響を捨て去る気持ちが強かったことに加え、フランスなど右側通行諸国からの移民が多かったため、アメリカは右側通行になったといわれています。 そして、自働車時代がやってくると、アメリカで生産される左ハンドルの右側通行用の自働車が各国に多く輸出されたことから、かつて左側通行だった地域でも右側通行が導入されるようになったことが、右側通行の地域が多い理由のひとつとされています。 ただ宗教的に見ると、世界最大のカトリックの教えが大きいことも考えられるといえます。 それは聖書に次のような箇所があるからです。「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
当然当時の軍隊もそれにならい、左側から攻撃を仕掛ける戦法が取られましたが、ナポレオンが右側からの攻撃をおこない、大きな戦果を上げるとフランス軍は右側からの攻撃に加え、右側通行するようになったといわれています。 その後フランスは、多くの地域を植民地に変えていきますが、その時に左側通行していた地域も右側通行を導入するようになったといわれています。 しかし、ヨーロッパの中で島国の英国はナポレオンからの侵略をまぬがれていたこともあり、左側通行がそのまま残って現在に至っているのではないかとされています。 一方アメリカはイギリスの植民地時代があったわけですが、独立戦争後にイギリスからの植民地時代の影響を捨て去る気持ちが強かったことに加え、フランスなど右側通行諸国からの移民が多かったため、アメリカは右側通行になったといわれています。 そして、自働車時代がやってくると、アメリカで生産される左ハンドルの右側通行用の自働車が各国に多く輸出されたことから、かつて左側通行だった地域でも右側通行が導入されるようになったことが、右側通行の地域が多い理由のひとつとされています。 ただ宗教的に見ると、世界最大のカトリックの教えが大きいことも考えられるといえます。 それは聖書に次のような箇所があるからです。「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
その後フランスは、多くの地域を植民地に変えていきますが、その時に左側通行していた地域も右側通行を導入するようになったといわれています。 しかし、ヨーロッパの中で島国の英国はナポレオンからの侵略をまぬがれていたこともあり、左側通行がそのまま残って現在に至っているのではないかとされています。 一方アメリカはイギリスの植民地時代があったわけですが、独立戦争後にイギリスからの植民地時代の影響を捨て去る気持ちが強かったことに加え、フランスなど右側通行諸国からの移民が多かったため、アメリカは右側通行になったといわれています。 そして、自働車時代がやってくると、アメリカで生産される左ハンドルの右側通行用の自働車が各国に多く輸出されたことから、かつて左側通行だった地域でも右側通行が導入されるようになったことが、右側通行の地域が多い理由のひとつとされています。 ただ宗教的に見ると、世界最大のカトリックの教えが大きいことも考えられるといえます。 それは聖書に次のような箇所があるからです。「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
しかし、ヨーロッパの中で島国の英国はナポレオンからの侵略をまぬがれていたこともあり、左側通行がそのまま残って現在に至っているのではないかとされています。 一方アメリカはイギリスの植民地時代があったわけですが、独立戦争後にイギリスからの植民地時代の影響を捨て去る気持ちが強かったことに加え、フランスなど右側通行諸国からの移民が多かったため、アメリカは右側通行になったといわれています。 そして、自働車時代がやってくると、アメリカで生産される左ハンドルの右側通行用の自働車が各国に多く輸出されたことから、かつて左側通行だった地域でも右側通行が導入されるようになったことが、右側通行の地域が多い理由のひとつとされています。 ただ宗教的に見ると、世界最大のカトリックの教えが大きいことも考えられるといえます。 それは聖書に次のような箇所があるからです。「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
一方アメリカはイギリスの植民地時代があったわけですが、独立戦争後にイギリスからの植民地時代の影響を捨て去る気持ちが強かったことに加え、フランスなど右側通行諸国からの移民が多かったため、アメリカは右側通行になったといわれています。 そして、自働車時代がやってくると、アメリカで生産される左ハンドルの右側通行用の自働車が各国に多く輸出されたことから、かつて左側通行だった地域でも右側通行が導入されるようになったことが、右側通行の地域が多い理由のひとつとされています。 ただ宗教的に見ると、世界最大のカトリックの教えが大きいことも考えられるといえます。 それは聖書に次のような箇所があるからです。「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
そして、自働車時代がやってくると、アメリカで生産される左ハンドルの右側通行用の自働車が各国に多く輸出されたことから、かつて左側通行だった地域でも右側通行が導入されるようになったことが、右側通行の地域が多い理由のひとつとされています。 ただ宗教的に見ると、世界最大のカトリックの教えが大きいことも考えられるといえます。 それは聖書に次のような箇所があるからです。「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
ただ宗教的に見ると、世界最大のカトリックの教えが大きいことも考えられるといえます。 それは聖書に次のような箇所があるからです。「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
それは聖書に次のような箇所があるからです。「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」 このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
このなかに出てくる羊は純粋なものとしてとらえられており、山羊は愚かで悪いものの象徴とキリスト教では教えられています。 このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
このことから、右はプラスイメージ、左はマイナスイメージが強いことが海外では多く見られ、この考えから自分の進む方向も右側優先になっているともいわれています。※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
※ ※ ※ 子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
子供の頃から歩行者は右側、クルマは左側と多くの人が学校の交通安全教室で教育されている日本ですが、その歴史は一人の政治家のなんとなくという理由だったことに驚きます。 しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
しかし、日本人の歴史を振り返ると、盆踊りや神社仏閣へのお参りも時計回りで左側通行になっています。 実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。
実は、道路交通法で定める左側通行は、日本人が昔から持っている時計回りの生活が生かされているといえるかもしれません。