教え子に淫行させた疑いで高校教諭逮捕 北海道警釧路署

北海道警釧路署は7日、女子高校生(当時)にわいせつな行為をさせたとして、道立芽室高校教諭で、芽室町東2条南1丁目、新保剛容疑者(46)を児童福祉法違反(淫行させる行為)の疑いで逮捕し、発表した。
容疑を認めているという。署によると、新保容疑者は2019年3月から8月ごろ、当時勤務していた高校の女子生徒の自宅で、18歳未満であると知りながら生徒にわいせつな行為をさせた疑いがある。生徒と家族から相談を受け、署が捜査していた。
道教委は「児童生徒を指導する立場にある道立学校の教職員が逮捕されたことは誠に遺憾。事実を確認したうえで厳正に対処する」とコメントを出した。