東京都庁で40代女性がワクチン「交差接種」 1回目にアナフィラキシーショック、かかりつけ医などと相談し別の種類を予約

東京都は都庁のワクチン接種会場で日本では認められていない交差接種が行われていたと明らかにした。

【映像】ファイザー製ワクチン 半年で抗体8割減か
都によると、医療従事者の40代の女性は3月、都内でファイザー製のワクチンを接種したが、きのう都庁の接種会場で、2回目としてアストラゼネカ製のワクチンを接種したということだ。