「うつぶせ寝」で肺機能改善か コロナ感染者に効果

今も全国で13万人を超える人が自宅療養を続けるなか、「ある簡単な方法」で肺の機能が改善すると注目を集めています。
住宅の玄関前に立つスーツ姿の男性。2人組のうち1人は、東京・杉並区の行政を預かる田中良区長です。
7月末に新型コロナウイルスに感染した40代男性が区内で1人で療養生活を続け、その後に死亡。
杉並保健所は男性の「感染者情報」を把握しつつも、7回電話してもつながらなかったなどの理由で家族や警察に連絡せず、対応を打ち切っていました。
杉並区・田中良区長:「重症化して(電話の)応対できないとか、もしかしたら自宅死しているかもしれないという意味で安否確認とか、そういう次のステップに進む判断をするべきだったと思います」
杉並区は経緯を調査し、遺族に報告。謝罪するとともに今月から自宅療養の支援体制強化を図っています。
埼玉県でも感染した50代男性が自宅に放置されたまま死亡していたころが分かりました。
政府の分科会メンバー、東邦大学・舘田一博教授:「一日あたりの感染者数、もちろんそれを減らしていく、ということも大事ですけれども一番、大事な要素は医療の逼迫(ひっぱく)が改善してきているかどうか、ということが大事になると思います」 東京の新型コロナウイルスの新規感染者数は7日、1629人。先月31日より少ないものの、専門家は楽観視はできないと指摘します。 また、東京は依然、自宅療養者が1万6000人を超え、全国でも最新のデータで13万5800人に上ります。 コールドクター・丸山浩司医師:「ここ1週間ぐらいだと、家族が陽性になっていて家庭内感染で自宅療養中の方から診察の希望がある」 比較的年齢が若く、軽症や無症状で「重症化リスク」が低いとはいえ、自宅などで療養中に病状が悪化すると手遅れになりかねません。 薬や道具を使わず、肺の機能を改善させる方法を呼吸器系の専門家に伺いました。 日本ECMOnet・竹田晋浩理事長:「うつぶせにする治療というのが、去年の新型コロナが流行し始めた4月くらいから行われるようになっている。効果があることは、ほぼ間違いないだろうと。背中側が潰れてしまっている場合は潰れた肺が『うつぶせ』になることで開いてくれるわけです。そうすると炎症が一瞬、治まってきたりする」 竹田医師によりますと、「うつぶせ寝」することで機能が低下した肺の空気が通りやすくなり、血液中の酸素濃度が改善しやすくなるといいます。 日本ECMOnet・竹田晋浩理事長:「当院の場合だと必ずやります。一度は絶対にやります。重症化してしまった場合に酸素マスクで酸素を吸う、この場合に(うつぶせを)やっておけば、次のECMOまでいかなくていい。大きな治療に進まなくていい可能性がすごくある」 また、重症化を防ぐ「切り札」とされているワクチン接種を巡り、厚労省は6日、異物混入の疑いで回収対象としたモデルナ製の同じロットのものを接種した3例目の死亡を公表。 厚労省は3件すべてについて「ワクチン接種と死亡の因果関係は不明」と説明しています。
東京の新型コロナウイルスの新規感染者数は7日、1629人。先月31日より少ないものの、専門家は楽観視はできないと指摘します。 また、東京は依然、自宅療養者が1万6000人を超え、全国でも最新のデータで13万5800人に上ります。 コールドクター・丸山浩司医師:「ここ1週間ぐらいだと、家族が陽性になっていて家庭内感染で自宅療養中の方から診察の希望がある」 比較的年齢が若く、軽症や無症状で「重症化リスク」が低いとはいえ、自宅などで療養中に病状が悪化すると手遅れになりかねません。 薬や道具を使わず、肺の機能を改善させる方法を呼吸器系の専門家に伺いました。 日本ECMOnet・竹田晋浩理事長:「うつぶせにする治療というのが、去年の新型コロナが流行し始めた4月くらいから行われるようになっている。効果があることは、ほぼ間違いないだろうと。背中側が潰れてしまっている場合は潰れた肺が『うつぶせ』になることで開いてくれるわけです。そうすると炎症が一瞬、治まってきたりする」 竹田医師によりますと、「うつぶせ寝」することで機能が低下した肺の空気が通りやすくなり、血液中の酸素濃度が改善しやすくなるといいます。 日本ECMOnet・竹田晋浩理事長:「当院の場合だと必ずやります。一度は絶対にやります。重症化してしまった場合に酸素マスクで酸素を吸う、この場合に(うつぶせを)やっておけば、次のECMOまでいかなくていい。大きな治療に進まなくていい可能性がすごくある」 また、重症化を防ぐ「切り札」とされているワクチン接種を巡り、厚労省は6日、異物混入の疑いで回収対象としたモデルナ製の同じロットのものを接種した3例目の死亡を公表。 厚労省は3件すべてについて「ワクチン接種と死亡の因果関係は不明」と説明しています。
また、東京は依然、自宅療養者が1万6000人を超え、全国でも最新のデータで13万5800人に上ります。 コールドクター・丸山浩司医師:「ここ1週間ぐらいだと、家族が陽性になっていて家庭内感染で自宅療養中の方から診察の希望がある」 比較的年齢が若く、軽症や無症状で「重症化リスク」が低いとはいえ、自宅などで療養中に病状が悪化すると手遅れになりかねません。 薬や道具を使わず、肺の機能を改善させる方法を呼吸器系の専門家に伺いました。 日本ECMOnet・竹田晋浩理事長:「うつぶせにする治療というのが、去年の新型コロナが流行し始めた4月くらいから行われるようになっている。効果があることは、ほぼ間違いないだろうと。背中側が潰れてしまっている場合は潰れた肺が『うつぶせ』になることで開いてくれるわけです。そうすると炎症が一瞬、治まってきたりする」 竹田医師によりますと、「うつぶせ寝」することで機能が低下した肺の空気が通りやすくなり、血液中の酸素濃度が改善しやすくなるといいます。 日本ECMOnet・竹田晋浩理事長:「当院の場合だと必ずやります。一度は絶対にやります。重症化してしまった場合に酸素マスクで酸素を吸う、この場合に(うつぶせを)やっておけば、次のECMOまでいかなくていい。大きな治療に進まなくていい可能性がすごくある」 また、重症化を防ぐ「切り札」とされているワクチン接種を巡り、厚労省は6日、異物混入の疑いで回収対象としたモデルナ製の同じロットのものを接種した3例目の死亡を公表。 厚労省は3件すべてについて「ワクチン接種と死亡の因果関係は不明」と説明しています。
コールドクター・丸山浩司医師:「ここ1週間ぐらいだと、家族が陽性になっていて家庭内感染で自宅療養中の方から診察の希望がある」 比較的年齢が若く、軽症や無症状で「重症化リスク」が低いとはいえ、自宅などで療養中に病状が悪化すると手遅れになりかねません。 薬や道具を使わず、肺の機能を改善させる方法を呼吸器系の専門家に伺いました。 日本ECMOnet・竹田晋浩理事長:「うつぶせにする治療というのが、去年の新型コロナが流行し始めた4月くらいから行われるようになっている。効果があることは、ほぼ間違いないだろうと。背中側が潰れてしまっている場合は潰れた肺が『うつぶせ』になることで開いてくれるわけです。そうすると炎症が一瞬、治まってきたりする」 竹田医師によりますと、「うつぶせ寝」することで機能が低下した肺の空気が通りやすくなり、血液中の酸素濃度が改善しやすくなるといいます。 日本ECMOnet・竹田晋浩理事長:「当院の場合だと必ずやります。一度は絶対にやります。重症化してしまった場合に酸素マスクで酸素を吸う、この場合に(うつぶせを)やっておけば、次のECMOまでいかなくていい。大きな治療に進まなくていい可能性がすごくある」 また、重症化を防ぐ「切り札」とされているワクチン接種を巡り、厚労省は6日、異物混入の疑いで回収対象としたモデルナ製の同じロットのものを接種した3例目の死亡を公表。 厚労省は3件すべてについて「ワクチン接種と死亡の因果関係は不明」と説明しています。
比較的年齢が若く、軽症や無症状で「重症化リスク」が低いとはいえ、自宅などで療養中に病状が悪化すると手遅れになりかねません。 薬や道具を使わず、肺の機能を改善させる方法を呼吸器系の専門家に伺いました。 日本ECMOnet・竹田晋浩理事長:「うつぶせにする治療というのが、去年の新型コロナが流行し始めた4月くらいから行われるようになっている。効果があることは、ほぼ間違いないだろうと。背中側が潰れてしまっている場合は潰れた肺が『うつぶせ』になることで開いてくれるわけです。そうすると炎症が一瞬、治まってきたりする」 竹田医師によりますと、「うつぶせ寝」することで機能が低下した肺の空気が通りやすくなり、血液中の酸素濃度が改善しやすくなるといいます。 日本ECMOnet・竹田晋浩理事長:「当院の場合だと必ずやります。一度は絶対にやります。重症化してしまった場合に酸素マスクで酸素を吸う、この場合に(うつぶせを)やっておけば、次のECMOまでいかなくていい。大きな治療に進まなくていい可能性がすごくある」 また、重症化を防ぐ「切り札」とされているワクチン接種を巡り、厚労省は6日、異物混入の疑いで回収対象としたモデルナ製の同じロットのものを接種した3例目の死亡を公表。 厚労省は3件すべてについて「ワクチン接種と死亡の因果関係は不明」と説明しています。
薬や道具を使わず、肺の機能を改善させる方法を呼吸器系の専門家に伺いました。 日本ECMOnet・竹田晋浩理事長:「うつぶせにする治療というのが、去年の新型コロナが流行し始めた4月くらいから行われるようになっている。効果があることは、ほぼ間違いないだろうと。背中側が潰れてしまっている場合は潰れた肺が『うつぶせ』になることで開いてくれるわけです。そうすると炎症が一瞬、治まってきたりする」 竹田医師によりますと、「うつぶせ寝」することで機能が低下した肺の空気が通りやすくなり、血液中の酸素濃度が改善しやすくなるといいます。 日本ECMOnet・竹田晋浩理事長:「当院の場合だと必ずやります。一度は絶対にやります。重症化してしまった場合に酸素マスクで酸素を吸う、この場合に(うつぶせを)やっておけば、次のECMOまでいかなくていい。大きな治療に進まなくていい可能性がすごくある」 また、重症化を防ぐ「切り札」とされているワクチン接種を巡り、厚労省は6日、異物混入の疑いで回収対象としたモデルナ製の同じロットのものを接種した3例目の死亡を公表。 厚労省は3件すべてについて「ワクチン接種と死亡の因果関係は不明」と説明しています。
日本ECMOnet・竹田晋浩理事長:「うつぶせにする治療というのが、去年の新型コロナが流行し始めた4月くらいから行われるようになっている。効果があることは、ほぼ間違いないだろうと。背中側が潰れてしまっている場合は潰れた肺が『うつぶせ』になることで開いてくれるわけです。そうすると炎症が一瞬、治まってきたりする」 竹田医師によりますと、「うつぶせ寝」することで機能が低下した肺の空気が通りやすくなり、血液中の酸素濃度が改善しやすくなるといいます。 日本ECMOnet・竹田晋浩理事長:「当院の場合だと必ずやります。一度は絶対にやります。重症化してしまった場合に酸素マスクで酸素を吸う、この場合に(うつぶせを)やっておけば、次のECMOまでいかなくていい。大きな治療に進まなくていい可能性がすごくある」 また、重症化を防ぐ「切り札」とされているワクチン接種を巡り、厚労省は6日、異物混入の疑いで回収対象としたモデルナ製の同じロットのものを接種した3例目の死亡を公表。 厚労省は3件すべてについて「ワクチン接種と死亡の因果関係は不明」と説明しています。
竹田医師によりますと、「うつぶせ寝」することで機能が低下した肺の空気が通りやすくなり、血液中の酸素濃度が改善しやすくなるといいます。 日本ECMOnet・竹田晋浩理事長:「当院の場合だと必ずやります。一度は絶対にやります。重症化してしまった場合に酸素マスクで酸素を吸う、この場合に(うつぶせを)やっておけば、次のECMOまでいかなくていい。大きな治療に進まなくていい可能性がすごくある」 また、重症化を防ぐ「切り札」とされているワクチン接種を巡り、厚労省は6日、異物混入の疑いで回収対象としたモデルナ製の同じロットのものを接種した3例目の死亡を公表。 厚労省は3件すべてについて「ワクチン接種と死亡の因果関係は不明」と説明しています。
日本ECMOnet・竹田晋浩理事長:「当院の場合だと必ずやります。一度は絶対にやります。重症化してしまった場合に酸素マスクで酸素を吸う、この場合に(うつぶせを)やっておけば、次のECMOまでいかなくていい。大きな治療に進まなくていい可能性がすごくある」 また、重症化を防ぐ「切り札」とされているワクチン接種を巡り、厚労省は6日、異物混入の疑いで回収対象としたモデルナ製の同じロットのものを接種した3例目の死亡を公表。 厚労省は3件すべてについて「ワクチン接種と死亡の因果関係は不明」と説明しています。
また、重症化を防ぐ「切り札」とされているワクチン接種を巡り、厚労省は6日、異物混入の疑いで回収対象としたモデルナ製の同じロットのものを接種した3例目の死亡を公表。 厚労省は3件すべてについて「ワクチン接種と死亡の因果関係は不明」と説明しています。