眞子さまと小室圭さん「年内結婚」に反発やまず 問題山積みのNY生活

眞子さまと小室圭さんは、このまますんなりと結婚できるのだろうか──。秋篠宮家の長女・眞子さまと婚約内定者の小室圭さんが、年内に結婚することが明らかになった。結婚に伴う儀式は行わない方向で調整しているという。
【写真15枚】サングラス姿で口角を上げる眞子さま。他、フレンチスリーブワンピ姿の眞子さま、佳子さまとともに腰を絞ったローブ姿、金髪でハイビスカス柄のワンピの小室佳代さん、小室圭さんと亡き父の姿など
小室さんは今年7月に米ニューヨーク州の司法試験を受験、その結果が12月までに発表される。小室さんはすでに現地の法律事務所への就職が内定しているといわれており、結婚後、眞子さまは皇籍を離脱し、アメリカへ移り住み、新婚生活を送る見通しだ。結婚問題を取材している皇室ジャーナリストはこう話す。
「東京五輪前くらいまでは、年内のご結婚は難しいのではないかとの情報もありましたが、8月になったくらいから“儀式なしでの結婚”に現実味が帯びてきたという印象です。小室さんの就職が決まり、結婚の障壁となっていた経済的な基盤が整うことが、結婚実現に向かった大きな理由でしょう。しかし、やはり国民からの反発が多いことが気になります」(以下同)
国民からの反発の大きな原因となっているのが、小室さんの母・佳代さんが抱える数々のトラブルだ。佳代さんは元婚約者から400万円の金銭的援助を受けていたが、その返済がないということでトラブルに発展した。さらに、勤務先の洋菓子店との労災トラブルや、傷病金手当を受給して洋菓子店を休職している間に、別のレストランで働いていたという傷病金不正受給疑惑も報じられている。
トラブルが全く解決されていない状況での「年内結婚」の報道に対し、ネット上では反発の声が止まない。〈これだけの疑惑について何も解決されていません。数多の疑惑に完全に納得、そして解決してからでも遅くはないと思います〉〈心底がっかりしました。いろいろあっても最後は国民の気持ちに寄り添い破談にすると思ってました〉〈駆け落ち婚も反対です!この際、税金からの手切金投入でも破談にして欲しい〉 など、年内結婚に納得できないという意見や、さらには破談にすべきだという意見も多い。 皇族が皇籍を離脱する際、通常であれば一時金が支払われる。眞子さまの場合、1億3700万円ほどになるというが、眞子さまはそれを辞退する意向であると報じられている。様々な金銭トラブルに対する国民からの反発に配慮したものとみられる。 しかし、一時金の辞退だけでは、国民も簡単に納得しないようだ。ネットでは、〈一時金は受け取らなくても、NYへの親族での『引っ越し費用』『生活費』やらで、名目を変えて出されるのでは?〉〈ニューヨークでの今後の生活での警備費が日本国内よりも莫大な金額になると予想されます。それらは、国民からの税金から捻出されるのでしょうか?〉 といった意見が多く見受けられる。「前代未聞の“駆け落ち婚”ということであり、眞子さまと小室さんに対する注目度はさらに高まるでしょう。そうなれば、ニューヨークで何らかのトラブルに巻き込まれる可能性も高くなるわけで、当然ながら警護が必要となります。日本の警察官が現地に派遣される可能性もありますし、現地の警察に警護を依頼するということも考えられるでしょう。あるいは、眞子さまが個人的にボディーガードを雇うという可能性もあるかもしれない。 いずれにしろ、何らかの形で警護が必要であり、そのための人件費が必要となります。つまり、眞子さまが一時金を辞退しても、少なからず費用がかかるんです。もちろんその原資は税金ですから、国民が納得しないのも当然だといえるでしょう」 そして、物価も家賃も高いニューヨークでの生活費も問題だ。「ロースクールを卒業したばかりの小室さんの収入で、民間人になった眞子さまが生活するのは簡単なことではないでしょうね。セキュリティーが厳重なマンションなどに住む必要もありますし、果たして経済基盤が整ったといえるかどうかは難しいところです。 さらに、もしも佳代さんがニューヨークに移り住むということがあれば、生活費も増えますし、警護もより手厚くしなくてはならない。日本で生活するよりもお金がかかることとなり、さらに国民感情を刺激することにもなりかねません」 佳代さんと元婚約者の金銭トラブルについて、28枚の文書で釈明した小室さん。その後、小室さん側は、元婚約者に対し解決金を支払う用意があるとしていたが、結局動きはないままだ。そして、記者会見などを開き、問題に対する直接の説明もしていない。「“駆け落ち婚”というよりも“逃げ切り婚”と呼ぶべき状況でもあるといえます。そのうえ、日本で暮らすよりもお金がかかるニューヨークに移り住むわけですから、手放しで祝福できない国民が多いのも仕方ない。結婚後であったとしても、小室さん本人がトラブルに関する説明責任を果たす必要があるでしょう」「年内結婚」はひとつの区切りではあるが、それで問題が終わるわけではない。本当に大変なのは、むしろ結婚後なのかもしれない。
〈これだけの疑惑について何も解決されていません。数多の疑惑に完全に納得、そして解決してからでも遅くはないと思います〉〈心底がっかりしました。いろいろあっても最後は国民の気持ちに寄り添い破談にすると思ってました〉〈駆け落ち婚も反対です!この際、税金からの手切金投入でも破談にして欲しい〉 など、年内結婚に納得できないという意見や、さらには破談にすべきだという意見も多い。 皇族が皇籍を離脱する際、通常であれば一時金が支払われる。眞子さまの場合、1億3700万円ほどになるというが、眞子さまはそれを辞退する意向であると報じられている。様々な金銭トラブルに対する国民からの反発に配慮したものとみられる。 しかし、一時金の辞退だけでは、国民も簡単に納得しないようだ。ネットでは、〈一時金は受け取らなくても、NYへの親族での『引っ越し費用』『生活費』やらで、名目を変えて出されるのでは?〉〈ニューヨークでの今後の生活での警備費が日本国内よりも莫大な金額になると予想されます。それらは、国民からの税金から捻出されるのでしょうか?〉 といった意見が多く見受けられる。「前代未聞の“駆け落ち婚”ということであり、眞子さまと小室さんに対する注目度はさらに高まるでしょう。そうなれば、ニューヨークで何らかのトラブルに巻き込まれる可能性も高くなるわけで、当然ながら警護が必要となります。日本の警察官が現地に派遣される可能性もありますし、現地の警察に警護を依頼するということも考えられるでしょう。あるいは、眞子さまが個人的にボディーガードを雇うという可能性もあるかもしれない。 いずれにしろ、何らかの形で警護が必要であり、そのための人件費が必要となります。つまり、眞子さまが一時金を辞退しても、少なからず費用がかかるんです。もちろんその原資は税金ですから、国民が納得しないのも当然だといえるでしょう」 そして、物価も家賃も高いニューヨークでの生活費も問題だ。「ロースクールを卒業したばかりの小室さんの収入で、民間人になった眞子さまが生活するのは簡単なことではないでしょうね。セキュリティーが厳重なマンションなどに住む必要もありますし、果たして経済基盤が整ったといえるかどうかは難しいところです。 さらに、もしも佳代さんがニューヨークに移り住むということがあれば、生活費も増えますし、警護もより手厚くしなくてはならない。日本で生活するよりもお金がかかることとなり、さらに国民感情を刺激することにもなりかねません」 佳代さんと元婚約者の金銭トラブルについて、28枚の文書で釈明した小室さん。その後、小室さん側は、元婚約者に対し解決金を支払う用意があるとしていたが、結局動きはないままだ。そして、記者会見などを開き、問題に対する直接の説明もしていない。「“駆け落ち婚”というよりも“逃げ切り婚”と呼ぶべき状況でもあるといえます。そのうえ、日本で暮らすよりもお金がかかるニューヨークに移り住むわけですから、手放しで祝福できない国民が多いのも仕方ない。結婚後であったとしても、小室さん本人がトラブルに関する説明責任を果たす必要があるでしょう」「年内結婚」はひとつの区切りではあるが、それで問題が終わるわけではない。本当に大変なのは、むしろ結婚後なのかもしれない。
など、年内結婚に納得できないという意見や、さらには破談にすべきだという意見も多い。 皇族が皇籍を離脱する際、通常であれば一時金が支払われる。眞子さまの場合、1億3700万円ほどになるというが、眞子さまはそれを辞退する意向であると報じられている。様々な金銭トラブルに対する国民からの反発に配慮したものとみられる。 しかし、一時金の辞退だけでは、国民も簡単に納得しないようだ。ネットでは、〈一時金は受け取らなくても、NYへの親族での『引っ越し費用』『生活費』やらで、名目を変えて出されるのでは?〉〈ニューヨークでの今後の生活での警備費が日本国内よりも莫大な金額になると予想されます。それらは、国民からの税金から捻出されるのでしょうか?〉 といった意見が多く見受けられる。「前代未聞の“駆け落ち婚”ということであり、眞子さまと小室さんに対する注目度はさらに高まるでしょう。そうなれば、ニューヨークで何らかのトラブルに巻き込まれる可能性も高くなるわけで、当然ながら警護が必要となります。日本の警察官が現地に派遣される可能性もありますし、現地の警察に警護を依頼するということも考えられるでしょう。あるいは、眞子さまが個人的にボディーガードを雇うという可能性もあるかもしれない。 いずれにしろ、何らかの形で警護が必要であり、そのための人件費が必要となります。つまり、眞子さまが一時金を辞退しても、少なからず費用がかかるんです。もちろんその原資は税金ですから、国民が納得しないのも当然だといえるでしょう」 そして、物価も家賃も高いニューヨークでの生活費も問題だ。「ロースクールを卒業したばかりの小室さんの収入で、民間人になった眞子さまが生活するのは簡単なことではないでしょうね。セキュリティーが厳重なマンションなどに住む必要もありますし、果たして経済基盤が整ったといえるかどうかは難しいところです。 さらに、もしも佳代さんがニューヨークに移り住むということがあれば、生活費も増えますし、警護もより手厚くしなくてはならない。日本で生活するよりもお金がかかることとなり、さらに国民感情を刺激することにもなりかねません」 佳代さんと元婚約者の金銭トラブルについて、28枚の文書で釈明した小室さん。その後、小室さん側は、元婚約者に対し解決金を支払う用意があるとしていたが、結局動きはないままだ。そして、記者会見などを開き、問題に対する直接の説明もしていない。「“駆け落ち婚”というよりも“逃げ切り婚”と呼ぶべき状況でもあるといえます。そのうえ、日本で暮らすよりもお金がかかるニューヨークに移り住むわけですから、手放しで祝福できない国民が多いのも仕方ない。結婚後であったとしても、小室さん本人がトラブルに関する説明責任を果たす必要があるでしょう」「年内結婚」はひとつの区切りではあるが、それで問題が終わるわけではない。本当に大変なのは、むしろ結婚後なのかもしれない。
皇族が皇籍を離脱する際、通常であれば一時金が支払われる。眞子さまの場合、1億3700万円ほどになるというが、眞子さまはそれを辞退する意向であると報じられている。様々な金銭トラブルに対する国民からの反発に配慮したものとみられる。 しかし、一時金の辞退だけでは、国民も簡単に納得しないようだ。ネットでは、〈一時金は受け取らなくても、NYへの親族での『引っ越し費用』『生活費』やらで、名目を変えて出されるのでは?〉〈ニューヨークでの今後の生活での警備費が日本国内よりも莫大な金額になると予想されます。それらは、国民からの税金から捻出されるのでしょうか?〉 といった意見が多く見受けられる。「前代未聞の“駆け落ち婚”ということであり、眞子さまと小室さんに対する注目度はさらに高まるでしょう。そうなれば、ニューヨークで何らかのトラブルに巻き込まれる可能性も高くなるわけで、当然ながら警護が必要となります。日本の警察官が現地に派遣される可能性もありますし、現地の警察に警護を依頼するということも考えられるでしょう。あるいは、眞子さまが個人的にボディーガードを雇うという可能性もあるかもしれない。 いずれにしろ、何らかの形で警護が必要であり、そのための人件費が必要となります。つまり、眞子さまが一時金を辞退しても、少なからず費用がかかるんです。もちろんその原資は税金ですから、国民が納得しないのも当然だといえるでしょう」 そして、物価も家賃も高いニューヨークでの生活費も問題だ。「ロースクールを卒業したばかりの小室さんの収入で、民間人になった眞子さまが生活するのは簡単なことではないでしょうね。セキュリティーが厳重なマンションなどに住む必要もありますし、果たして経済基盤が整ったといえるかどうかは難しいところです。 さらに、もしも佳代さんがニューヨークに移り住むということがあれば、生活費も増えますし、警護もより手厚くしなくてはならない。日本で生活するよりもお金がかかることとなり、さらに国民感情を刺激することにもなりかねません」 佳代さんと元婚約者の金銭トラブルについて、28枚の文書で釈明した小室さん。その後、小室さん側は、元婚約者に対し解決金を支払う用意があるとしていたが、結局動きはないままだ。そして、記者会見などを開き、問題に対する直接の説明もしていない。「“駆け落ち婚”というよりも“逃げ切り婚”と呼ぶべき状況でもあるといえます。そのうえ、日本で暮らすよりもお金がかかるニューヨークに移り住むわけですから、手放しで祝福できない国民が多いのも仕方ない。結婚後であったとしても、小室さん本人がトラブルに関する説明責任を果たす必要があるでしょう」「年内結婚」はひとつの区切りではあるが、それで問題が終わるわけではない。本当に大変なのは、むしろ結婚後なのかもしれない。
しかし、一時金の辞退だけでは、国民も簡単に納得しないようだ。ネットでは、〈一時金は受け取らなくても、NYへの親族での『引っ越し費用』『生活費』やらで、名目を変えて出されるのでは?〉〈ニューヨークでの今後の生活での警備費が日本国内よりも莫大な金額になると予想されます。それらは、国民からの税金から捻出されるのでしょうか?〉 といった意見が多く見受けられる。「前代未聞の“駆け落ち婚”ということであり、眞子さまと小室さんに対する注目度はさらに高まるでしょう。そうなれば、ニューヨークで何らかのトラブルに巻き込まれる可能性も高くなるわけで、当然ながら警護が必要となります。日本の警察官が現地に派遣される可能性もありますし、現地の警察に警護を依頼するということも考えられるでしょう。あるいは、眞子さまが個人的にボディーガードを雇うという可能性もあるかもしれない。 いずれにしろ、何らかの形で警護が必要であり、そのための人件費が必要となります。つまり、眞子さまが一時金を辞退しても、少なからず費用がかかるんです。もちろんその原資は税金ですから、国民が納得しないのも当然だといえるでしょう」 そして、物価も家賃も高いニューヨークでの生活費も問題だ。「ロースクールを卒業したばかりの小室さんの収入で、民間人になった眞子さまが生活するのは簡単なことではないでしょうね。セキュリティーが厳重なマンションなどに住む必要もありますし、果たして経済基盤が整ったといえるかどうかは難しいところです。 さらに、もしも佳代さんがニューヨークに移り住むということがあれば、生活費も増えますし、警護もより手厚くしなくてはならない。日本で生活するよりもお金がかかることとなり、さらに国民感情を刺激することにもなりかねません」 佳代さんと元婚約者の金銭トラブルについて、28枚の文書で釈明した小室さん。その後、小室さん側は、元婚約者に対し解決金を支払う用意があるとしていたが、結局動きはないままだ。そして、記者会見などを開き、問題に対する直接の説明もしていない。「“駆け落ち婚”というよりも“逃げ切り婚”と呼ぶべき状況でもあるといえます。そのうえ、日本で暮らすよりもお金がかかるニューヨークに移り住むわけですから、手放しで祝福できない国民が多いのも仕方ない。結婚後であったとしても、小室さん本人がトラブルに関する説明責任を果たす必要があるでしょう」「年内結婚」はひとつの区切りではあるが、それで問題が終わるわけではない。本当に大変なのは、むしろ結婚後なのかもしれない。
〈一時金は受け取らなくても、NYへの親族での『引っ越し費用』『生活費』やらで、名目を変えて出されるのでは?〉〈ニューヨークでの今後の生活での警備費が日本国内よりも莫大な金額になると予想されます。それらは、国民からの税金から捻出されるのでしょうか?〉 といった意見が多く見受けられる。「前代未聞の“駆け落ち婚”ということであり、眞子さまと小室さんに対する注目度はさらに高まるでしょう。そうなれば、ニューヨークで何らかのトラブルに巻き込まれる可能性も高くなるわけで、当然ながら警護が必要となります。日本の警察官が現地に派遣される可能性もありますし、現地の警察に警護を依頼するということも考えられるでしょう。あるいは、眞子さまが個人的にボディーガードを雇うという可能性もあるかもしれない。 いずれにしろ、何らかの形で警護が必要であり、そのための人件費が必要となります。つまり、眞子さまが一時金を辞退しても、少なからず費用がかかるんです。もちろんその原資は税金ですから、国民が納得しないのも当然だといえるでしょう」 そして、物価も家賃も高いニューヨークでの生活費も問題だ。「ロースクールを卒業したばかりの小室さんの収入で、民間人になった眞子さまが生活するのは簡単なことではないでしょうね。セキュリティーが厳重なマンションなどに住む必要もありますし、果たして経済基盤が整ったといえるかどうかは難しいところです。 さらに、もしも佳代さんがニューヨークに移り住むということがあれば、生活費も増えますし、警護もより手厚くしなくてはならない。日本で生活するよりもお金がかかることとなり、さらに国民感情を刺激することにもなりかねません」 佳代さんと元婚約者の金銭トラブルについて、28枚の文書で釈明した小室さん。その後、小室さん側は、元婚約者に対し解決金を支払う用意があるとしていたが、結局動きはないままだ。そして、記者会見などを開き、問題に対する直接の説明もしていない。「“駆け落ち婚”というよりも“逃げ切り婚”と呼ぶべき状況でもあるといえます。そのうえ、日本で暮らすよりもお金がかかるニューヨークに移り住むわけですから、手放しで祝福できない国民が多いのも仕方ない。結婚後であったとしても、小室さん本人がトラブルに関する説明責任を果たす必要があるでしょう」「年内結婚」はひとつの区切りではあるが、それで問題が終わるわけではない。本当に大変なのは、むしろ結婚後なのかもしれない。
といった意見が多く見受けられる。「前代未聞の“駆け落ち婚”ということであり、眞子さまと小室さんに対する注目度はさらに高まるでしょう。そうなれば、ニューヨークで何らかのトラブルに巻き込まれる可能性も高くなるわけで、当然ながら警護が必要となります。日本の警察官が現地に派遣される可能性もありますし、現地の警察に警護を依頼するということも考えられるでしょう。あるいは、眞子さまが個人的にボディーガードを雇うという可能性もあるかもしれない。 いずれにしろ、何らかの形で警護が必要であり、そのための人件費が必要となります。つまり、眞子さまが一時金を辞退しても、少なからず費用がかかるんです。もちろんその原資は税金ですから、国民が納得しないのも当然だといえるでしょう」 そして、物価も家賃も高いニューヨークでの生活費も問題だ。「ロースクールを卒業したばかりの小室さんの収入で、民間人になった眞子さまが生活するのは簡単なことではないでしょうね。セキュリティーが厳重なマンションなどに住む必要もありますし、果たして経済基盤が整ったといえるかどうかは難しいところです。 さらに、もしも佳代さんがニューヨークに移り住むということがあれば、生活費も増えますし、警護もより手厚くしなくてはならない。日本で生活するよりもお金がかかることとなり、さらに国民感情を刺激することにもなりかねません」 佳代さんと元婚約者の金銭トラブルについて、28枚の文書で釈明した小室さん。その後、小室さん側は、元婚約者に対し解決金を支払う用意があるとしていたが、結局動きはないままだ。そして、記者会見などを開き、問題に対する直接の説明もしていない。「“駆け落ち婚”というよりも“逃げ切り婚”と呼ぶべき状況でもあるといえます。そのうえ、日本で暮らすよりもお金がかかるニューヨークに移り住むわけですから、手放しで祝福できない国民が多いのも仕方ない。結婚後であったとしても、小室さん本人がトラブルに関する説明責任を果たす必要があるでしょう」「年内結婚」はひとつの区切りではあるが、それで問題が終わるわけではない。本当に大変なのは、むしろ結婚後なのかもしれない。
「前代未聞の“駆け落ち婚”ということであり、眞子さまと小室さんに対する注目度はさらに高まるでしょう。そうなれば、ニューヨークで何らかのトラブルに巻き込まれる可能性も高くなるわけで、当然ながら警護が必要となります。日本の警察官が現地に派遣される可能性もありますし、現地の警察に警護を依頼するということも考えられるでしょう。あるいは、眞子さまが個人的にボディーガードを雇うという可能性もあるかもしれない。 いずれにしろ、何らかの形で警護が必要であり、そのための人件費が必要となります。つまり、眞子さまが一時金を辞退しても、少なからず費用がかかるんです。もちろんその原資は税金ですから、国民が納得しないのも当然だといえるでしょう」 そして、物価も家賃も高いニューヨークでの生活費も問題だ。「ロースクールを卒業したばかりの小室さんの収入で、民間人になった眞子さまが生活するのは簡単なことではないでしょうね。セキュリティーが厳重なマンションなどに住む必要もありますし、果たして経済基盤が整ったといえるかどうかは難しいところです。 さらに、もしも佳代さんがニューヨークに移り住むということがあれば、生活費も増えますし、警護もより手厚くしなくてはならない。日本で生活するよりもお金がかかることとなり、さらに国民感情を刺激することにもなりかねません」 佳代さんと元婚約者の金銭トラブルについて、28枚の文書で釈明した小室さん。その後、小室さん側は、元婚約者に対し解決金を支払う用意があるとしていたが、結局動きはないままだ。そして、記者会見などを開き、問題に対する直接の説明もしていない。「“駆け落ち婚”というよりも“逃げ切り婚”と呼ぶべき状況でもあるといえます。そのうえ、日本で暮らすよりもお金がかかるニューヨークに移り住むわけですから、手放しで祝福できない国民が多いのも仕方ない。結婚後であったとしても、小室さん本人がトラブルに関する説明責任を果たす必要があるでしょう」「年内結婚」はひとつの区切りではあるが、それで問題が終わるわけではない。本当に大変なのは、むしろ結婚後なのかもしれない。
いずれにしろ、何らかの形で警護が必要であり、そのための人件費が必要となります。つまり、眞子さまが一時金を辞退しても、少なからず費用がかかるんです。もちろんその原資は税金ですから、国民が納得しないのも当然だといえるでしょう」 そして、物価も家賃も高いニューヨークでの生活費も問題だ。「ロースクールを卒業したばかりの小室さんの収入で、民間人になった眞子さまが生活するのは簡単なことではないでしょうね。セキュリティーが厳重なマンションなどに住む必要もありますし、果たして経済基盤が整ったといえるかどうかは難しいところです。 さらに、もしも佳代さんがニューヨークに移り住むということがあれば、生活費も増えますし、警護もより手厚くしなくてはならない。日本で生活するよりもお金がかかることとなり、さらに国民感情を刺激することにもなりかねません」 佳代さんと元婚約者の金銭トラブルについて、28枚の文書で釈明した小室さん。その後、小室さん側は、元婚約者に対し解決金を支払う用意があるとしていたが、結局動きはないままだ。そして、記者会見などを開き、問題に対する直接の説明もしていない。「“駆け落ち婚”というよりも“逃げ切り婚”と呼ぶべき状況でもあるといえます。そのうえ、日本で暮らすよりもお金がかかるニューヨークに移り住むわけですから、手放しで祝福できない国民が多いのも仕方ない。結婚後であったとしても、小室さん本人がトラブルに関する説明責任を果たす必要があるでしょう」「年内結婚」はひとつの区切りではあるが、それで問題が終わるわけではない。本当に大変なのは、むしろ結婚後なのかもしれない。
そして、物価も家賃も高いニューヨークでの生活費も問題だ。「ロースクールを卒業したばかりの小室さんの収入で、民間人になった眞子さまが生活するのは簡単なことではないでしょうね。セキュリティーが厳重なマンションなどに住む必要もありますし、果たして経済基盤が整ったといえるかどうかは難しいところです。 さらに、もしも佳代さんがニューヨークに移り住むということがあれば、生活費も増えますし、警護もより手厚くしなくてはならない。日本で生活するよりもお金がかかることとなり、さらに国民感情を刺激することにもなりかねません」 佳代さんと元婚約者の金銭トラブルについて、28枚の文書で釈明した小室さん。その後、小室さん側は、元婚約者に対し解決金を支払う用意があるとしていたが、結局動きはないままだ。そして、記者会見などを開き、問題に対する直接の説明もしていない。「“駆け落ち婚”というよりも“逃げ切り婚”と呼ぶべき状況でもあるといえます。そのうえ、日本で暮らすよりもお金がかかるニューヨークに移り住むわけですから、手放しで祝福できない国民が多いのも仕方ない。結婚後であったとしても、小室さん本人がトラブルに関する説明責任を果たす必要があるでしょう」「年内結婚」はひとつの区切りではあるが、それで問題が終わるわけではない。本当に大変なのは、むしろ結婚後なのかもしれない。
「ロースクールを卒業したばかりの小室さんの収入で、民間人になった眞子さまが生活するのは簡単なことではないでしょうね。セキュリティーが厳重なマンションなどに住む必要もありますし、果たして経済基盤が整ったといえるかどうかは難しいところです。 さらに、もしも佳代さんがニューヨークに移り住むということがあれば、生活費も増えますし、警護もより手厚くしなくてはならない。日本で生活するよりもお金がかかることとなり、さらに国民感情を刺激することにもなりかねません」 佳代さんと元婚約者の金銭トラブルについて、28枚の文書で釈明した小室さん。その後、小室さん側は、元婚約者に対し解決金を支払う用意があるとしていたが、結局動きはないままだ。そして、記者会見などを開き、問題に対する直接の説明もしていない。「“駆け落ち婚”というよりも“逃げ切り婚”と呼ぶべき状況でもあるといえます。そのうえ、日本で暮らすよりもお金がかかるニューヨークに移り住むわけですから、手放しで祝福できない国民が多いのも仕方ない。結婚後であったとしても、小室さん本人がトラブルに関する説明責任を果たす必要があるでしょう」「年内結婚」はひとつの区切りではあるが、それで問題が終わるわけではない。本当に大変なのは、むしろ結婚後なのかもしれない。
さらに、もしも佳代さんがニューヨークに移り住むということがあれば、生活費も増えますし、警護もより手厚くしなくてはならない。日本で生活するよりもお金がかかることとなり、さらに国民感情を刺激することにもなりかねません」 佳代さんと元婚約者の金銭トラブルについて、28枚の文書で釈明した小室さん。その後、小室さん側は、元婚約者に対し解決金を支払う用意があるとしていたが、結局動きはないままだ。そして、記者会見などを開き、問題に対する直接の説明もしていない。「“駆け落ち婚”というよりも“逃げ切り婚”と呼ぶべき状況でもあるといえます。そのうえ、日本で暮らすよりもお金がかかるニューヨークに移り住むわけですから、手放しで祝福できない国民が多いのも仕方ない。結婚後であったとしても、小室さん本人がトラブルに関する説明責任を果たす必要があるでしょう」「年内結婚」はひとつの区切りではあるが、それで問題が終わるわけではない。本当に大変なのは、むしろ結婚後なのかもしれない。
佳代さんと元婚約者の金銭トラブルについて、28枚の文書で釈明した小室さん。その後、小室さん側は、元婚約者に対し解決金を支払う用意があるとしていたが、結局動きはないままだ。そして、記者会見などを開き、問題に対する直接の説明もしていない。「“駆け落ち婚”というよりも“逃げ切り婚”と呼ぶべき状況でもあるといえます。そのうえ、日本で暮らすよりもお金がかかるニューヨークに移り住むわけですから、手放しで祝福できない国民が多いのも仕方ない。結婚後であったとしても、小室さん本人がトラブルに関する説明責任を果たす必要があるでしょう」「年内結婚」はひとつの区切りではあるが、それで問題が終わるわけではない。本当に大変なのは、むしろ結婚後なのかもしれない。
「“駆け落ち婚”というよりも“逃げ切り婚”と呼ぶべき状況でもあるといえます。そのうえ、日本で暮らすよりもお金がかかるニューヨークに移り住むわけですから、手放しで祝福できない国民が多いのも仕方ない。結婚後であったとしても、小室さん本人がトラブルに関する説明責任を果たす必要があるでしょう」「年内結婚」はひとつの区切りではあるが、それで問題が終わるわけではない。本当に大変なのは、むしろ結婚後なのかもしれない。
「年内結婚」はひとつの区切りではあるが、それで問題が終わるわけではない。本当に大変なのは、むしろ結婚後なのかもしれない。