PCR検査で陰性、男「そんなはずはない」と激高…医院ドアのガラス割る

栃木県警小山署は7日、同市、無職の男(70)を器物損壊の疑いで緊急逮捕した。
発表によると、男は4日、市内のかかりつけの医院で新型コロナウイルスのPCR検査を受け、6日に医師から電話で陰性の結果を伝えられたが、「そんなはずはない」と激高。翌7日早朝、医院の玄関ドアのガラスなどを割るなどした疑い。
同署によると、男は陰性と陽性を取り違え、新型コロナに感染したと勘違いしており、逮捕の際に同署員に指摘され、間違えていたことを認めたという。