粉々になった“巨大窓ガラス” 直前に事故も…運転手「逃げたつもりない」熊本市

4日の夜、熊本市の県道で、大きな窓ガラスを乗せた車に警察官が声をかけた。

【映像】靴店に突っ込む車 運転手「逃げたつもりない」(3分ごろ~)
映像を見ると、警察官が4人がかりで、車の上から窓ガラスを下ろしている。ガラス部分は粉々に割れ、形を保っているのは窓枠だけだ。
なぜ、こんなことになっているのか。その答えは現場から数キロ離れた場所にあった。実は、車は熊本市内の靴店に突っ込む事故を起こしていた。目撃者によると「とにかく怖かっただけ。音がすごかったから。ドーン、バリバリ、ガシャーンって。慌てて出てきたら、車が出たり入ったりしていた」という。当時、店には客がおらず、けがをした人はいなかった。車は、80代の男性が運転していて、そのまま走り去ったという。
事故の様子は、防犯カメラにも映っていて、割れた窓ガラスを屋根に乗せた状態で約3.5キロを走行したとみられている。