警部「捕まるのが恥ずかしい」、部下「頼み断れず」…無免許運転・見逃しで4人書類送検

今年3月に運転免許証の失効中に乗用車を運転していたことが発覚した山形県警小国署(当時)の40歳代男性警部を巡り、警部が2019年6月、署員に別の交通違反を見逃すように依頼し、署員が見逃していたとする問題で、県警監察課は7日、警部を犯人隠避教唆と道路交通法違反(無免許運転)の両容疑で、関わった3人の署員(当時)を犯人隠避の疑いで、それぞれ山形地検に書類送検した。
県警は同日、警部を停職6か月、3人のうち40歳代と30歳代の男性警部補2人を減給10%(1か月)の懲戒処分とした。残る1人の30歳代男性巡査長は、所属長訓戒とした。警部は同日、依願退職した。
発表などによると、警部は同年6月11日午後11時頃、小国町で捜査車両を運転中、追い越し禁止のトンネル内で車を追い越し、取り締まり中の40歳代男性警部補と巡査長に停車させられた。その際、警部は電話で、署の当直責任者だった30歳代男性警部補に交通反則切符を交付しないよう依頼した疑い。警部補ら3人は違反を見逃した疑い。
調べに対し、警部は「捕まるのが恥ずかしいと思った」などと述べ、3人は「上司の頼みを断ることができなかった」などと供述しているという。
また、警部は勤務中の今年3月19日午後4時頃、同署付近で、運転免許証の失効中に自家用車を運転した疑い。  運転中に携帯電話を操作していた疑いがあるとして、取り締まり中の署員が停車させた。署で事情を聞こうとしたが、警部は「用を足しに行く」と言って立ち去り、4月5日に首都圏で見つかるまで失踪した。  警部は「無免許運転や借金の発覚を恐れた」などと述べているという。  警部は当時、運転免許証を更新していなかったという。県警監察課は、失効時期については、誕生月が明らかになり、本人が特定されるとして、明らかにしていない。  警部を逮捕しなかったことについて、県警の川井伸首席監察官は「証拠隠滅などの恐れがないことなどから判断した」と説明。「犯人隠避など、警察業務遂行の信頼の根幹に関わることで大変重く捉えている。県民の皆さまに深くおわびする」と陳謝した。
運転中に携帯電話を操作していた疑いがあるとして、取り締まり中の署員が停車させた。署で事情を聞こうとしたが、警部は「用を足しに行く」と言って立ち去り、4月5日に首都圏で見つかるまで失踪した。  警部は「無免許運転や借金の発覚を恐れた」などと述べているという。  警部は当時、運転免許証を更新していなかったという。県警監察課は、失効時期については、誕生月が明らかになり、本人が特定されるとして、明らかにしていない。  警部を逮捕しなかったことについて、県警の川井伸首席監察官は「証拠隠滅などの恐れがないことなどから判断した」と説明。「犯人隠避など、警察業務遂行の信頼の根幹に関わることで大変重く捉えている。県民の皆さまに深くおわびする」と陳謝した。
警部は「無免許運転や借金の発覚を恐れた」などと述べているという。  警部は当時、運転免許証を更新していなかったという。県警監察課は、失効時期については、誕生月が明らかになり、本人が特定されるとして、明らかにしていない。  警部を逮捕しなかったことについて、県警の川井伸首席監察官は「証拠隠滅などの恐れがないことなどから判断した」と説明。「犯人隠避など、警察業務遂行の信頼の根幹に関わることで大変重く捉えている。県民の皆さまに深くおわびする」と陳謝した。
警部は当時、運転免許証を更新していなかったという。県警監察課は、失効時期については、誕生月が明らかになり、本人が特定されるとして、明らかにしていない。  警部を逮捕しなかったことについて、県警の川井伸首席監察官は「証拠隠滅などの恐れがないことなどから判断した」と説明。「犯人隠避など、警察業務遂行の信頼の根幹に関わることで大変重く捉えている。県民の皆さまに深くおわびする」と陳謝した。
警部を逮捕しなかったことについて、県警の川井伸首席監察官は「証拠隠滅などの恐れがないことなどから判断した」と説明。「犯人隠避など、警察業務遂行の信頼の根幹に関わることで大変重く捉えている。県民の皆さまに深くおわびする」と陳謝した。