スーパークレイジー君に裁判所がビビる「特攻服で来ないですよね?」

埼玉・戸田市議のスーパークレイジー君(35)が7日、9日に控える東京高等裁判所での初公判を前に裁判所から服装検査を受けたことを明かした。
今年1月の戸田市議選に当選したクレイジー君は、選挙前に3か月以上の居住実態がなかったとして、当選無効が言い渡され、7月に裁決の取り消しを求めて、東京高裁に訴訟を提起している。
9日に初公判が開かれるが、この日、クレイジー君の弁護団の元に裁判所から連絡が入ったという。クレイジー君は「裁判所から裁判で変な行動を起こしたり、激しい格好で来ないですよね?と確認の連絡があったみたいです」と話した。
元暴走族のクレイジー君は、昨年の都知事選や戸田市議選では、ベンツを街宣車に使用し、特攻服で活動し、注目を集めた。どうやら裁判所は特攻服姿で現れ、公判の場で何かアピールに出る事態を警戒したようだ。
クレイジー君は「暴れるとでも思ったんですかね(笑い)。特攻服はイベント用で持ち歩いていますが、選挙管理委員会の調査の時もスーツで行きましたよ。こう見えて、空気は読みますし、場もわきまえていますから。なんなら当日は自転車で行きますよ」と裁判所側のとんだ事前調査に笑うしかなかった。