「次の首相にふさわしい」トップは河野氏23%、石破氏21%・岸田氏12%…読売世論調査

読売新聞社は4~5日、緊急全国世論調査を実施し、次の首相にふさわしい政治家は、トップが河野太郎行政・規制改革相の23%で、石破茂・元幹事長21%、岸田文雄・前政調会長12%と続いた。
自民党総裁選(17日告示、29日投開票)を巡っては、安倍前首相の支援を受ける高市早苗・前総務相が出馬に必要な推薦人20人の確保にメドをつけた。
調査は、菅首相の退陣表明を受け実施。自民党の政治家10人から選んでもらった。4位以下は、小泉環境相11%、安倍氏5%、高市氏3%、野田聖子・幹事長代行2%などとなった。菅首相を含め11人で尋ねた前回(8月7~9日調査)は、石破氏が19%、河野氏が18%と拮抗(きっこう)していたが、今回調査で逆転した。岸田氏は前回4%、高市氏は同1%からそれぞれ上昇した。