「1日1万歩」でなく「7000歩」から長生きする可能性は高くなるとの研究結果

ウォーキングは健康を増進する上で効果的であると言われており、「1日当たりの歩数が多いほど死亡リスクが減る」との研究結果も報告されています。新たに、アメリカの研究チームが2000人以上の被験者を10年以上追跡した調査により、平均で「1日7000歩以上」を歩く人は1日7000歩未満の人と比較して、早死にするリスクが大幅に低いことを発見しました。
Steps per Day and All-Cause Mortality in Middle-aged Adults in the Coronary Artery Risk Development in Young Adults Study | Lifestyle Behaviors | JAMA Network Open | JAMA Network
https://jamanetwork.com/journals/jamanetworkopen/fullarticle/2783711

About 7,000 steps per day could lead to a longer life, study says – UPI.com
https://www.upi.com/Health_News/2021/09/04/seven-thousand-daily-steps-longer-life-study/4631630705833/
Study Suggests a New Number of Daily Steps For Health Benefits, And It’s Not 10,000https://www.sciencealert.com/hitting-this-number-of-daily-steps-could-halve-your-risk-of-early-death-study-showsマサチューセッツ大学アマースト校で身体活動に関する疫学研究を行っているAmanda Paluch助教が率いる研究チームは、生活習慣などが冠動脈疾患に与える影響を調べる長期研究・CARDIAに参加している合計2110人の被験者を対象に、1日当たりの歩数と早死にするリスクの関係を分析する研究を行いました。被験者らはCARDIAが始まった1985年の時点で18~30歳でしたが、今回の研究では被験者が中年になった2005年からのデータを分析しました。被験者の2005年時点における平均年齢は45.2歳であり、全体の57.1%が女性で42.9%が男性、42.1%が黒人で57.9%が白人でした。被験者の歩数・歩行強度・歩行速度は起床時に装着する加速度計で測定され、平均で10.8年にわたって歩行に関するデータと健康状態が追跡されました。追跡期間中に、2110人の被験者のうち72人(3.4%)が死亡したそうで、主な死因はがん(18人/25%)や心血管疾患(17人/23.6%)だったとのこと。研究チームが収集したデータを分析したところ、「1日当たりの平均歩数が7000歩以上」の被験者は「1日当たりの平均歩数が7000歩未満」の被験者と比較して、死亡するリスクが50~70%も低いことが判明しました。また、7000歩を超えるとさらに死亡リスクが低下するものの、1万歩を超えるとそれ以上は死亡リスクが低下しないことや、歩行の強度や1分あたりの歩数は死亡リスクに影響を与えなかったことも研究チームは発見しています。Paluch氏はアメリカのUPI通信社に対し、「歩数計は一般の人々の活動を監視および促進し、患者と臨床医のコミュニケーションに役立つツールになり得ます。『1日当たりの歩数』はシンプルで監視しやすい指標であり、1日当たりの歩数を伸ばすことは健康を促進するよい方法です」と述べました。今回の研究はあくまで観察に基づくものであり、歩行と死亡リスクの因果関係を説明するものではありません。しかし、研究には携わっていない、ニューヨーク州にあるサンドラ・アトラス・ベース・ハート・ホスピタルの心臓病健康部門でディレクターを務めるGuy Mintz医師は、「運動は血圧を改善し、コレステロール値を減らし、糖尿病患者の血糖値を改善し、体重減少に寄与することで、心血管のリスクを減らすことができます」とコメント。「この素晴らしい研究は『長生きするにはもっと歩こう』という偉大なメッセージを打ち出しています」と述べ、長生きするにはジムに通ったり高価な機器を購入したりする必要はなく、ただ歩き始めるだけでいいと主張しています。また、フロリダ大学の心臓病学部で臨床助教授を務めるMichael Massoomi氏は、いきなり「1日1万歩」といった大きな目標を達成しようとするのではなく、まずは「前日よりも多い歩数」を目標にする方がよいと指摘。「1日当たりの歩数が5000歩未満の場合は、数週間以内に6000歩まで増やしてみてください」と述べました。なお、今回の研究で使われた歩数計は比較的古く、市販されていないものだったとのこと。そのため、スマートフォンやスマートウォッチの歩数計で測定した場合とのズレがどれほど生じるのかは、記事作成時点では不明だそうです。
https://www.sciencealert.com/hitting-this-number-of-daily-steps-could-halve-your-risk-of-early-death-study-showsマサチューセッツ大学アマースト校で身体活動に関する疫学研究を行っているAmanda Paluch助教が率いる研究チームは、生活習慣などが冠動脈疾患に与える影響を調べる長期研究・CARDIAに参加している合計2110人の被験者を対象に、1日当たりの歩数と早死にするリスクの関係を分析する研究を行いました。被験者らはCARDIAが始まった1985年の時点で18~30歳でしたが、今回の研究では被験者が中年になった2005年からのデータを分析しました。被験者の2005年時点における平均年齢は45.2歳であり、全体の57.1%が女性で42.9%が男性、42.1%が黒人で57.9%が白人でした。被験者の歩数・歩行強度・歩行速度は起床時に装着する加速度計で測定され、平均で10.8年にわたって歩行に関するデータと健康状態が追跡されました。追跡期間中に、2110人の被験者のうち72人(3.4%)が死亡したそうで、主な死因はがん(18人/25%)や心血管疾患(17人/23.6%)だったとのこと。研究チームが収集したデータを分析したところ、「1日当たりの平均歩数が7000歩以上」の被験者は「1日当たりの平均歩数が7000歩未満」の被験者と比較して、死亡するリスクが50~70%も低いことが判明しました。また、7000歩を超えるとさらに死亡リスクが低下するものの、1万歩を超えるとそれ以上は死亡リスクが低下しないことや、歩行の強度や1分あたりの歩数は死亡リスクに影響を与えなかったことも研究チームは発見しています。Paluch氏はアメリカのUPI通信社に対し、「歩数計は一般の人々の活動を監視および促進し、患者と臨床医のコミュニケーションに役立つツールになり得ます。『1日当たりの歩数』はシンプルで監視しやすい指標であり、1日当たりの歩数を伸ばすことは健康を促進するよい方法です」と述べました。今回の研究はあくまで観察に基づくものであり、歩行と死亡リスクの因果関係を説明するものではありません。しかし、研究には携わっていない、ニューヨーク州にあるサンドラ・アトラス・ベース・ハート・ホスピタルの心臓病健康部門でディレクターを務めるGuy Mintz医師は、「運動は血圧を改善し、コレステロール値を減らし、糖尿病患者の血糖値を改善し、体重減少に寄与することで、心血管のリスクを減らすことができます」とコメント。「この素晴らしい研究は『長生きするにはもっと歩こう』という偉大なメッセージを打ち出しています」と述べ、長生きするにはジムに通ったり高価な機器を購入したりする必要はなく、ただ歩き始めるだけでいいと主張しています。また、フロリダ大学の心臓病学部で臨床助教授を務めるMichael Massoomi氏は、いきなり「1日1万歩」といった大きな目標を達成しようとするのではなく、まずは「前日よりも多い歩数」を目標にする方がよいと指摘。「1日当たりの歩数が5000歩未満の場合は、数週間以内に6000歩まで増やしてみてください」と述べました。なお、今回の研究で使われた歩数計は比較的古く、市販されていないものだったとのこと。そのため、スマートフォンやスマートウォッチの歩数計で測定した場合とのズレがどれほど生じるのかは、記事作成時点では不明だそうです。
マサチューセッツ大学アマースト校で身体活動に関する疫学研究を行っているAmanda Paluch助教が率いる研究チームは、生活習慣などが冠動脈疾患に与える影響を調べる長期研究・CARDIAに参加している合計2110人の被験者を対象に、1日当たりの歩数と早死にするリスクの関係を分析する研究を行いました。被験者らはCARDIAが始まった1985年の時点で18~30歳でしたが、今回の研究では被験者が中年になった2005年からのデータを分析しました。被験者の2005年時点における平均年齢は45.2歳であり、全体の57.1%が女性で42.9%が男性、42.1%が黒人で57.9%が白人でした。被験者の歩数・歩行強度・歩行速度は起床時に装着する加速度計で測定され、平均で10.8年にわたって歩行に関するデータと健康状態が追跡されました。追跡期間中に、2110人の被験者のうち72人(3.4%)が死亡したそうで、主な死因はがん(18人/25%)や心血管疾患(17人/23.6%)だったとのこと。研究チームが収集したデータを分析したところ、「1日当たりの平均歩数が7000歩以上」の被験者は「1日当たりの平均歩数が7000歩未満」の被験者と比較して、死亡するリスクが50~70%も低いことが判明しました。また、7000歩を超えるとさらに死亡リスクが低下するものの、1万歩を超えるとそれ以上は死亡リスクが低下しないことや、歩行の強度や1分あたりの歩数は死亡リスクに影響を与えなかったことも研究チームは発見しています。Paluch氏はアメリカのUPI通信社に対し、「歩数計は一般の人々の活動を監視および促進し、患者と臨床医のコミュニケーションに役立つツールになり得ます。『1日当たりの歩数』はシンプルで監視しやすい指標であり、1日当たりの歩数を伸ばすことは健康を促進するよい方法です」と述べました。今回の研究はあくまで観察に基づくものであり、歩行と死亡リスクの因果関係を説明するものではありません。しかし、研究には携わっていない、ニューヨーク州にあるサンドラ・アトラス・ベース・ハート・ホスピタルの心臓病健康部門でディレクターを務めるGuy Mintz医師は、「運動は血圧を改善し、コレステロール値を減らし、糖尿病患者の血糖値を改善し、体重減少に寄与することで、心血管のリスクを減らすことができます」とコメント。「この素晴らしい研究は『長生きするにはもっと歩こう』という偉大なメッセージを打ち出しています」と述べ、長生きするにはジムに通ったり高価な機器を購入したりする必要はなく、ただ歩き始めるだけでいいと主張しています。また、フロリダ大学の心臓病学部で臨床助教授を務めるMichael Massoomi氏は、いきなり「1日1万歩」といった大きな目標を達成しようとするのではなく、まずは「前日よりも多い歩数」を目標にする方がよいと指摘。「1日当たりの歩数が5000歩未満の場合は、数週間以内に6000歩まで増やしてみてください」と述べました。なお、今回の研究で使われた歩数計は比較的古く、市販されていないものだったとのこと。そのため、スマートフォンやスマートウォッチの歩数計で測定した場合とのズレがどれほど生じるのかは、記事作成時点では不明だそうです。
被験者らはCARDIAが始まった1985年の時点で18~30歳でしたが、今回の研究では被験者が中年になった2005年からのデータを分析しました。被験者の2005年時点における平均年齢は45.2歳であり、全体の57.1%が女性で42.9%が男性、42.1%が黒人で57.9%が白人でした。被験者の歩数・歩行強度・歩行速度は起床時に装着する加速度計で測定され、平均で10.8年にわたって歩行に関するデータと健康状態が追跡されました。追跡期間中に、2110人の被験者のうち72人(3.4%)が死亡したそうで、主な死因はがん(18人/25%)や心血管疾患(17人/23.6%)だったとのこと。研究チームが収集したデータを分析したところ、「1日当たりの平均歩数が7000歩以上」の被験者は「1日当たりの平均歩数が7000歩未満」の被験者と比較して、死亡するリスクが50~70%も低いことが判明しました。また、7000歩を超えるとさらに死亡リスクが低下するものの、1万歩を超えるとそれ以上は死亡リスクが低下しないことや、歩行の強度や1分あたりの歩数は死亡リスクに影響を与えなかったことも研究チームは発見しています。Paluch氏はアメリカのUPI通信社に対し、「歩数計は一般の人々の活動を監視および促進し、患者と臨床医のコミュニケーションに役立つツールになり得ます。『1日当たりの歩数』はシンプルで監視しやすい指標であり、1日当たりの歩数を伸ばすことは健康を促進するよい方法です」と述べました。今回の研究はあくまで観察に基づくものであり、歩行と死亡リスクの因果関係を説明するものではありません。しかし、研究には携わっていない、ニューヨーク州にあるサンドラ・アトラス・ベース・ハート・ホスピタルの心臓病健康部門でディレクターを務めるGuy Mintz医師は、「運動は血圧を改善し、コレステロール値を減らし、糖尿病患者の血糖値を改善し、体重減少に寄与することで、心血管のリスクを減らすことができます」とコメント。「この素晴らしい研究は『長生きするにはもっと歩こう』という偉大なメッセージを打ち出しています」と述べ、長生きするにはジムに通ったり高価な機器を購入したりする必要はなく、ただ歩き始めるだけでいいと主張しています。また、フロリダ大学の心臓病学部で臨床助教授を務めるMichael Massoomi氏は、いきなり「1日1万歩」といった大きな目標を達成しようとするのではなく、まずは「前日よりも多い歩数」を目標にする方がよいと指摘。「1日当たりの歩数が5000歩未満の場合は、数週間以内に6000歩まで増やしてみてください」と述べました。なお、今回の研究で使われた歩数計は比較的古く、市販されていないものだったとのこと。そのため、スマートフォンやスマートウォッチの歩数計で測定した場合とのズレがどれほど生じるのかは、記事作成時点では不明だそうです。
研究チームが収集したデータを分析したところ、「1日当たりの平均歩数が7000歩以上」の被験者は「1日当たりの平均歩数が7000歩未満」の被験者と比較して、死亡するリスクが50~70%も低いことが判明しました。また、7000歩を超えるとさらに死亡リスクが低下するものの、1万歩を超えるとそれ以上は死亡リスクが低下しないことや、歩行の強度や1分あたりの歩数は死亡リスクに影響を与えなかったことも研究チームは発見しています。Paluch氏はアメリカのUPI通信社に対し、「歩数計は一般の人々の活動を監視および促進し、患者と臨床医のコミュニケーションに役立つツールになり得ます。『1日当たりの歩数』はシンプルで監視しやすい指標であり、1日当たりの歩数を伸ばすことは健康を促進するよい方法です」と述べました。今回の研究はあくまで観察に基づくものであり、歩行と死亡リスクの因果関係を説明するものではありません。しかし、研究には携わっていない、ニューヨーク州にあるサンドラ・アトラス・ベース・ハート・ホスピタルの心臓病健康部門でディレクターを務めるGuy Mintz医師は、「運動は血圧を改善し、コレステロール値を減らし、糖尿病患者の血糖値を改善し、体重減少に寄与することで、心血管のリスクを減らすことができます」とコメント。「この素晴らしい研究は『長生きするにはもっと歩こう』という偉大なメッセージを打ち出しています」と述べ、長生きするにはジムに通ったり高価な機器を購入したりする必要はなく、ただ歩き始めるだけでいいと主張しています。また、フロリダ大学の心臓病学部で臨床助教授を務めるMichael Massoomi氏は、いきなり「1日1万歩」といった大きな目標を達成しようとするのではなく、まずは「前日よりも多い歩数」を目標にする方がよいと指摘。「1日当たりの歩数が5000歩未満の場合は、数週間以内に6000歩まで増やしてみてください」と述べました。なお、今回の研究で使われた歩数計は比較的古く、市販されていないものだったとのこと。そのため、スマートフォンやスマートウォッチの歩数計で測定した場合とのズレがどれほど生じるのかは、記事作成時点では不明だそうです。
Paluch氏はアメリカのUPI通信社に対し、「歩数計は一般の人々の活動を監視および促進し、患者と臨床医のコミュニケーションに役立つツールになり得ます。『1日当たりの歩数』はシンプルで監視しやすい指標であり、1日当たりの歩数を伸ばすことは健康を促進するよい方法です」と述べました。今回の研究はあくまで観察に基づくものであり、歩行と死亡リスクの因果関係を説明するものではありません。しかし、研究には携わっていない、ニューヨーク州にあるサンドラ・アトラス・ベース・ハート・ホスピタルの心臓病健康部門でディレクターを務めるGuy Mintz医師は、「運動は血圧を改善し、コレステロール値を減らし、糖尿病患者の血糖値を改善し、体重減少に寄与することで、心血管のリスクを減らすことができます」とコメント。「この素晴らしい研究は『長生きするにはもっと歩こう』という偉大なメッセージを打ち出しています」と述べ、長生きするにはジムに通ったり高価な機器を購入したりする必要はなく、ただ歩き始めるだけでいいと主張しています。また、フロリダ大学の心臓病学部で臨床助教授を務めるMichael Massoomi氏は、いきなり「1日1万歩」といった大きな目標を達成しようとするのではなく、まずは「前日よりも多い歩数」を目標にする方がよいと指摘。「1日当たりの歩数が5000歩未満の場合は、数週間以内に6000歩まで増やしてみてください」と述べました。なお、今回の研究で使われた歩数計は比較的古く、市販されていないものだったとのこと。そのため、スマートフォンやスマートウォッチの歩数計で測定した場合とのズレがどれほど生じるのかは、記事作成時点では不明だそうです。
Paluch氏はアメリカのUPI通信社に対し、「歩数計は一般の人々の活動を監視および促進し、患者と臨床医のコミュニケーションに役立つツールになり得ます。『1日当たりの歩数』はシンプルで監視しやすい指標であり、1日当たりの歩数を伸ばすことは健康を促進するよい方法です」と述べました。今回の研究はあくまで観察に基づくものであり、歩行と死亡リスクの因果関係を説明するものではありません。しかし、研究には携わっていない、ニューヨーク州にあるサンドラ・アトラス・ベース・ハート・ホスピタルの心臓病健康部門でディレクターを務めるGuy Mintz医師は、「運動は血圧を改善し、コレステロール値を減らし、糖尿病患者の血糖値を改善し、体重減少に寄与することで、心血管のリスクを減らすことができます」とコメント。「この素晴らしい研究は『長生きするにはもっと歩こう』という偉大なメッセージを打ち出しています」と述べ、長生きするにはジムに通ったり高価な機器を購入したりする必要はなく、ただ歩き始めるだけでいいと主張しています。また、フロリダ大学の心臓病学部で臨床助教授を務めるMichael Massoomi氏は、いきなり「1日1万歩」といった大きな目標を達成しようとするのではなく、まずは「前日よりも多い歩数」を目標にする方がよいと指摘。「1日当たりの歩数が5000歩未満の場合は、数週間以内に6000歩まで増やしてみてください」と述べました。なお、今回の研究で使われた歩数計は比較的古く、市販されていないものだったとのこと。そのため、スマートフォンやスマートウォッチの歩数計で測定した場合とのズレがどれほど生じるのかは、記事作成時点では不明だそうです。
今回の研究はあくまで観察に基づくものであり、歩行と死亡リスクの因果関係を説明するものではありません。しかし、研究には携わっていない、ニューヨーク州にあるサンドラ・アトラス・ベース・ハート・ホスピタルの心臓病健康部門でディレクターを務めるGuy Mintz医師は、「運動は血圧を改善し、コレステロール値を減らし、糖尿病患者の血糖値を改善し、体重減少に寄与することで、心血管のリスクを減らすことができます」とコメント。「この素晴らしい研究は『長生きするにはもっと歩こう』という偉大なメッセージを打ち出しています」と述べ、長生きするにはジムに通ったり高価な機器を購入したりする必要はなく、ただ歩き始めるだけでいいと主張しています。また、フロリダ大学の心臓病学部で臨床助教授を務めるMichael Massoomi氏は、いきなり「1日1万歩」といった大きな目標を達成しようとするのではなく、まずは「前日よりも多い歩数」を目標にする方がよいと指摘。「1日当たりの歩数が5000歩未満の場合は、数週間以内に6000歩まで増やしてみてください」と述べました。なお、今回の研究で使われた歩数計は比較的古く、市販されていないものだったとのこと。そのため、スマートフォンやスマートウォッチの歩数計で測定した場合とのズレがどれほど生じるのかは、記事作成時点では不明だそうです。
また、フロリダ大学の心臓病学部で臨床助教授を務めるMichael Massoomi氏は、いきなり「1日1万歩」といった大きな目標を達成しようとするのではなく、まずは「前日よりも多い歩数」を目標にする方がよいと指摘。「1日当たりの歩数が5000歩未満の場合は、数週間以内に6000歩まで増やしてみてください」と述べました。なお、今回の研究で使われた歩数計は比較的古く、市販されていないものだったとのこと。そのため、スマートフォンやスマートウォッチの歩数計で測定した場合とのズレがどれほど生じるのかは、記事作成時点では不明だそうです。
なお、今回の研究で使われた歩数計は比較的古く、市販されていないものだったとのこと。そのため、スマートフォンやスマートウォッチの歩数計で測定した場合とのズレがどれほど生じるのかは、記事作成時点では不明だそうです。