期限切れワクチンを72人に誤接種 松江で10~80代に

松江市は6日、市内の医療機関で1、3、4日に有効期限の切れた新型コロナウイルスの米ファイザー社製ワクチンを10~80代の72人に誤接種したと発表した。6日午前9時ごろ、接種を受けた人が「接種済証に貼ってあるシールが有効期限を過ぎている」と医療機関に連絡し、発覚。確認が取れた半数程度の人から健康被害の訴えはない。ワクチンの有効性は同社や国に問い合わせ中という。
河野担当相、1回目接種を待つ人は「1800万人」
市によると、ワクチンを冷凍保存していた医療機関から、8月31日の期限が迫った分を使ってほしいと要請され、市は5カ所から計1920人分を同月中旬に回収。今回誤接種があったのは、市がこれらを分配した33医療機関のうちの一つだった。ワクチンを希釈する際に瓶記載の有効期限の確認が不十分だったことなどが考えられるという。【小坂春乃】