緊急事態宣言「解除は難しい」分科会メンバー

12日に期限を迎える緊急事態宣言について、政府の新型コロナ分科会のメンバーがANNの取材に応じ、「医療現場の逼迫(ひっぱく)が続き解除は難しい」と厳しい認識を示しました。
新型コロナ分科会メンバー東邦大学・舘田一博教授:「(首都圏は)まだ、油断できるような安心できるようなレベルではない。医療現場が逼迫が続いているという状況ですから、今の状態ではまだ解除は難しいんじゃないかと」
政府の分科会メンバーの舘田一博教授は、1都3県では感染者数が減少傾向にあるとしながらも、「ピークの下り坂では、病床使用率などの数値がより大事になる」として、現状では医療現場の逼迫に改善が見られず、宣言の解除は難しいと指摘しました。
新型コロナ分科会メンバー東邦大学・舘田一博教授:「中途半端に下げたところで高止まりすると、またすぐにリバウンドしてきて、今度は秋冬にかけてコロナが流行しやすい時期になってくる。第5波をしっかり確実に下げていくことが重要になる」