大阪で10代のコロナ感染者が死亡 全国初

大阪府の吉村洋文知事は8日の記者会見で、新型コロナウイルスに感染した10代男性が7日に死亡したと発表した。
成人に近い年齢で、基礎疾患があった。ほかにも複数の重症化リスクの要因があり、ワクチン接種は受けていなかったという。10代の感染者が亡くなるのは府内で初めて。厚生労働省によると、新型コロナに感染した10代の死亡例は国内で初めて。
吉村氏によると、男性は発症後の1日夜、大阪市内の病院に救急搬送され、検査の結果、陽性と判明した。搬送時すでに重症だったといい、重症病床で治療を受けたが亡くなった。
吉村氏は「お亡くなりになった方のご冥福をお祈り申し上げます」と述べた。