名古屋の“独特構造”交差点で5台事故 7人搬送

6日夜、名古屋市東区の交差点でトラックや乗用車など5台が絡む事故があり、7人が病院に運ばれました。
警察などによりますと、午後6時ごろ、名古屋市東区山口町の交差点でバス優先レーンを走っていたトラックと左側の車線から右折しようとした乗用車が衝突しました。
トラックははずみで横転して、対向車線の車にぶつかるなど3台が巻き込まれました。
この事故で車に乗っていた7人が病院に運ばれましたが、いずれも軽傷だということです。
名古屋市の一部の地域では、交差点で右折レーンのさらに右側に直進するバス優先レーンがある独特の構造になっています。