「宅飲みトラブル」が増加 自宅周辺の治安悪化に怯える人も

弘中綾香アナが「宅飲みパーティ」をし、テレビ朝日は注意喚起をしたと「週刊新潮」が報じたことで、これくらいよいだろう、いや黙食でもないし非難を浴びてもしかたないとネットでも様々に議論を巻き起こしている。飲食店での酒類提供が自粛されている影響で「宅飲み」が広がっているが、そのことでコロナ対策という意味だけでない軋轢が起きている。ライターの森鷹久氏が、増える「宅飲み」トラブルについてレポートする。
【写真】BBQをするのは楽しい
* * * 仕事終わりに同僚と軽く一杯……などという以前は当たり前だった光景も在宅ワークの拡大と飲食店の酒類提供自粛により、一部を除けばほとんど見られなくなってしまった。
一方、購入してきた酒やツマミで「宅飲み」にシフトする人々も増加中だというが、思わぬトラブルが起きているという。
「今年の冬頃から騒がしくなり、ピークは五輪期間。何人も入れ替わり立ち替わりやってきて、居酒屋よろしくのどんちゃん騒ぎ。マンションの入り口には、その仲間と思われる連中がたむろして、マスクもせずにおしゃべり、喫煙、路上飲み。もううんざりです」
こう話すのは、都内在住の検査技師・木本裕平さん(仮名・30代)。自宅マンションの同フロアに住む若い男の家に「宅飲み」目的の若者が集結し、週末など明け方まで大騒ぎをしているというのだ。「五輪期間なんか、勝った負けたと大きな声が聞こえてきて、おそらく『賭け』もしていたような叫び声も聞こえました。エントランスに、騒音を出すな、と貼り紙も貼られていますがお構いなし。イレズミを入れた若者もいて、住人は厳しく注意できない」(木本さん) 同じく、都内に住む大学生・金本さやかさん(仮名・20代)も、自宅アパート住民の「宅飲み」により、治安が悪化していると感じている。「大学生しか住んでいないアパートで、学校がコロナで休校になった頃から、宅飲みする住人が増えました。バイトから帰ると、私の部屋の前に酔っ払った男の人が寝転がっていたり、ピンポンしてきて『一緒に飲もうよ』なんて言われたこともあります」(金本さん) 他にも、アパートの階段に嘔吐物があったり、酔った住人同士の怒鳴り合う声が聞こえてきたりと、金本さんは自室にいても、安心できない日々を過ごしているという。 宅飲みトラブルはこれだけにとどまらない。「密にならないということでバーベキューをするご家庭が増えましたが、度を過ぎているというか……」 茨城県の主婦・本田史子さん(仮名・40代)は、一戸建てが並ぶ新興住宅地に居住。コロナ禍の夏に、自宅の庭でバーベキューをしたり食事をする住人が増えたとは感じていたが、真向かいに住むご近所さんのソレは目に余るものだった。「とにかく朝から晩まで、庭に設置された大きなコンロで肉を焼いたり魚を焼いたりする。匂いだけでも洗濯物について大変なのに、大宴会で笑い声や話し声もすごいんです」(本田さん) みかねた夫が注意に行くと「室内でやれというのか」と押し返されたという。「室内でやって感染したらお宅のせいだ、と言われてしまったようですが、とんでもないお門違い。文句を言って以降も騒がしさはそのまま。バーベキューができない冬が来るまで待つしかないんでしょうか」(本田さん) 千葉県在住のカメラマン・星川亨さん(仮名・40代)は、自宅の場所柄から、こうしたコロナ禍での迷惑な人々の行動により、精神状態も不安になっていると訴える。「自宅の前が公園で、その横にコンビニがあり、同じフロアには宅飲み大学生が住んでいます。公園では春先から酒を持ち込んで飲む人が出始め、コンビニには灰皿も設置してあるので、とにかく大混雑でゴミも散乱するようになった。外から内から騒がしい声が聞こえてきて、それが深夜まで続くんですから」(星川さん) 筆者も飲酒は大好きだが、コロナ禍以降は酒を飲むことすらほとんどなくなった。感染対策を考えるとひとり酒になるからだろうか。確かに、気のおけない仲間と酒を飲みたい気持ちはある。 久々に知人らで集まり酒を飲めば、それはさぞ楽しかろう。だが、きちんと自粛し、我慢している人たちまでもが「これだから酒飲みは」と一括りに非難されるのなら、たまったものではない。「コロナ禍」が始まり、およそ一年半が経過しようとしている。あらゆる場所で人々の「限界」が見え始めているが、我慢や自粛の「壁」が崩れたら、そこに待つのは今以上にきつい制限だらけの生活だ。宅飲みで大騒ぎしたり、路上飲みで住人に迷惑をかけている人たちは、それでも飲み続けるのだろうか。
「五輪期間なんか、勝った負けたと大きな声が聞こえてきて、おそらく『賭け』もしていたような叫び声も聞こえました。エントランスに、騒音を出すな、と貼り紙も貼られていますがお構いなし。イレズミを入れた若者もいて、住人は厳しく注意できない」(木本さん) 同じく、都内に住む大学生・金本さやかさん(仮名・20代)も、自宅アパート住民の「宅飲み」により、治安が悪化していると感じている。「大学生しか住んでいないアパートで、学校がコロナで休校になった頃から、宅飲みする住人が増えました。バイトから帰ると、私の部屋の前に酔っ払った男の人が寝転がっていたり、ピンポンしてきて『一緒に飲もうよ』なんて言われたこともあります」(金本さん) 他にも、アパートの階段に嘔吐物があったり、酔った住人同士の怒鳴り合う声が聞こえてきたりと、金本さんは自室にいても、安心できない日々を過ごしているという。 宅飲みトラブルはこれだけにとどまらない。「密にならないということでバーベキューをするご家庭が増えましたが、度を過ぎているというか……」 茨城県の主婦・本田史子さん(仮名・40代)は、一戸建てが並ぶ新興住宅地に居住。コロナ禍の夏に、自宅の庭でバーベキューをしたり食事をする住人が増えたとは感じていたが、真向かいに住むご近所さんのソレは目に余るものだった。「とにかく朝から晩まで、庭に設置された大きなコンロで肉を焼いたり魚を焼いたりする。匂いだけでも洗濯物について大変なのに、大宴会で笑い声や話し声もすごいんです」(本田さん) みかねた夫が注意に行くと「室内でやれというのか」と押し返されたという。「室内でやって感染したらお宅のせいだ、と言われてしまったようですが、とんでもないお門違い。文句を言って以降も騒がしさはそのまま。バーベキューができない冬が来るまで待つしかないんでしょうか」(本田さん) 千葉県在住のカメラマン・星川亨さん(仮名・40代)は、自宅の場所柄から、こうしたコロナ禍での迷惑な人々の行動により、精神状態も不安になっていると訴える。「自宅の前が公園で、その横にコンビニがあり、同じフロアには宅飲み大学生が住んでいます。公園では春先から酒を持ち込んで飲む人が出始め、コンビニには灰皿も設置してあるので、とにかく大混雑でゴミも散乱するようになった。外から内から騒がしい声が聞こえてきて、それが深夜まで続くんですから」(星川さん) 筆者も飲酒は大好きだが、コロナ禍以降は酒を飲むことすらほとんどなくなった。感染対策を考えるとひとり酒になるからだろうか。確かに、気のおけない仲間と酒を飲みたい気持ちはある。 久々に知人らで集まり酒を飲めば、それはさぞ楽しかろう。だが、きちんと自粛し、我慢している人たちまでもが「これだから酒飲みは」と一括りに非難されるのなら、たまったものではない。「コロナ禍」が始まり、およそ一年半が経過しようとしている。あらゆる場所で人々の「限界」が見え始めているが、我慢や自粛の「壁」が崩れたら、そこに待つのは今以上にきつい制限だらけの生活だ。宅飲みで大騒ぎしたり、路上飲みで住人に迷惑をかけている人たちは、それでも飲み続けるのだろうか。
同じく、都内に住む大学生・金本さやかさん(仮名・20代)も、自宅アパート住民の「宅飲み」により、治安が悪化していると感じている。「大学生しか住んでいないアパートで、学校がコロナで休校になった頃から、宅飲みする住人が増えました。バイトから帰ると、私の部屋の前に酔っ払った男の人が寝転がっていたり、ピンポンしてきて『一緒に飲もうよ』なんて言われたこともあります」(金本さん) 他にも、アパートの階段に嘔吐物があったり、酔った住人同士の怒鳴り合う声が聞こえてきたりと、金本さんは自室にいても、安心できない日々を過ごしているという。 宅飲みトラブルはこれだけにとどまらない。「密にならないということでバーベキューをするご家庭が増えましたが、度を過ぎているというか……」 茨城県の主婦・本田史子さん(仮名・40代)は、一戸建てが並ぶ新興住宅地に居住。コロナ禍の夏に、自宅の庭でバーベキューをしたり食事をする住人が増えたとは感じていたが、真向かいに住むご近所さんのソレは目に余るものだった。「とにかく朝から晩まで、庭に設置された大きなコンロで肉を焼いたり魚を焼いたりする。匂いだけでも洗濯物について大変なのに、大宴会で笑い声や話し声もすごいんです」(本田さん) みかねた夫が注意に行くと「室内でやれというのか」と押し返されたという。「室内でやって感染したらお宅のせいだ、と言われてしまったようですが、とんでもないお門違い。文句を言って以降も騒がしさはそのまま。バーベキューができない冬が来るまで待つしかないんでしょうか」(本田さん) 千葉県在住のカメラマン・星川亨さん(仮名・40代)は、自宅の場所柄から、こうしたコロナ禍での迷惑な人々の行動により、精神状態も不安になっていると訴える。「自宅の前が公園で、その横にコンビニがあり、同じフロアには宅飲み大学生が住んでいます。公園では春先から酒を持ち込んで飲む人が出始め、コンビニには灰皿も設置してあるので、とにかく大混雑でゴミも散乱するようになった。外から内から騒がしい声が聞こえてきて、それが深夜まで続くんですから」(星川さん) 筆者も飲酒は大好きだが、コロナ禍以降は酒を飲むことすらほとんどなくなった。感染対策を考えるとひとり酒になるからだろうか。確かに、気のおけない仲間と酒を飲みたい気持ちはある。 久々に知人らで集まり酒を飲めば、それはさぞ楽しかろう。だが、きちんと自粛し、我慢している人たちまでもが「これだから酒飲みは」と一括りに非難されるのなら、たまったものではない。「コロナ禍」が始まり、およそ一年半が経過しようとしている。あらゆる場所で人々の「限界」が見え始めているが、我慢や自粛の「壁」が崩れたら、そこに待つのは今以上にきつい制限だらけの生活だ。宅飲みで大騒ぎしたり、路上飲みで住人に迷惑をかけている人たちは、それでも飲み続けるのだろうか。
「大学生しか住んでいないアパートで、学校がコロナで休校になった頃から、宅飲みする住人が増えました。バイトから帰ると、私の部屋の前に酔っ払った男の人が寝転がっていたり、ピンポンしてきて『一緒に飲もうよ』なんて言われたこともあります」(金本さん) 他にも、アパートの階段に嘔吐物があったり、酔った住人同士の怒鳴り合う声が聞こえてきたりと、金本さんは自室にいても、安心できない日々を過ごしているという。 宅飲みトラブルはこれだけにとどまらない。「密にならないということでバーベキューをするご家庭が増えましたが、度を過ぎているというか……」 茨城県の主婦・本田史子さん(仮名・40代)は、一戸建てが並ぶ新興住宅地に居住。コロナ禍の夏に、自宅の庭でバーベキューをしたり食事をする住人が増えたとは感じていたが、真向かいに住むご近所さんのソレは目に余るものだった。「とにかく朝から晩まで、庭に設置された大きなコンロで肉を焼いたり魚を焼いたりする。匂いだけでも洗濯物について大変なのに、大宴会で笑い声や話し声もすごいんです」(本田さん) みかねた夫が注意に行くと「室内でやれというのか」と押し返されたという。「室内でやって感染したらお宅のせいだ、と言われてしまったようですが、とんでもないお門違い。文句を言って以降も騒がしさはそのまま。バーベキューができない冬が来るまで待つしかないんでしょうか」(本田さん) 千葉県在住のカメラマン・星川亨さん(仮名・40代)は、自宅の場所柄から、こうしたコロナ禍での迷惑な人々の行動により、精神状態も不安になっていると訴える。「自宅の前が公園で、その横にコンビニがあり、同じフロアには宅飲み大学生が住んでいます。公園では春先から酒を持ち込んで飲む人が出始め、コンビニには灰皿も設置してあるので、とにかく大混雑でゴミも散乱するようになった。外から内から騒がしい声が聞こえてきて、それが深夜まで続くんですから」(星川さん) 筆者も飲酒は大好きだが、コロナ禍以降は酒を飲むことすらほとんどなくなった。感染対策を考えるとひとり酒になるからだろうか。確かに、気のおけない仲間と酒を飲みたい気持ちはある。 久々に知人らで集まり酒を飲めば、それはさぞ楽しかろう。だが、きちんと自粛し、我慢している人たちまでもが「これだから酒飲みは」と一括りに非難されるのなら、たまったものではない。「コロナ禍」が始まり、およそ一年半が経過しようとしている。あらゆる場所で人々の「限界」が見え始めているが、我慢や自粛の「壁」が崩れたら、そこに待つのは今以上にきつい制限だらけの生活だ。宅飲みで大騒ぎしたり、路上飲みで住人に迷惑をかけている人たちは、それでも飲み続けるのだろうか。
他にも、アパートの階段に嘔吐物があったり、酔った住人同士の怒鳴り合う声が聞こえてきたりと、金本さんは自室にいても、安心できない日々を過ごしているという。 宅飲みトラブルはこれだけにとどまらない。「密にならないということでバーベキューをするご家庭が増えましたが、度を過ぎているというか……」 茨城県の主婦・本田史子さん(仮名・40代)は、一戸建てが並ぶ新興住宅地に居住。コロナ禍の夏に、自宅の庭でバーベキューをしたり食事をする住人が増えたとは感じていたが、真向かいに住むご近所さんのソレは目に余るものだった。「とにかく朝から晩まで、庭に設置された大きなコンロで肉を焼いたり魚を焼いたりする。匂いだけでも洗濯物について大変なのに、大宴会で笑い声や話し声もすごいんです」(本田さん) みかねた夫が注意に行くと「室内でやれというのか」と押し返されたという。「室内でやって感染したらお宅のせいだ、と言われてしまったようですが、とんでもないお門違い。文句を言って以降も騒がしさはそのまま。バーベキューができない冬が来るまで待つしかないんでしょうか」(本田さん) 千葉県在住のカメラマン・星川亨さん(仮名・40代)は、自宅の場所柄から、こうしたコロナ禍での迷惑な人々の行動により、精神状態も不安になっていると訴える。「自宅の前が公園で、その横にコンビニがあり、同じフロアには宅飲み大学生が住んでいます。公園では春先から酒を持ち込んで飲む人が出始め、コンビニには灰皿も設置してあるので、とにかく大混雑でゴミも散乱するようになった。外から内から騒がしい声が聞こえてきて、それが深夜まで続くんですから」(星川さん) 筆者も飲酒は大好きだが、コロナ禍以降は酒を飲むことすらほとんどなくなった。感染対策を考えるとひとり酒になるからだろうか。確かに、気のおけない仲間と酒を飲みたい気持ちはある。 久々に知人らで集まり酒を飲めば、それはさぞ楽しかろう。だが、きちんと自粛し、我慢している人たちまでもが「これだから酒飲みは」と一括りに非難されるのなら、たまったものではない。「コロナ禍」が始まり、およそ一年半が経過しようとしている。あらゆる場所で人々の「限界」が見え始めているが、我慢や自粛の「壁」が崩れたら、そこに待つのは今以上にきつい制限だらけの生活だ。宅飲みで大騒ぎしたり、路上飲みで住人に迷惑をかけている人たちは、それでも飲み続けるのだろうか。
宅飲みトラブルはこれだけにとどまらない。「密にならないということでバーベキューをするご家庭が増えましたが、度を過ぎているというか……」 茨城県の主婦・本田史子さん(仮名・40代)は、一戸建てが並ぶ新興住宅地に居住。コロナ禍の夏に、自宅の庭でバーベキューをしたり食事をする住人が増えたとは感じていたが、真向かいに住むご近所さんのソレは目に余るものだった。「とにかく朝から晩まで、庭に設置された大きなコンロで肉を焼いたり魚を焼いたりする。匂いだけでも洗濯物について大変なのに、大宴会で笑い声や話し声もすごいんです」(本田さん) みかねた夫が注意に行くと「室内でやれというのか」と押し返されたという。「室内でやって感染したらお宅のせいだ、と言われてしまったようですが、とんでもないお門違い。文句を言って以降も騒がしさはそのまま。バーベキューができない冬が来るまで待つしかないんでしょうか」(本田さん) 千葉県在住のカメラマン・星川亨さん(仮名・40代)は、自宅の場所柄から、こうしたコロナ禍での迷惑な人々の行動により、精神状態も不安になっていると訴える。「自宅の前が公園で、その横にコンビニがあり、同じフロアには宅飲み大学生が住んでいます。公園では春先から酒を持ち込んで飲む人が出始め、コンビニには灰皿も設置してあるので、とにかく大混雑でゴミも散乱するようになった。外から内から騒がしい声が聞こえてきて、それが深夜まで続くんですから」(星川さん) 筆者も飲酒は大好きだが、コロナ禍以降は酒を飲むことすらほとんどなくなった。感染対策を考えるとひとり酒になるからだろうか。確かに、気のおけない仲間と酒を飲みたい気持ちはある。 久々に知人らで集まり酒を飲めば、それはさぞ楽しかろう。だが、きちんと自粛し、我慢している人たちまでもが「これだから酒飲みは」と一括りに非難されるのなら、たまったものではない。「コロナ禍」が始まり、およそ一年半が経過しようとしている。あらゆる場所で人々の「限界」が見え始めているが、我慢や自粛の「壁」が崩れたら、そこに待つのは今以上にきつい制限だらけの生活だ。宅飲みで大騒ぎしたり、路上飲みで住人に迷惑をかけている人たちは、それでも飲み続けるのだろうか。
「密にならないということでバーベキューをするご家庭が増えましたが、度を過ぎているというか……」 茨城県の主婦・本田史子さん(仮名・40代)は、一戸建てが並ぶ新興住宅地に居住。コロナ禍の夏に、自宅の庭でバーベキューをしたり食事をする住人が増えたとは感じていたが、真向かいに住むご近所さんのソレは目に余るものだった。「とにかく朝から晩まで、庭に設置された大きなコンロで肉を焼いたり魚を焼いたりする。匂いだけでも洗濯物について大変なのに、大宴会で笑い声や話し声もすごいんです」(本田さん) みかねた夫が注意に行くと「室内でやれというのか」と押し返されたという。「室内でやって感染したらお宅のせいだ、と言われてしまったようですが、とんでもないお門違い。文句を言って以降も騒がしさはそのまま。バーベキューができない冬が来るまで待つしかないんでしょうか」(本田さん) 千葉県在住のカメラマン・星川亨さん(仮名・40代)は、自宅の場所柄から、こうしたコロナ禍での迷惑な人々の行動により、精神状態も不安になっていると訴える。「自宅の前が公園で、その横にコンビニがあり、同じフロアには宅飲み大学生が住んでいます。公園では春先から酒を持ち込んで飲む人が出始め、コンビニには灰皿も設置してあるので、とにかく大混雑でゴミも散乱するようになった。外から内から騒がしい声が聞こえてきて、それが深夜まで続くんですから」(星川さん) 筆者も飲酒は大好きだが、コロナ禍以降は酒を飲むことすらほとんどなくなった。感染対策を考えるとひとり酒になるからだろうか。確かに、気のおけない仲間と酒を飲みたい気持ちはある。 久々に知人らで集まり酒を飲めば、それはさぞ楽しかろう。だが、きちんと自粛し、我慢している人たちまでもが「これだから酒飲みは」と一括りに非難されるのなら、たまったものではない。「コロナ禍」が始まり、およそ一年半が経過しようとしている。あらゆる場所で人々の「限界」が見え始めているが、我慢や自粛の「壁」が崩れたら、そこに待つのは今以上にきつい制限だらけの生活だ。宅飲みで大騒ぎしたり、路上飲みで住人に迷惑をかけている人たちは、それでも飲み続けるのだろうか。
茨城県の主婦・本田史子さん(仮名・40代)は、一戸建てが並ぶ新興住宅地に居住。コロナ禍の夏に、自宅の庭でバーベキューをしたり食事をする住人が増えたとは感じていたが、真向かいに住むご近所さんのソレは目に余るものだった。「とにかく朝から晩まで、庭に設置された大きなコンロで肉を焼いたり魚を焼いたりする。匂いだけでも洗濯物について大変なのに、大宴会で笑い声や話し声もすごいんです」(本田さん) みかねた夫が注意に行くと「室内でやれというのか」と押し返されたという。「室内でやって感染したらお宅のせいだ、と言われてしまったようですが、とんでもないお門違い。文句を言って以降も騒がしさはそのまま。バーベキューができない冬が来るまで待つしかないんでしょうか」(本田さん) 千葉県在住のカメラマン・星川亨さん(仮名・40代)は、自宅の場所柄から、こうしたコロナ禍での迷惑な人々の行動により、精神状態も不安になっていると訴える。「自宅の前が公園で、その横にコンビニがあり、同じフロアには宅飲み大学生が住んでいます。公園では春先から酒を持ち込んで飲む人が出始め、コンビニには灰皿も設置してあるので、とにかく大混雑でゴミも散乱するようになった。外から内から騒がしい声が聞こえてきて、それが深夜まで続くんですから」(星川さん) 筆者も飲酒は大好きだが、コロナ禍以降は酒を飲むことすらほとんどなくなった。感染対策を考えるとひとり酒になるからだろうか。確かに、気のおけない仲間と酒を飲みたい気持ちはある。 久々に知人らで集まり酒を飲めば、それはさぞ楽しかろう。だが、きちんと自粛し、我慢している人たちまでもが「これだから酒飲みは」と一括りに非難されるのなら、たまったものではない。「コロナ禍」が始まり、およそ一年半が経過しようとしている。あらゆる場所で人々の「限界」が見え始めているが、我慢や自粛の「壁」が崩れたら、そこに待つのは今以上にきつい制限だらけの生活だ。宅飲みで大騒ぎしたり、路上飲みで住人に迷惑をかけている人たちは、それでも飲み続けるのだろうか。
「とにかく朝から晩まで、庭に設置された大きなコンロで肉を焼いたり魚を焼いたりする。匂いだけでも洗濯物について大変なのに、大宴会で笑い声や話し声もすごいんです」(本田さん) みかねた夫が注意に行くと「室内でやれというのか」と押し返されたという。「室内でやって感染したらお宅のせいだ、と言われてしまったようですが、とんでもないお門違い。文句を言って以降も騒がしさはそのまま。バーベキューができない冬が来るまで待つしかないんでしょうか」(本田さん) 千葉県在住のカメラマン・星川亨さん(仮名・40代)は、自宅の場所柄から、こうしたコロナ禍での迷惑な人々の行動により、精神状態も不安になっていると訴える。「自宅の前が公園で、その横にコンビニがあり、同じフロアには宅飲み大学生が住んでいます。公園では春先から酒を持ち込んで飲む人が出始め、コンビニには灰皿も設置してあるので、とにかく大混雑でゴミも散乱するようになった。外から内から騒がしい声が聞こえてきて、それが深夜まで続くんですから」(星川さん) 筆者も飲酒は大好きだが、コロナ禍以降は酒を飲むことすらほとんどなくなった。感染対策を考えるとひとり酒になるからだろうか。確かに、気のおけない仲間と酒を飲みたい気持ちはある。 久々に知人らで集まり酒を飲めば、それはさぞ楽しかろう。だが、きちんと自粛し、我慢している人たちまでもが「これだから酒飲みは」と一括りに非難されるのなら、たまったものではない。「コロナ禍」が始まり、およそ一年半が経過しようとしている。あらゆる場所で人々の「限界」が見え始めているが、我慢や自粛の「壁」が崩れたら、そこに待つのは今以上にきつい制限だらけの生活だ。宅飲みで大騒ぎしたり、路上飲みで住人に迷惑をかけている人たちは、それでも飲み続けるのだろうか。
みかねた夫が注意に行くと「室内でやれというのか」と押し返されたという。「室内でやって感染したらお宅のせいだ、と言われてしまったようですが、とんでもないお門違い。文句を言って以降も騒がしさはそのまま。バーベキューができない冬が来るまで待つしかないんでしょうか」(本田さん) 千葉県在住のカメラマン・星川亨さん(仮名・40代)は、自宅の場所柄から、こうしたコロナ禍での迷惑な人々の行動により、精神状態も不安になっていると訴える。「自宅の前が公園で、その横にコンビニがあり、同じフロアには宅飲み大学生が住んでいます。公園では春先から酒を持ち込んで飲む人が出始め、コンビニには灰皿も設置してあるので、とにかく大混雑でゴミも散乱するようになった。外から内から騒がしい声が聞こえてきて、それが深夜まで続くんですから」(星川さん) 筆者も飲酒は大好きだが、コロナ禍以降は酒を飲むことすらほとんどなくなった。感染対策を考えるとひとり酒になるからだろうか。確かに、気のおけない仲間と酒を飲みたい気持ちはある。 久々に知人らで集まり酒を飲めば、それはさぞ楽しかろう。だが、きちんと自粛し、我慢している人たちまでもが「これだから酒飲みは」と一括りに非難されるのなら、たまったものではない。「コロナ禍」が始まり、およそ一年半が経過しようとしている。あらゆる場所で人々の「限界」が見え始めているが、我慢や自粛の「壁」が崩れたら、そこに待つのは今以上にきつい制限だらけの生活だ。宅飲みで大騒ぎしたり、路上飲みで住人に迷惑をかけている人たちは、それでも飲み続けるのだろうか。
「室内でやって感染したらお宅のせいだ、と言われてしまったようですが、とんでもないお門違い。文句を言って以降も騒がしさはそのまま。バーベキューができない冬が来るまで待つしかないんでしょうか」(本田さん) 千葉県在住のカメラマン・星川亨さん(仮名・40代)は、自宅の場所柄から、こうしたコロナ禍での迷惑な人々の行動により、精神状態も不安になっていると訴える。「自宅の前が公園で、その横にコンビニがあり、同じフロアには宅飲み大学生が住んでいます。公園では春先から酒を持ち込んで飲む人が出始め、コンビニには灰皿も設置してあるので、とにかく大混雑でゴミも散乱するようになった。外から内から騒がしい声が聞こえてきて、それが深夜まで続くんですから」(星川さん) 筆者も飲酒は大好きだが、コロナ禍以降は酒を飲むことすらほとんどなくなった。感染対策を考えるとひとり酒になるからだろうか。確かに、気のおけない仲間と酒を飲みたい気持ちはある。 久々に知人らで集まり酒を飲めば、それはさぞ楽しかろう。だが、きちんと自粛し、我慢している人たちまでもが「これだから酒飲みは」と一括りに非難されるのなら、たまったものではない。「コロナ禍」が始まり、およそ一年半が経過しようとしている。あらゆる場所で人々の「限界」が見え始めているが、我慢や自粛の「壁」が崩れたら、そこに待つのは今以上にきつい制限だらけの生活だ。宅飲みで大騒ぎしたり、路上飲みで住人に迷惑をかけている人たちは、それでも飲み続けるのだろうか。
千葉県在住のカメラマン・星川亨さん(仮名・40代)は、自宅の場所柄から、こうしたコロナ禍での迷惑な人々の行動により、精神状態も不安になっていると訴える。「自宅の前が公園で、その横にコンビニがあり、同じフロアには宅飲み大学生が住んでいます。公園では春先から酒を持ち込んで飲む人が出始め、コンビニには灰皿も設置してあるので、とにかく大混雑でゴミも散乱するようになった。外から内から騒がしい声が聞こえてきて、それが深夜まで続くんですから」(星川さん) 筆者も飲酒は大好きだが、コロナ禍以降は酒を飲むことすらほとんどなくなった。感染対策を考えるとひとり酒になるからだろうか。確かに、気のおけない仲間と酒を飲みたい気持ちはある。 久々に知人らで集まり酒を飲めば、それはさぞ楽しかろう。だが、きちんと自粛し、我慢している人たちまでもが「これだから酒飲みは」と一括りに非難されるのなら、たまったものではない。「コロナ禍」が始まり、およそ一年半が経過しようとしている。あらゆる場所で人々の「限界」が見え始めているが、我慢や自粛の「壁」が崩れたら、そこに待つのは今以上にきつい制限だらけの生活だ。宅飲みで大騒ぎしたり、路上飲みで住人に迷惑をかけている人たちは、それでも飲み続けるのだろうか。
「自宅の前が公園で、その横にコンビニがあり、同じフロアには宅飲み大学生が住んでいます。公園では春先から酒を持ち込んで飲む人が出始め、コンビニには灰皿も設置してあるので、とにかく大混雑でゴミも散乱するようになった。外から内から騒がしい声が聞こえてきて、それが深夜まで続くんですから」(星川さん) 筆者も飲酒は大好きだが、コロナ禍以降は酒を飲むことすらほとんどなくなった。感染対策を考えるとひとり酒になるからだろうか。確かに、気のおけない仲間と酒を飲みたい気持ちはある。 久々に知人らで集まり酒を飲めば、それはさぞ楽しかろう。だが、きちんと自粛し、我慢している人たちまでもが「これだから酒飲みは」と一括りに非難されるのなら、たまったものではない。「コロナ禍」が始まり、およそ一年半が経過しようとしている。あらゆる場所で人々の「限界」が見え始めているが、我慢や自粛の「壁」が崩れたら、そこに待つのは今以上にきつい制限だらけの生活だ。宅飲みで大騒ぎしたり、路上飲みで住人に迷惑をかけている人たちは、それでも飲み続けるのだろうか。
筆者も飲酒は大好きだが、コロナ禍以降は酒を飲むことすらほとんどなくなった。感染対策を考えるとひとり酒になるからだろうか。確かに、気のおけない仲間と酒を飲みたい気持ちはある。 久々に知人らで集まり酒を飲めば、それはさぞ楽しかろう。だが、きちんと自粛し、我慢している人たちまでもが「これだから酒飲みは」と一括りに非難されるのなら、たまったものではない。「コロナ禍」が始まり、およそ一年半が経過しようとしている。あらゆる場所で人々の「限界」が見え始めているが、我慢や自粛の「壁」が崩れたら、そこに待つのは今以上にきつい制限だらけの生活だ。宅飲みで大騒ぎしたり、路上飲みで住人に迷惑をかけている人たちは、それでも飲み続けるのだろうか。
久々に知人らで集まり酒を飲めば、それはさぞ楽しかろう。だが、きちんと自粛し、我慢している人たちまでもが「これだから酒飲みは」と一括りに非難されるのなら、たまったものではない。「コロナ禍」が始まり、およそ一年半が経過しようとしている。あらゆる場所で人々の「限界」が見え始めているが、我慢や自粛の「壁」が崩れたら、そこに待つのは今以上にきつい制限だらけの生活だ。宅飲みで大騒ぎしたり、路上飲みで住人に迷惑をかけている人たちは、それでも飲み続けるのだろうか。
「コロナ禍」が始まり、およそ一年半が経過しようとしている。あらゆる場所で人々の「限界」が見え始めているが、我慢や自粛の「壁」が崩れたら、そこに待つのは今以上にきつい制限だらけの生活だ。宅飲みで大騒ぎしたり、路上飲みで住人に迷惑をかけている人たちは、それでも飲み続けるのだろうか。